事件 (新潮文庫)

  • 187人登録
  • 3.62評価
    • (13)
    • (18)
    • (37)
    • (1)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 大岡昇平
  • 新潮社 (1980年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (599ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101065083

事件 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これも部長から、面白いと言われて借りたけど、確かに面白かった。捜査に不備があった事件ということで、刑事裁判の進展に沿って事実が見事明らかになって判決に至るけど、刑事裁判による真実解明の限界がしっかり描かれているのもまた見事。いろいろ正確。当時の刑事裁判の進行、時代を感じるけど、現在の公判迅速化のやり方や問題と通じるところもあり興味深い。ただ右陪席が家に帰って、判決前に妻に主文を言ってしまうのは、、、?

  • もしかすると、大岡昇平の本を読むのは初めてかも。日本推理作家協会賞受賞作の法廷物。弁護士、検事、裁判官たちのやりとりにドキドキします。

  • いや~、完全にノンフィクションだと思いました。それだけ描写が緻密で、実際の裁判風景が目に浮かぶようなリアリティが伴ってるってこと。もちろん陪審員制度はない時代だし(でも作中では触れられている)、前時代的に感じられる部分も少なくない。でも本当、実際の案件の中から印象的なものをチョイスして、素人にとっても平易な言葉で書かれていて、裁判の入門書みたいな感じも受けました。真実を追究する弁護の妙も真実味があって、法廷シーンはかなり引き込まれました。ゲームの逆転裁判やってるみたいに熱中してしまいました。面白かったです。

  • 話はなかなか面白く、裁判の流れもよくわかったが、説明が詳しすぎて、話の流れが途切れてしまう感じがありちょっと残念だった。裁判について勉強になりました。

  • 別の方のネタバレを読めばあらすじはそこで分かり、
    この題材をミステリーにしようとしたらこの書の1/4で終わりそうな内容ですが、
    裁判を通じて描かれるからこそその裁判での扱いの難しさやそこで気づくことの難しさを感じました。

    はじめは「大岡昇平がこんな小説書くんだ?」と驚きましたが・・・

  • 倒叙物というか『12人の怒れる男』系の作り、ただし容疑者は無実ではありませんが

  • 実際の事件のルポルタージュと思うような物語だった。

  • 小説としての内容は、それほど面白いわけではないが、事件から公判、結審までの流れが、とてもよくわかる本。
    勉強になった。

  • 人が人を裁く難しさを痛感します。テレビの法廷ドラマとは違って、淡々としたリアルさが胸に迫ります。はたして”真実”とはいったい何んだろうと考えさせられる作品です。

  • 「ソロモンの偽証 第2部」にタイトルが出てきたので。
    19歳の少年が恋人の姉を刺殺した事件についての裁判。制度や言葉についての説明が随所にあり、それが流れを止めるようなもどかしさもあったが、法廷モノを読み慣れていない私には、理解を深めるのにとても役だった。「ソロモンの偽証 法廷」のよい予習になったと思う。

全25件中 1 - 10件を表示

大岡昇平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

事件 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

事件 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

事件 (新潮文庫)の文庫

事件 (新潮文庫)の単行本

ツイートする