西行花伝 (新潮文庫)

  • 312人登録
  • 3.92評価
    • (39)
    • (25)
    • (43)
    • (1)
    • (1)
  • 32レビュー
著者 : 辻邦生
  • 新潮社 (1999年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (718ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101068107

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
安部 公房
安部 公房
マルクスアウレー...
白洲 正子
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

西行花伝 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初めてのレビュー。記憶に新しい去年を振り返って、2012年は辻邦生を知ったのが大きな収穫。
    「西行花伝」を読んで、それよりずっと以前に書かれた「背教者ユリアヌス」も知った。
    平安末期から武士社会に移る時代に「もののあはれ」の美意識を求めた西行と、キリスト教が台頭し始めた時代、純粋さゆえ裏表を使い分けるキリスト教を受け入れられず古代ギリシャ・ローマに美を求めたユリアヌス。勝ち負けで片付けるなら、どちらも時代を生きる中で易くない道を選択したようにみえる。
    「西行花伝」の最終章近くで、平家を倒し後白河院から権勢を奪い勝ち進む鎌倉殿の幻影を夕刻の大磯で西行の夢に現れさせている。その時の西行のつぶやきが「心なき 身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮」の歌で、頼朝とて飛び立つ鴫に涙したであろうと西行は幻の中で思ったのだとこの作中では構成されている。かつて大磯の鴫立つ沢に行って教科書で習ったような感慨にひたったけれど、こんな見方もあったのか・・。作者は西行を描くにあたって、この歌を単に世捨て僧の心の情景にはしていない。
    勝利や成功に役立たない心を切り捨てるのは「心なき心」であり、『人は常にあらゆる動機で心を失う。』 のであれば、西行にも 『世を捨てたいという思いで、私とても、もののあはれに震える心を失っているのかもしれない。』 と言わせている。その矛盾を埋めるのが西行の多くの歌なのだろうか?

    純粋さゆえ、周囲に利用され、キリスト教と対峙し、背教者の汚名を着せられながらも自分の哲学に従って突き進んだユリアヌスが、若くして戦死するのも哀れ。 次第にゾロアスター教や原始的儀式にひかれていくユリアヌスだが、それは西行にとっての歌と同じなのかしら。洋の東西も時代も違うけれど。

  • 西行の一生を描くというより、西行の精神を構築していくという作品。
    時にはこういう作品を制覇するのもいいだろうと自虐的な読書になった。
    理解できなかったり、冗長に感じる部分もある。西行の生き方自体にも共感を覚えない。が、最後の感慨はちょっと得難いものだった。

  • 2015/09/24完讀

    以西行的徒弟藤原秋實為首,許多與西行有關、甚至是西行本人以第一人稱方式來講述他的一生。

    西行和尚,俗名佐藤義清,鳥羽上皇的北面武士,精通武藝、蹴鞠並往和歌之道精進中。當時封建階級小莊園領主因權威墜地的攝關家無法保護他們而無所適從,院政抬頭,天皇上皇之間的心結,權臣的各種思惑與野心,種種的情勢交雜之下,義清暗自思慕待賢門院,在佐藤義康死後決定出家。出家不是因為厭惡這個世界,而是太熱愛這個世界,出家是要拋棄我執、名分和地位,在外面更清楚地、全心全意地愛這個世界上所有的景色與人,作為和尚,他是相當能動而入世的。而他的理念,就是用"言葉"將這個世界包覆,擁抱這個世界,只有"言葉"才是超越時空的真實。陸奧行讓他感受到,世界上的所有人,其實也是和風鳥花月一樣令人憐愛。西行與想以"歌"為政治(まつりごと)的崇德上皇相交,直到替上皇鎮魂,在此他的思想已經轉變到與花鳥風月同化的境界,所有一花一草,森羅萬象都包含著佛法的慈愛,宿命一切只如芥子須彌,人要接受宿命,但人可以主動賦予宿命價值,只有歌才是最真實的。

    入世的西行,除了洞悉各國及朝廷情勢,與上皇交友,高野山的蓮華乘院(現高野山大會堂。旁邊有顆西行櫻)據說是西行一手勸進、計畫而建立。晚年再度前往陸奧為東大寺勸進,後來年老的西行在歌獲選入敕選集後,也奉獻了和歌給神社,他傾聽天地萬物本身的歌,已經不用自己寫歌了。

    **
    這本小說再度讓我體驗到辻邦生的威力,甚至超乎我的想像。裡面的時代背景與現在讀的新平家物語幾乎重疊(人物造型和吉川相當有差距,不過不必過度拘泥他的人物造型與史實評價的齟齬,他的作品重點在於文學性),因此可以專心去感受內容而非情節。一本人物傳記,但其實內容是西行本人對人生,對世界和對生命的思索,跟著他的腳步和人生的進程,思索的內容和生命哲學也不斷地轉換,很像在觀察一個人的成長和思想的變容,但好像也是在觀照自己的人生,這種寫法真的非常令我激賞,閱讀過程也會不禁隨著反覆閱讀,反覆思量。另外,作者的文筆實在太芳醇,太優美,會讓人想在靜謐之中全心全意地閱讀,一切俗務都變得不是那麼重要,只想跟著西行一起走,一起思考。這本書又超越我之前所讀的辻氏作品,這本晚年最後的長篇,實在是一本令人驚嘆的傑作!作者相較許多作家之下知名度似乎沒那麼高,實在是一件非常非常可惜的事,在海外像台灣應該幾乎沒幾個人認識。但是光這本,就應該可以把許多暢銷作家,甚至包括那位現在最接近諾貝爾獎的人完爆了。傑作,傑作,傑作。

  • 歌人西行を描いた辻邦生の晩年の長編.いつか読もうと思っていたが,源氏物語から平安つながりでようやく読了.緻密で精緻な文体で,読者にもゆっくり読むことを要求する.

    私は和歌に関する教養がなく,本書に出てくる歌も肝心な部分の意味がわからず,したがって全体の意味もおぼろげにしかわからない.それでも全体の4分の3にあたる崇徳天皇の崩御までは物語に強く引き込まれた.そのあとは,西行の人生哲学みたいな部分が多くなって,共感が薄くなってしまった.

    それでも,摂関政治,院政,武士階級の勃興,平氏,鎌倉幕府にいたる歴史の流れの描写は見事.時代の空気をよく伝えている.

    実は私は西行よりも崇徳院の人生にいろいろ感じるものがあった.鳥羽上皇からはうとまれ,帝位を追われ,院政もできず,歌の道に邁進するが,自分の子を帝位につけることを諦めきれず,保元の乱に巻き込まれ,そして敗れ,讃岐配流.配流先で半狂人になりながら不遇の死.悟ること,諦めることの難しさをしみじみ感じさせ,同情せずにいられない.

    追記: エッセイ集微光の道に谷崎賞受賞を機に書かれたと思われる同題の自作解説がある.

  • あくまでも作者辻邦生の創作である。

  • 平氏と貴族間の葛藤の時一歩身を引いて世の中を見つめた西行の生き方、宗教のよりどころ。角幡さんが勧めていた本。辻邦生は時の扉を中学の時、これも先生の勧めで読み進めた。

  • 花に染む 心のいかで 残りけん 捨て果ててきと 思ふわが身に

    身を捨つる 人はまことに 捨つるかは 捨てぬ人こそ 捨つるなりけれ

  • 10数年ぶりに読み返してみた。「利休にたずねよ」があまりにもつまらなかったので、もう歴史小説は自分には合わないのかと思ったが、読み返した本書はやっぱり面白かった。辻邦生作品の中でも「背教者ユリアヌス」と並ぶ傑作だろう。

    物語は歌人西行の生涯を弟子の藤原秋実が、西行その人や、さまざまな周辺の人から聞き取っていくという形で進む。

    前半は恋物語が基軸。終盤は保元の乱がクライマックスとなる。

    歴史的事実からは踏み外さず、そこに小説としての肉付けを丹念にしていく姿は素晴らしい。大著だが多くの人に読んでほしい。

  • 西行の歌の弟子藤原秋実が記す形を取った西行の物語。序の帖に始まり二十一帖に至るまで、西行を時代の流れの中心におき、彼の秀歌と併せて語ってゆく。//前半は物語の筋が読めず少し退屈感を覚えた。中ほどから、平安末期の乱れた世の激変を活き活きと描き面白くなる。皇族・女性・僧侶・源平の武士達が、史実にフィクションを織り交ぜて西行と係ってゆく。西行の人生観も深みを示す。//西行は十五帖で、「我を捨て、この世の花とひとつに溶ける」と説き、二十帖で「歌こそが真言、森羅万象の中に御仏の微笑を現前するもの」と現す。この生き方の基本は終生変わらない。しかし西行は浮世を捨てたわけではない。我を捨ててこの世の花に染み込んで浮世を楽しんでゆく。//西行の歌は、浅学な私でもまだ分かり易い。「ゆくへなく 月に心のすみすみて 果てはいかにか ならむとすらむ」//しかし歌にて世の中を変えるという本書の中の西行は、非現実的で理想主義。

  • この世のあらゆるものは変成する、それが宿命であり我執をすてながら常世をみとめる。

    そんな道理をしたがいながら、歌として世界の
    姿をかたちとしてのこす

    素敵だね。確かに勅撰集とかで歌が残されていなかったら日本文化はいまのままだったのだろうか?

  • (2013.01.25読了)(1999.11.04購入)
    【平清盛関連】
    内容は、単行本で読んだので、最後の高橋英夫さんの解説だけ読みました。

    ●『背教者ユリアヌス』と双璧(709頁)
    『西行花伝』は、流麗そのものでありながらしかも雄偉であるという重層をもった辻邦生の大作のなかでも、ひときわ作者の語りの力量と、人物に移入された想念の高さとにおいて、輝いている。個人的な印象の中に還って思い返すと、それはもう三十年近くも以前の長篇『背教者ユリアヌス』と双璧を形作る作品のように見える。
    ●秋実はフィクションか(713頁)
    最初の「語り手」藤原秋実とは、何者なのか。
    秋実は果たして史上に実在した人物であろうか。おそらく作者のフィクションではなかろうか。
    (実在の人物だと思って読んだのに、・・・まいった。)
    ●「花」(714頁)
    作者は西行の本質を「花」と見定め、いかにそこを言い表すかに長い時をかけたのに違いない。その沈潜と構想の果てに、弟子の視点から師西行を望み見るという人物の配置が閃いた。弟子の視点を加えることで、その他もろもろの人物たちの目で見定められた西行という多面体に、フィクティシャスな焦点が成立する。

    【目次】
    序の帖 藤原秋実、甲斐国八代荘の騒擾を語ること、
        ならびに長楽寺歌会に及ぶ条々
    一の帖 蓮照尼、紀ノ国田仲荘に西行幼時の乳母たりし往昔を語ること、
        ならびに黒菱武者こと氷見三郎に及ぶ条々
    二の帖 藤原秋実、憑女黒禅尼に佐藤憲康の霊を喚招させ西行年少時の
        諸相を語らしむること、義清成功に及ぶ条々
    三の帖 西住、草庵で若き西行の思い出を語るを語ること、
        鳥羽院北面の事績に及ぶ条々
    四の帖 堀河局の語る、義清の歌の心と恋の行方、
        ならびに忠盛清盛親子の野心に及ぶ条々
    五の帖 西行の語る、女院観桜の宴に侍すること、
        ならびに三条京極第で見る弓張り月に及ぶ条々
    六の帖 西住、病床で語る清盛論争のこと、
        ならびに憲康の死と西行遁世の志を述べる条々
    七の帖 西住、西行の出離と草庵の日々を語り継ぐこと、
        ならびに関白忠通の野心に及ぶ条々
    八の帖 西行の語る、女院御所別当清隆の心変りのこと、
        ならびに待賢門院の落飾に及ぶ条々
    九の帖 堀河局の語る、待賢門院隠棲の大略、
        ならびに西行歌道修行の委細に及ぶ条々
    十の帖 西行の語る、菩提院前斎院のこと、
        ならびに陸奥の旅立ちに及ぶ条々
    十一の帖 西行が語る、陸奥の旅の大略、
         ならびに氷見三郎追討に及ぶ条々
    十二の帖 寂然、西行との交遊を語ること、
         ならびに崇徳院の苦悶に及ぶ条々
    十三の帖 寂然、高野の西行を語ること、
         ならびに鳥羽院崩御、保元の乱に及ぶ条々
    十四の帖 寂然の語る、新院讃岐御配流のこと、
         ならびに西行高野入りに及ぶ条々
    十五の帖 寂然、引きつづき讃岐の新院を語ること、
         ならびに新院崩御に及ぶ条々
    十六の帖 西行、宮の法印の行状を語ること、
         ならびに四国白峰鎮魂に及ぶ条々
    十七の帖 秋実、西行の日々と歌道を語ること、
         ならびに源平盛衰に及ぶ条々
    十八の帖 秋実、西行の高野出離の真相を語ること、
         蓮華乗院勧進に及ぶ条々
    十九の帖 西行の独語する重源来訪のこと、
         ならびに陸奥の旅に及ぶ条々
    二十の帖 秋実の語る、玄徹治療のこと、
         ならびに西行、俊成父子に判詞懇請に及ぶ条々
    二十一の帖 秋実、慈円と出遇うこと、
     ... 続きを読む

  • きれいな文章なのですが、
    読み通す気力がいま自分にありませんでした。。。

  • 平安末期から鎌倉時代にかけて活躍した歌人西行の生涯を描いた超大作。西行は歌を精神の中心に据えた隠遁生活を送りながらも、政変など世の中の動きに敏感であり続けた。「できることなら桜の下で春に死にたいなぁ」と詠んだ人ということぐらいしか知識がなかったので、鳥羽院や待賢門院、崇徳院、その他朝廷の要人と関係はとても興味深いものとして読んだ。しかし“歌による政治”などというものを本当に彼等は考えていたのか。当時の人々にとって和歌がどれほどの価値を持ったものなのかが分からず、すべてにおいて雅過ぎる思想に戸惑う部分もあった。
    ☆谷崎潤一郎賞

  • 謎の西行だった。
    きちんとした日本語で書かれた小説であり正統派の文学であると感じた。西行がなぜ花鳥風月森羅万象を和歌の中に織り込もうと試みたのか、真に美しいものとは何かということを追い求めたのであろう。それに成功しているが反対に人間の卑小さ哀れさは彼が生きた時代の権力者たちの歴史が示している。今年の大河ドラマの時代背景を理解する副読本としてもよい。

  • 学生のころに読みました。日本の古典に憧れて、大学受験はほとんど日本文学科を受験。とくに和歌の世界には強く惹き付けられ、西行が大好きでした。今思えばなんにもわかってなかったですが。さて、この本は、同じ辻邦生さんの「背教者ユリアヌス」同様、辻さんの古い時代への愛情と憧憬に溢れいて優美です。

  • 諸行無常の鐘の響きをよく知り
    沙羅双樹の花と遊ぶ僧かな


    読み始めてから、今期の大河ドラマとドンぴしゃだと言うことに気がついた。
    おそらくこの先も私が清盛に関するものを読むことは、まぁよほど何かないとないだろうし、良い機会だろう。
    平家物語の一翼を担う平清盛、たいして知らないくせに滅びの美学チックなイメージが付いている人だ。近年では見直されている存在なんて言われているが、果たしてどう捉えられていたのかすら私にはわからない始末だ。
    いや、大げさに書きすぎたな。作中で清盛は登場し、しゃべりもするが主人公を囲む時代の流れの代表格でしかない。
    本書の中心はそんな源平そして朝廷、はたまた摂関家にも重宝された男:佐藤業清こと円位上人、もっとわかりやすく言えば西行ある。



    西行という人は歌に生きた人だった。
    生涯に数え切れないほどの歌を残している、正直私もそこまでこの人に広くはないがその人となりは知らずとも辞世の句は知っている。

    【ねがはくは花の下にて春死なん その如月の望月のころ】

    きれいな言葉と言うよりも、らしい歌だと、この本を読み終えた今では思う。
    西行の句を今回初めてまともにいくつか読んだが、歌の心というのはかわらないものだと思ったりした。
    いや、歌のこころと言うよりかは、歌を生むような瞬間というのはいつの時代にも大差がないのだろう。
    短歌とは短い言葉しか許されない。だからこそ余分な言葉が入らない。それだけに載せる感情において風習や文化は多くの場合そがれる。そこに今でも感じられるような共感が生まれたのかな、なんて考えていた。
    とはいえ、あとあと知ったが西行の作風は当時の主流とは少し違い、素直な感情を載せた飾り気のないものが多いという。そのせいでそう感じたのかもしれない。
    近代短歌ぐらいしか読まないので正直思ったより取っつきやすくて助かったと言うのが正直な感想だ。



    で、物語なのだが西行が生まれてから死ぬまでを書いている。語り口はあの『嵯峨野明月記』と同じく当人、もしくはその周囲の人間に語らせる方法だ。
    藤原の血筋を引いた由緒ある家柄に生まれで、容姿の良さも選定の要件にあると言われる北面の武士を勤めた文武両断・眉目秀麗な色男、という画に描いたような完璧主人公。しかし彼は22歳で出家する。思い切りのある人だな。地位も名誉も家族までも捨てるのだ。
    逆に考えれば若いからこそ選ぶことが出来た思い切りなのだろう。
    物語の半分もいかずに西行はそれを選択する。それだけに、この思い切りのあとの人生が西行は長い。彼はこの時代の人にしては確かに長生きなのだ。
    おまけに出家とは世俗的な執着を離れて、仏道を修行にひたすら精進することのはずなのだが、彼は遁世をしない。
    歌に遊ぶのはもちろんだが、政治的にもまた歌の場にも、宗教の場でも西行は活躍をする。
    何というか自由な人なのだ。
    彼の出家については諸説在るようだがこの物語では帝の寵愛の人にかなわぬ恋心を抱いたこと、そして友の死があげられている。また時代の流れの中に、世は儚く虚空だ、ということを彼は誰よりも実感する。しかし、だからといって殻を閉じない。世を捨てると言うのと、欲を絶つと言うことは確かに別なのだ。多くのしがらみから解放されると言うことは勿論あっているが、己の欲を満たすのとはまったく無関係に世の動きに関わるのは悪くはないと言うことか。
    宗教的には、出家することにおいて己と世の中の切り離しのラインがどこかという話になると掘り下げ過ぎなのでしないが、仮に本書のように西行が考えていたのだとしたら革新だな。



    かなりの厚みがあるだけに、物語は西行をおいながらも、周囲の多くにも言及する。
    その中で私が特に好きだったのは西行が新院に語っ... 続きを読む

  • ゆっくり読みたい時に読むので、積ん読。

  • 本好きな恩師が貸してくださった本。美しく厳しい和歌の世界に浸ることができる一冊。

  • 10年ぶりの再読です。
    言葉の力の偉大さと、生きることの楽しさ(花)を伝えてくれる。

  • 日本語の美しさが心地良い。西行がなんでもできすぎなのが鼻につくが。。。しかしとても優美な世界。再読したい。

  • ずっと気になる存在だった西行さん。
    そしてずっと気になっていた小説。
    櫻とともに生きた方ですね。 

    西行さんが出家する前後が
    一番興味があったので、ぐんぐん読めましたが

    それにしても新院がもう…。
    あそこの文章の壮絶さがもうね。圧巻でした。

    美しい言葉や、色々な意味で胸に刺さる言葉が沢山でした。

  • 平安末期は夢が膨らむ。
    西行云々より平家台頭に燃える。

  • 長期間、ちびちびと読んだ。元はと言えば、夢枕獏の朝日の連載小説が似てる話だったので。構想はこっちのほうがよほどしっかりしている。重厚で読み応えあり。

  • 西行法師の生涯を、周辺人物・時には西行自身の独白というカタチで追うフィクション。700ページという読み応えある本でした。
    風流に生き、恋に生き、詩歌に生き、遁世の身でありながらこの世を愛し続けた西行。彼の世界観はまさにこのようであったのではないかと、フィクションながら感動させられます。

  • 言葉や歌の意味づけが興味深く、出家の意味をあらためて考えさせられた作品です。
    (参照;http://blog.so-net.ne.jp/shachinoie/2007-09-20

全32件中 1 - 25件を表示

西行花伝 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

西行花伝 (新潮文庫)のハードカバー

ツイートする