アルプスと猫―いしいしんじのごはん日記〈3〉 (新潮文庫)

  • 220人登録
  • 3.91評価
    • (17)
    • (19)
    • (19)
    • (0)
    • (1)
  • 24レビュー
  • 新潮社 (2010年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101069296

アルプスと猫―いしいしんじのごはん日記〈3〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いしい語がわかってくると おもしろい
    ツートト
    にう
    くさったりんご
    工事がうるさくなったらカリブ海へ逃亡する身軽さ
    魚は雄が美味しい
    かなしいできごともあったけど
    園子さんも猫ちゃんも日々 日々です

  • 再読。二回目だと例の件だけでなくその前の喜ぶ二人や周囲の様子までつらい。いえ一回目に読んだときも帯で盛大なネタばれ(という表現もどうかと思うけど)されてたので覚悟はしていたんですが。

    その後キューバの彼は日本の山を見たんだろうか。

  • 優しい気持ちになれる癒し系エッセイ
    松本・安曇野 
    おいしいごはん
    ねこちゃん

  • リアルタイムでは知らなかったものの、私自身が馴染み深い街に著者が住んでいたことがなんだか不思議。とはいえ、いしいさんは松本よりもやはり三崎に対して親密な気持ちを持っていたと思うし、さらに今は松本よりも京都なのだろうなと感じる。松本での経験は(忘れ難くはあると思うけど)とても大きな悲しみでもあっただろうから。

  • 日記って物語よりも想像もしない展開が
    起こるのだと思いました。
    ぼえー。

  • ちょっとダークなファンタジーの小説を出しているいしいしんじさんのごはんエッセイ本です。
    このところ小説よりエッセイ系の本が読みたくなったので代官山の蔦谷書店で見て気になっていたので読みましたがいきなりシリーズ3
    でした。

    いしいさんと奥さんの園子さん、いしいさんの周りの人たちとそして猫たちのやり取りがよく分かる本でした。
    その日の晩ごはんも事細かく描かれていて本を読むたびにお腹が
    空いてきました。おいしそうで。
    今度はちゃんとファーストシリーズから読んでまた3を読みたいと
    思います。

  • 毎回買っていたのに出ていたことに気づきませんでした。ああ。松本での生活の描写やキューバ旅行でのことなどが、つづられています。自分でもおもうことだけれど、いろいろなところに移動すると、世界は広いし狭い。またパラレルにさまざまなことが奇跡的に起きるということがよくわかる。

  • いやぁ、いしいしんじは最高だ。

    疲労困憊セグンドとか超面白いけどキューバネタをわかるひとは少ないのではないだろうか。
    あとデラーウェアーとかも好き。ユッコも好き。クロネコが来てにゃーと泣くのも面白い。

    ごはん日記(ブログ)の書籍化第3弾。舞台は長野・松本。ダラダラ好き勝手に毎日が過ぎていくように見えても、家族(親や兄弟)や地域の人とのつながり大切にしていると思う。そしておいしいものを食べ温泉に入る。園子さんを愛す。素敵だと思う。

    猫ちゃんは悲しいけど、そのなぐさめにキューバ行っちゃうのがすごい。

    園子さんに憧れる。

    (かつもとさんに借りた。)

  • ごはん日記ではこれがマイベスト。まず、まえがきがいい。36ページの10月29日(土)から109ページの1月17日(火)、115ページの1月22日(日)くらいまでが、すごい。特別な日記。

  • 病めるときも健やかなるときも楽しいときも辛いときも。おいしいごはんを食べること。

全24件中 1 - 10件を表示

いしいしんじの作品

アルプスと猫―いしいしんじのごはん日記〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アルプスと猫―いしいしんじのごはん日記〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルプスと猫―いしいしんじのごはん日記〈3〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アルプスと猫―いしいしんじのごはん日記〈3〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする