雪屋のロッスさん (新潮文庫)

  • 779人登録
  • 3.83評価
    • (62)
    • (88)
    • (71)
    • (12)
    • (2)
  • 84レビュー
  • 新潮社 (2010年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101069302

雪屋のロッスさん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わたあめだと思って食べてたら超強力なわたパチだった感じの短篇集です。
    書き下ろしの「編集者の関口君」がお気に入り。

  • とっても短いお話がたくさん詰まっています。

    童話。寓話。。。
    やっぱり、「大人の絵本」かな。
    絵はないけど、絵がうかんでくるよ。

    いしい氏らしいお話ばかり。
    短いから飽きないで読める。
    長編だと、飽きちゃう人もいそうだけど、
    ちょうどいい長さです。


    深く考えないで読むのがオススメ。

  • 大人の為のおとぎ話。
    ほっこりする話、悲しい話、切ない話。
    どれも作者の眼差しがあたたかい。
    読んでいてほっとします。

  • ホロッとくる話、心温まるお話、せつないお話、ほのぼのする話…
    職業というテーマで統一されているけれど、それぞれいろんな味が楽しめます。
    童話のような、懐かしい感じもする、不思議な世界。

  • 一流の仕事をしている人たちの姿を描いたノンフィクション。

    なわけはなく、フィクションなんだけど、
    仕事ってなんだろうなと考えさせられる。

    どんな仕事でも、誇りをもって、何かのために自分を捧げる姿勢があればいい仕事はできるのだと思う。
    自分も、誰かのために一生懸命になれるような仕事ができたらいいなぁと感じる。

    「巡査になって五年目の石田さんは顔が鳥です。」
    とか
    「青木青兵は生ゴミ担当のポリバケツです。」
    とか、いきなり始まるといしいさんらしいなぁと思って、思わず笑ってしまう。

    はじめの『なぞタクシーのヤリ・ヘンムレン』でつかまれ、
    『調律師のるみ子さん』で完全に惹き込まれてしまった。
    どの話も、題名を見ただけで、どんな話だったか思い出せてしまうくらい単純な話で、でも思い出せてしまうってことは、それだけそれぞれが印象深い話ってことで、そのことがすごいと思う。

    ところどころ、どうしようもなく切ない悲劇が織り込まれてて、それがいしいさんの味なんだなぁと思う。

    この前読んだ、『胸の中にて鳴る音あり』と対になってるような気がして、
    続けて読むとおもしろいと思った。

  • 町や村のそれぞれの人それぞれの生活がかわいくて汚くてやさしくてずるくて愛しいと思った。

  • いろんな職業の人達を描く超短編。
    数ページに、ぎゅっと”物語”が入ってます。

    メルヘンのようにホンワカ、
    シビアな現実でもニヤリ、
    ファンタジーなのにチクリ。

    どの話も余韻を味わえるいいお話です。

  • 偶然聞いたラジオ講座で取り上げられていた「調律師のるみ子さん」が気になったので読んでみた。

  • 小気味が良い、という表現がぴったり。

  • 雪屋のロッスさんは、トラクターに似た造雪機に乗って、ほうぼうの街をまわります。
    大晦日、誕生日、スキー大会、クリスマス。
    ロッスさんの雪は、結晶のかたちに工夫がこらされ、通常の三倍長持ち。
    さて、ある冬の夜のこと―。
    「なぞタクシーのヤリ・ヘンムレン」「調律師のるみ子さん」「犬散歩のドギーさん」「見張り番のミトゥ」…この世のふしぎがつまった31の小さな物語集。

全84件中 1 - 10件を表示

いしいしんじの作品

雪屋のロッスさん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雪屋のロッスさん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする