楽隊のうさぎ (新潮文庫)

  • 1785人登録
  • 3.25評価
    • (69)
    • (161)
    • (361)
    • (74)
    • (27)
  • 222レビュー
著者 : 中沢けい
  • 新潮社 (2002年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101072319

楽隊のうさぎ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後の方に出てくる、「シバの女王ベルキス」

    その本を目次で見つけた瞬間に購入。
    夏のコンクールの自由曲で銀賞だった曲。

    怒られ、罵られても必死で食らいついた曲。


    やはり、この本もやっている人には「あるある」感が満載♪

  • 読書感想文になんとなく書こうかなーって思って読みました。
    私は吹奏楽部ですが、いざ書くとなると難しいと思います
    ラスト、普門館で「ブラボォ」ってなってるけど、
    そんな簡単に全国に行けるのかってツッコミ入れたくなりました…(笑)

    いろんな話題がごちゃごちゃつまってて、
    良いように言うといいとこどり、
    悪いように言うと中途半端、ですね。

  • 高評価の嵐の中、ぶっちゃけ面白くなかったです。何でだろうって考えて見て、思ったのは表現が丁寧過ぎること。すべての心情とか説明をくどくど書いた作品は個人的に駄作だと思っていて、いかにらしさを出して表現出来るかが大切だと思います。うさぎの描写はちょっと‥って感じ。その割に登場人物多いし、視点がよく変わるから全体的に分かりにくい。ストーリーではなく表現が好きになれない作家さんは次読もうとは思えない。吹奏楽の話っていうもの珍しさが先行した作品に感じました。

  • 10代のうちに何か打ち込めるものがあるといいなと思うのだ。
    ひとりではできない、たどりつけない世界がある。そのひとつが吹奏楽やオーケストラなのだと思う。オケの一員ではないと味わえないものがあるんだよねと共感しながら読んだ。

  • 吹奏楽をやっていたので期待していたのですが全く合わず。表題にあるうさぎも唐突。正直なんのこっちゃという感じでお話に入り込めませんでした。

  • ハードカバーを本屋で速読したことを忘れ、文庫本で再読。
    主人公が気弱な小学校時代から、吹奏楽部で演奏会を乗り越えるたび、
    確かな自信を身につけていく感覚がおもしろい。
    あっと驚くような展開はないけど、
    母親や中学生の息子といった家族のつながりや、
    いじめっこ・いじめられっこの心理など、
    どこかで感じたことのある感情をうまく描いている。

  • 何でもっと真面目にやらなかったんだろうとか、何でもっと大切にしなかったんだろうとか、いろいろ考えた。
    懐かしくて懐かしくて、ちょっとさびしい。
    また、皆でやる系の音楽したいなー。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50110197

  • いつかよみたいー

    p18〜

  • 配置場所:広3文庫本
    資料ID:93023425
    請求記号:080||S

全222件中 1 - 10件を表示

中沢けいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾 まいこ
有川 浩
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

楽隊のうさぎ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

楽隊のうさぎ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

楽隊のうさぎ (新潮文庫)のKindle版

楽隊のうさぎ (新潮文庫)の単行本

ツイートする