金色夜叉 (新潮文庫)

  • 431人登録
  • 3.50評価
    • (26)
    • (33)
    • (73)
    • (6)
    • (4)
  • 60レビュー
著者 : 尾崎紅葉
  • 新潮社 (1969年11月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (583ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101074016

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

金色夜叉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2012.6.16.sat

    【経路】
    お芝居観るための予習に購読。

    【感想】
    男の純情を踏みにじられ、「結局金かよー!」っていうルサンチマンから捻れてしまう不器用な貫一。
    彼を抱きしめたくなる。
    自身の美貌を良く知り、したたかに約束を違え、後悔するころには夫に逆恨みをする狡い女、お宮。
    彼女の若さを苦くおもう。
    人間って「誤る」生き物。「謝る」生き物。
    じぶんを、ひとを、赦したいものですね。

    【なるほど】
    ・高利貸し→氷菓子→アイスクリーム から転じて、美人の高利貸し→美人クリーム
    ・女の惚れるには、見惚、気惚、底惚と三様ある

    【内容メモ】
    ●構成●
    ・前編、中編、後編、続金色夜叉、続々金色夜叉、新続金色夜叉

  • 6月25日読了。尾崎紅葉の代表作、ユニコーンの「僕はカンイチ君はオミヤ」はこの小説から。将来を誓い合った貫一と宮の二人だが、宮が富豪・富山に嫁いだことから貫一は高利貸しとなり人に疎まれ、一方宮も愛情のない結婚を悔い・・・。「豪華絢爛」という言葉が(見た目の華美さも含めて)よく似合う文体で、講談調に煽りに煽る文章も読んでいてぐいぐいくる。「こうりがし」を「アイスクリイム」とかけたり、意外と俗な会話文なども楽しい。(当時は余程悪徳な高利貸しが多かったのか、貸し金業者は随分恨まれたもののようだ)有名な、貫一が縋りつく宮を蹴倒す熱海のシーンはごく前半で、「別れた後の二人」がこの小説の主体なのね、知らなかった。続金色夜叉・新金色夜叉と「猿の惑星」のように続編が収められているが・・・まあ元が未完の小説というし、多くは求めまい。

  • 間貫一萌え!に尽きる。実直さと頑固さが紙一重みたいなインテリ青年って設定がもうツボ。良くも悪くも堅いのね。だから普段抑え込んでいる感情が「爆発」するんだけど、その爆発の仕方も素敵。哀れなほど感情的だよね!そして自棄になり堕ちていく…けど堕ちきれない部分、砂粒程度でもどうしても残ってしまっている優しさからくる弱い部分が垣間見えると…!愛おしい!

    名場面は名場面だった。まじ熱海行きたい。「宮さん、お前は好くも僕を欺いたね」から前編ラストまでの14ページに渡る修羅場は圧巻。
    「ああ、宮さんかうして二人が一処に居るのも今夜ぎりだ。お前が僕の介抱をしてくれるのも今夜ぎり、僕がお前に物を言ふのも今夜ぎりだよ。一月の十七日、宮さん、善く覚えてお置き。来年の今月今夜は、貫一は何処でこの月を見るのだか!再来年の今月今夜……十年後の今月今夜……一生を通して僕は今月今夜を忘れん、忘れるものか、死んでも僕は忘れんよ!可いか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、月が……月が……月が……曇つたならば、宮さん、貫一は何処かでお前を恨んで、今夜のやうに泣いてゐると思つてくれ」

    !!!
    この場面だけ有名なのは納得せざるを得ない。

    そして四年後高利貸へと身を落とした貫一の…旧友と遭遇して焦って冷酷さをアピる場面なんかもう…萌えすぎる。

    聖黒の練ちゃん然り、罪と罰のラスコーリニコフ然り…坊ちゃん気質の健康な青年が闇に踏み入れていくのがどうも好きだ。その苦悩、葛藤も素晴らしいが、突き抜けて狂っていく様はさらに素晴らしい!鮮やか。練ちゃんくらい徹底的に狂ってくれると、残された針先程の愛が落差で強調されて尚良い。

    優等生の絶望、葛藤、回復に至るまでの混沌期をちっとも痛いと感じない、寧ろ愛おしいっていう、痛いわたしがいる。ああ間貫一を抱きしめたい。

  •  若くして両親を亡くした間貫一は、身を寄せる鴫沢家の一人娘・宮と許婚の関係にあった。しかし、ある日のカルタ会で宮を見初めた銀行家の息子・富山が宮に求婚すると、宮はそれを受け入れてしまう。熱海の海岸で宮の裏切りを知った貫一は宮を罵り足蹴にし、宮との縁を切る。人間不信に陥った貫一はその後高利貸しの手代となり、金銭のみを唯一信じる「金色夜叉」と化していった…。
     地の文は文語体、会話文は口語体という雅俗折衷の文体で描かれた尾崎紅葉の代表作。読売新聞にて明治30年から断続的に6年間連載され一世を風靡した、明治文学を代表するエンターテインメント小説である。

     予想以上に面白く、文学作品でこんなに単純に楽しめる小説は他にないように思う。そこに読み込まれたテーマ性などという小難しいことなどさて置き、ストーリーと登場人物たちの感情のぶつけ合いにハラハラ、ワクワクさせられた。まるで昼ドラを観ているかのよう。主要人物たちのキャラクターの鮮やかさ、そしてわかりやすいストーリー、現代のドラマでもヒットする要素が多く含まれており、明治の人々の趣向も現代とあまり大差ないのだなぁと感じさせられた。
     熱海で貫一が宮を足蹴にするシーンは意外にも序盤の序盤。「金色夜叉」自体が「続金色夜叉」「続続金色夜叉」「新続金色夜叉」と続くのだが、かの名シーンは「金色夜叉」の「前編」「中編」「後編」の内の「前編」の終わり。むしろそのシーンから貫一の「金色夜叉」と宮の苦悩が始まる。熱海の貫一・宮の像は最近「女性蔑視だ」などと叫ばれているそうだが、あれはどう考えても宮が悪い。蹴られて当然。しかし宮の悔悟の念にだんだんと読者が宮を許し始めてしまう作品構造も、人気を博した理由だろう。
     目次を見た時は「なんだか未練がましく続編を出していたんだなぁ」と読む前からうんざりとしていたのだが、一度読みだすともっと続きが欲しくなる。続編、続続編、新続編があることに喜びを感じ、そして著者・尾崎紅葉の死去により未完で書を閉じなければならないことに、戸惑いを覚え、心が置き去りにされる。だが一方で気付く。「金色夜叉」の舞台の幕は下りることなく、上演は続いていることに。熱海の海に浮かぶ1月17日の月は、今でもまだ、貫一の涙により曇り続けているのだ。

  • 心の機微を表しながら連なる風雅な文体に引き込まれた。
    しかし、登場人物、特に女性たちの感情の動きが理解できないまま読み終えてしまった。

  • 文章がイマイチ過ぎて入ってこない

  • 買ったのは、有名な蹴り飛ばしの表紙でないもの。

    お宮は最初っから玉の輿願望があったのね。
    東海ドラマの「愛の嵐」を思い出した。

  • 正月カルタ会で、富山唯継に求婚された鴫沢宮には許婚の間貫一がいた。両親は富山の求婚を承諾したことから貫一は絶望し、行方をくらました。そして、金銭の鬼と化して、高利貸しになっていた。
    そして、その宮が詫び状が届くが開封せず、再度手紙が届くと宮のあわれな心情が綴られていた。
    とにかく読み応えがありました。

  •  閒貫一と鴫沢宮の物語である。基本的には財産家の息子、富山唯継がカルタ会で宮をみそめて、横恋慕をする。貫一は鴫沢家の食客で十年ほど息子同様に暮らしていて、ゆくゆくは宮と結婚して家督をつぐことになっていた。宮は音楽学校に通っていた頃から、ドイツ人ヴァイオリン教師に付け文されたり、妻を亡くした校長に言い寄られるほどの美貌で、貫一を愛してはいるが、自分にはそれ以上の価値があるのではないかと思っている。結局、宮と富山が結婚することになり、貫一は熱海で別れて、その後、高利貸しになる。
     高利貸しになった貫一は取り立て先で同級生と鉢合わせして詰られたり、恨みをもつ債権者に闇討ちにあったりする。そんな貫一に赤樫満枝がほれこむ。貫一の主人、鰐淵は私文書偽造の罪に落とした債務者の母親によって、自宅が放火され、凄惨な焼死をとげる。鰐淵の息子に鰐淵の財産をゆずられ、正しい事業を興せと諭されるが、貫一はその後も改めない。そんななか、宮がとうとう貫一宅に尋ねてきて、満枝と鉢合わせする。その場は別れたが、満枝が宮に刺され、宮が自決する夢をみた貫一は、夢のなかで宮を許し、やがて宮が出した手紙も読むようになる。商用でいった塩原温泉で、心中をはかろうとしてた男女を金の力でたすけ、自宅にかくまうようになる。宮に飽きた富山が女(お靜)を見うけしようとしていたのであった。ここで、紅葉の死により絶筆である。
    紅葉の文章はすばらしい。細かな人情の描写もさることながら、ちょっとした風景の描写なども味わい深いものである。

  • うーん、、、ですな、こりゃ。
    多少先入観はあるんだろうけど、何だかあまりに"演歌"的で苦笑で紛らわす他ないなぁ。昔読んだ時もそう思ったんだろうか、全然覚えていないけど。
    そりゃ漱石は本作ではなく『破戒』を推しますわなぁ。
    ともかく文学の時代性を感じさせてくれる作品ではあります。

  • 美しい文章だった。全く関係無さそうな話から核心に迫っていく手法が秀逸だった。
    裏切られた貫一の気持ちは痛いほどよく分かる。そして、お宮の身勝手さに苛々する。まだ分別の付かない十代だったとしても、やはりお宮は自分の美しさにうぬぼれている頭の悪い女、という印象だ。満枝にしても、あんなに嫌がられているのに、なんだかんだと言って貫一にまとわりついて、うっとうしい。
    それでも、「続金色夜叉」でお宮が悔いて、死んでお詫びをしたいとまで思いつめるところは胸に迫った。だから、夢オチにせずに、「続金色夜叉」で本当に満枝もお宮も死んで、ここで終わっていても良かったと思う。紅葉としてはハッピーエンドにしたかったのかもしれないけれど、結果的には未完に終わってしまったのだし。文中にもあるけれど、富山に嫁ぐ前のお宮はもういない、という点では、唯一のハッピーエンドは、貫一もお宮も死んで、来世こそは一緒になろう、というもののような気もする。
    「続々金色夜叉」の狭山とお静は、金尽くめで裏切りの横行する世の中に対する救いだった。それがきっと紅葉の言いたかったことであり、ハッピーエンドを求める気持ちの表れであったと思う。
    未完であることは大変残念だけれども、面白い小説だった。

  • 人の恨みや迷いのエネルギーがぐわぐわと伝わってきて面白かった。荒尾のセリフをみてると、紅葉がどれだけいい男だったかよくわかる。

  • 未完なので☆4つ。
    好青年が外道に落ちてく姿がおもしろい。寛一さん、まじめなんだなと思う。
    落ちた寛一が女をこっぴどくはね除けるとこがすっきりする。そしてお宮さんの都合良さとどうしようもなさもおもしろい。決して好感など持てないけど。

    続金色夜叉で終わってたら最高だった。

  • 明治時代の人は資本主義の世の中で、お金とのつきあい方に悩み苦しんだ。
    貫一、お宮をはじめ、お金との様々なつきあい方を体現する登場人物を見てほしい。
    きっと面白いものが発見できるだろう。

    福岡国際大学・福岡女子短期大学
    国語学 教員 山下和弘

  • 前に『真珠夫人』を読んだとき、主人公を好きになった青年が
    『金色夜叉』が今文学界の代表作だと言ってたので、気になって読んでみました。

    これ、原文そのままだよ~。
    まじ、難しいです。
    しばらく読んでギブアップしそうになった。。。。(苦笑)
    しかも500ページ以上あるし、どうしようかと思ったけど、
    結局『金色夜叉』は330ページほどだったので読み終えることが出来たわ~。

    難しいカナ遣いだったけど、まぁだんだん慣れてきたのか、スラスラのスラくらいには読めるようになりました~。

    ストーリーは、
    両親を失った青年が、亡き父の親友の家に引き取られ、そこの娘の許婚になるも、娘が自分と結婚しないとわかり高利貸しになって自暴自棄になってしまうお話。

    まぁね、主人公の気持ちもわからないでもないけど、そこまで落ちぶれることはないんじゃないかっても思うよね~。
    この話は『続金色夜叉』『続続金色夜叉』とつづくのよ~。
    それも併録されてるんだけど、もうちょっと置いてから読み続けたいと思うわ。


    ★★★☆☆


    8月26日 8時37分
    『金色夜叉』の続きを読みました~。
    『続金色夜叉』『続続金色夜叉』そして『新続金色夜叉』。
    すごいわよね~、この羅列。
    これですべて完読です!!やった!
    原文で560ページも読んだわよ~。さすがに頭がいっぱい(苦笑)
    でもちょっとだけ賢くなった気分。。。ははは。

    『続金色夜叉』は、とうとう宮が寛一の家に押しかけにいく。で、押し問答があり、寛一に片思いのしつこい女・満枝と鉢合わせ。
    で、まぁ、いろいろありまして、宮は自殺しちゃうんですね~。

    『続続金色夜叉』は、宮の自殺後、寛一が訪れた宿であるカップルが心中しようとしてるのを、寛一が助け、事情を聞くと宮の旦那・富山が絡んでるという。そこで寛一は助け舟を出す。

    『新続金色夜叉』は、まぁ、めでたしめでたしとなったカップルと杯を交わすわけです~。

    こんなに長いストーリーなんだわ。
    でもね、原文でも結構スラスラ読めるはよ。
    それはきっと、尾崎紅葉の本を書く才能が良いからなんだろうね~。
    彼は、これを仕上げず未完のまま死んだんだって。
    じゃあ、だれがここまで書いたのだ????

  • 典型的なメロドラマ!
    特にかの有名な熱海の海岸での別れの場面。
    (「姦婦」って、いくらなんでも、そんなに急にそこまで変わるか、と笑える)

    筋にとっては無駄な語りが多いのだが、そのために独特の流麗たるリズムをともなう文体となっている。
    当時これを「読売新聞」誌上で読んでいた者は、おそらくいまよりはるかに音読をしていたと考えられるから、するとこの無駄だらけに思われる語りというのはかえって読者に浸透するために不可欠であったはずである。

    この文体のもたらす効用はいまも少なからず残っているはずで、それは同じ設定と内容で、息継ぎを感じられないような長く、かたい文体で書かれた『金色夜叉』を想像してみればよい。
    メロドラマ的内実と、あまりにも乖離した文体という外側によって、一読にいよいよ多大なる困難を感じずにはいられないことだろう。

  •  
    ── 尾崎 紅葉《金色夜叉 19090420 新潮社 19691110 新潮文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4101074011
     
    ── 尾崎 紅葉《金色夜叉 18970101-19020511 読売新聞》連載(未完)
    http://www.aozora.gr.jp/cards/000091/card522.html
     
    ── 尾崎 紅葉《金色夜叉 190103‥ 市村座》藤沢 浅二郎・台本/川上 音二郎一座
    ── 《女金色夜叉 19100601 M・パテー商会》歌舞伎座
    ── 尾崎 紅葉《金色夜叉 19110501 福宝堂 19120115 横田商会 19120811 吉沢商店》
    http://www.jmdb.ne.jp/cgi-bin/search.cgi?query=%8B%E0%90F%96%E9%8D%B3&whence=0&max=100&result=normal&sort=score
     
     尾崎 紅葉 作家 18680110 東京  19031030 35 /慶応 3.1216/籍=徳太郎
     Bertha M.Clay, 1836‥‥ America 1884‥‥ 48 /籍=en:Charlotte Mary Brame
    ── クレー《Weaker than a Woman 女より弱きもの ‥‥ America》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/
     
    (20120903)(20160124)
     

  • 許婚たる貫一を捨て、資産家のもとへ嫁ぐ宮。「今月今夜のこの月を、僕の涙で曇らせてみせる…」という熱海の別れは、誰知らぬ者なき名場面である。
    が、結局2人はどうなったのか?気になったので読んでみた。
    貫一は出奔し、高利貸の手代となる。そこまでは知っていた。意外だったのはその動機。金に負けたる貫一は自ら金の亡者となりて…的なイメージがあったのだが、実は全然そうではなくって、貫一は金貸しなんか大っ嫌いなのである。では、なぜ金貸しになったのか。貫一は、憎まれ、蔑まれながら人を破滅に追い込む苦しみを以って、宮に裏切られた苦しみを紛らわせんとしているのである。そしてふつうに考えればわかるように、それはあまり成功していない。気持ちはわからなくもないが、正直困った人だと思う。
    いっぽう宮は、別れて初めて貫一への思いに気づく。憧れた贅沢な暮らしにも倦み、夫には愛情のかけらも持たず、思うは寛一のことばかり…。やがて2人の運命はふたたび交錯する。
    さて昼ドラのような展開にしばし惹きこまれるものの、その後どうにももりあがらない。主役の2人に、何の意志もないからだ。過去から目を背けんとする男と、過去しか見ない女。ともに不如意な日々を送りながら、それに対して何もしようとしない。敵役であるはずの資産家も役者が不足。
    『モンテ・クリスト伯』のような熱い復讐劇を勝手に期待した私が悪かったのか?つまらないぞ!
    そして最後まで読んで愕然。なんと、この物語は未完なのだ…。道理で結末が知られていないわけである。だから本来評価のしようもないのだが、これ以上何か展開があったとしても、もう十分ダレている。
    とはいえ、万一未発表の続編が見つかったら、イソイソと読むだろう。やっぱり結末が知りたいのだ。

  • あれだね、これはラノベ。ナラティブに無駄が多くて、収拾がつかなくなっちゃうあたりも、無駄にセリフが長くて、描写が細かいのも。

    源氏物語はレディースコミックだし、金色夜叉はラノベだし。まあ、昔から人が好むものは対して変わっていないようだねー。

    熱海に行くので読んだけど、有名なところは話のはじめなんですね。しかし、貫一はお宮がブスだったら金貸しにはならなかっただろうな。お宮は自分のほしいものが何かをはっきりと認識できなかったことが罪かな。もし、お金が本当にほしいものだったら、ダイヤモンドに目がくらんで幸せになったろうにね~。

  • 文学史上に残る名著。
    宮と貫一の心情がよくあらわされていて、ぐっと惹きこまれた。

    特に、後半になるにつれての心理描写と勢いは、夢中になって次男のページを巡る原動力となった。

    背景にある金銭関係と愛情のどっちをとるかというようなことも面白かったし、やはり語りづがれる名著だと思う。

  • 面白かった!けど疲れた。なんだか今読んでよかったなぁと思う本でした。
    展開はベタで暑苦しくて、でもだからこそ読めたのだと思う。時代背景とか作品の背景とかもっと知っていたらもっと楽しめるんだろうな。
    でも自分はそういう読み方でなしに、貫一が純粋ででも頑なすぎでヤキモキしながら読んでいた。そして結局貫一は救われるのか、変われるのかが気になり続けてたってことはやっぱり貫一に感情移入していたと言うことなんだろう。
    物語は未完で終わってる。これからの展開は自分次第なのだろう。

  • 現代のメロドラマのよう。何度も舞台化されているというのもうなずける気がした。

    タイトル『金色夜叉』から勝手に怪傑黒頭巾とか鞍馬天狗とかもしくは怪人二十面相的なものを想像していたのだけど、金の亡者とか、そういう意味だったんですね。

  • 「何回読んでも難解な一大ロマン」
    雅俗折衷の文章で書かれる紅葉文学の結晶。
    金貸しには絶対に金を借りてはいけません。
    未完。

  • 熱海などを舞台とした作品です。

全60件中 1 - 25件を表示

金色夜叉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

金色夜叉 (新潮文庫)の-

金色夜叉 (新潮文庫)の-

ツイートする