李陵・山月記 (新潮文庫)

  • 2875人登録
  • 3.99評価
    • (453)
    • (300)
    • (417)
    • (16)
    • (5)
  • 385レビュー
著者 : 中島敦
  • 新潮社 (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101077017

李陵・山月記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 齋藤孝先生の本を読んだら、名作を声に出して読みたくなり、本棚から迷わず取り出した本書。
    「山月記」は高校時代に教科書で出会って衝撃を受けて以来、何度も読み返しています。
    声に出すことで、虎となった李徴の告白が己の身に迫って感じられました。
    特に「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」のくだりは、読むたびに傷口に塩をもみこまれたようなじんじんとした痛みを呼び起こすのです。

    子路の、素直で真っ直ぐな、自分に嘘をつかない生き方。
    司馬遷の、宮刑という恥に打ちのめされてもなお、歴史を綴り続ける姿。
    無駄のないシュッとした文章なのに、そこから溢れ出る人間の生き様に圧倒されます。
    生きる力が凝縮された1冊だと、改めて思いました。

  • 歴史小説の個人的な楽しみ方は、歴史的人物の表に出てこない一面を見つけるきっかけをつかむことだったりする。
    史実からは除けられてしまった、弱者(あるいは史実に残す側に立てなかった敗者)から見た歴史の真実が、物語の中になら隠されているんじゃないか、そう思うからだ。
    私が李陵から得たものは正にそれで、かの猛将に蘇武への劣等感があったかもしれないなんて、思いもよらなかった。
    拠る古典があるとはいえ、創作としての性質が多分にある以上、それを事実と見なすのはまずいことは分かっている。
    でも、人の心の複雑さを思えば、それもまた真実なのかもしれない。

    それにしても、子路の何て愛おしいことか。

  • あまりにも有名な山月記。
    教科書に載っていたので、深く学びました。

    人間の欲望は凄いと実感。

    他の作品も、素晴らしい。

  • 『山月記』は、言葉が鋭い爪、牙となって心に深く突き刺さります。偏屈、強情、怠慢、虚栄…。自分の醜い内面をまざまざと見せつけられました。
    猛獣と成り果てた李徴が、再会した旧友にまず自作の詩を書き取らせ、妻子の心配を後まわしにしたのが痛ましい。かろうじて残った人間の本質が徐々に侵されていく悲劇は、おのれと向き合い決して見失うな、という戒めなのでしょうか。
    最後に月を仰いで咆哮した彼の絶望が忘れられません。

  • 何度も読んで、物語の筋道はもちろん、幾箇所かの言葉遣いまで覚えているほどなのに、また読んでしまうのだから、きっとこういう本のことを「座右の書」というんでしょう。

    中島敦は戦時の混乱期にひどい喘息の発作を起こして死んでいる。享年33歳。喘息持ちだった僕は来年同じ年齢に到達する。なんだか妙な感慨。

    高校時代、国語の授業で初めて山月記を読んだ。先生が中島敦が喘息だったこと、体に良いようにと南洋パラオで官吏として勤めていたことを話してくれたと思う。

    喘息は、呼吸が苦しくなる病気だから、ちょっとした発作でも「死」の影みたいなものを感じる病気なんじゃないかと、今でも思う。戦時下の緊迫した社会情勢とも相俟って、この病を背負った中島敦の綴る文体は漢籍の高い素養を見せつけつつも、生への渇仰を隠さない切迫感と、それを全うした人への讃辞のような温かさが同居していると思う。

    「山月記」に出てくる「臆病なる自尊心と尊大なる羞恥心」というあの言葉は、友人たちの間で流行語のようになり、今でも酒の席でこの言葉を発せば、たちまちあの頃の教室の雰囲気が蘇るからすごい。究極の厨二病テイストかもしれないけれど……。

    あれから10年以上経って、李陵や弟子といった他の作品からもにじみ出る、ある種の「求道の人生」といった類いの話に胸を打たれるようになっているのも不思議だ。李陵に出てくる三人の主人公の誰に琴線が触れるかとか、年末の宴の席であらためて親友たちに聞いてみよう。

  • 袁傪が考えた,李徴の詩に欠けているものは一体何か,というのがよく問題にされる.それは,人間らしい心,愛,といったものであるという解説をときどき見かける.確かにそれらは李徴に欠けているものだ.しかし,それらがあるからといって,優れた詩が書けるわけではない.人格破綻者のような人間が素晴らしい芸術を生み出すという事例は枚挙に暇がない.やはり,李徴の詩に欠けていたものは,優れた詩を作りたいという純粋でひたむきな一念だったのではないか.李徴の詩作の動機は,虚栄心としかいいようがないものであった.そこに人生の一つの地獄があるのであり,それ故にこそ,私はこの作品に深く共感するのだ.

  • 「名人伝」、いいと思います!
    李陵はむずかったなぁ()´д`()

  • 教科書で読んだ山月記を思い出して読みたくなるという、ありふれたきっかけで読んだ。

    文体等を細かく評価できるような審美眼は持ち合わせていないが、静謐で無駄がない文章であったように思う。しかしその内容は、決して軽くない。

    過剰な表現で感動を押しつけてくるような作品群と正反対に、頭に入った文字や文が自分の中から心を動かしてくるような感覚を覚えた。紛れもない名作中の名作。

  • 【33歳で亡くなった作家中島敦の中短編集。内なる欲望を主題としたいずれも名品】
    本書には「山月記」、「名人伝」、「弟子」、「李陵」の四編を収録、どの作品も素晴らしい。山月記のみは高校の教科書で既読。虎になるというよく分からぬ作品という印象。今改めて読むとこれぞ名作といった感が強い。誰もが内に秘めた夢を実現したい欲求、周囲に承認されたい欲求、失敗を恐れる恐怖感。そして過去に対する後悔。これらを見事に人間か虎になってしまうという寓話に仕立てている。人が持つ獣性、道徳という皮一枚の奥に潜む本性である。
    弓の名人が、修行の末に弓の存在すら忘れてしまう「名人伝」、孔子の弟子、暴れん坊の子路の生涯を描いた「弟子」、そして漢の武帝により匈奴征伐に派遣され捕虜となる李陵と李陵をかばったため宮刑に処される司馬遷を描いた「李陵」も素晴らしい。
    「李陵」を読むと「山月記」の描かんととしたテーマがよく分かる。辱しめを受けながら、生きる男といったところか。
    平穏な日常。だがそれはほんのうわべだけ。薄皮が剥けるとそこは獣の世界。通り魔事件なんかもそうだし、マンガ「寄生獣」もそのような主題だろう。
    中島敦はそんな主題を見事に作品に紡ぎあげた。
    山月記を教科書に載せた方も素晴らしいと思う。

  • 山月記も名人伝も弟子も皆おもしろい!ただ李陵だけは北方謙三版・史記とは少し違った展開に少々驚いた。李陵の運命の苛酷さは涙なしには読めない。

全385件中 1 - 10件を表示

中島敦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

李陵・山月記 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

李陵・山月記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

李陵・山月記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

李陵・山月記 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

李陵・山月記 (新潮文庫)の作品紹介

中島敦は、幼時よりの漢学の教養と広範な読書から得た独自な近代的憂愁を加味して、知識人の宿命、孤独を唱えた作家で、三十四歳で歿した。彼の不幸な作家生活は太平洋戦争のさなかに重なり、疑惑と恐怖に陥った自我は、古伝説や歴史に人間関係の諸相を物語化しつつ、異常な緊張感をもって芸術の高貴性を現出させた。本書は中国の古典に取材した表題作ほか『名人伝』『弟子』を収録。

李陵・山月記 (新潮文庫)の文庫

李陵・山月記 (新潮文庫)のKindle版

李陵・山月記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする