冬の旅 (新潮文庫)

  • 287人登録
  • 4.01評価
    • (30)
    • (37)
    • (29)
    • (0)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 立原正秋
  • 新潮社 (1973年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (637ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101095028

冬の旅 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20101023 厳しさの先に寛容があるのでは?生きていてほしい。

  • 高校生の時に読み、すごい衝撃をうけた小説。人生のうちに一度は読んでおきたい本。

  •  学生時代に読んだ時、主人公行助のように凛とした生き方をしてみたいと思った。たとえそれがかなわないとしても…。
     今、読み返してみる。このような孤高な生き方ができるのは若いからだ、と思うようになった。むしろ、愚かにも身を持ち崩していく修一郎の心の闇に興味が湧く。
     そして、もしも、行助が順調に年齢を重ねていたならば、こんな凛とした生き方を本当にずっと貫けたのだろうか…。

     なんと意地悪な読み手になってしまったのかと自己嫌悪に陥ってしまう。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB04717835

  • 暗く重い話。主人公、できすぎでしょ!!!!
    で、最後の結末はあんまりすぎる。
    人の真理を描く本。

  • 宇野行助は、義兄の修一郎が母の澄江を陵辱しようとしている現場に遭遇し、修一郎とも見合いになった結果、彼に包丁を突き立ててしまいます。しかし行助は取調べに対して、修一郎が母を犯そうとしていたことを明かさず、ただ修一郎が母を「女中」と罵ったことで彼を刺したのだと主張します。

    少年院に送られた行助は、安坂宏一のような良い仲間と知り合い、模範的な院生として毎日を過ごし、ようやく出所する日がやってきます。彼は、出所後ふたたび家族とともに暮らしていたのでは、以前と同じような問題が起こるのではないかと懸念しますが、実の子である修一郎以上に行助に目をかける義父の宇野理一は、行助の願いを退け、修一郎を祖父母のもとに追い出して、行助を自分のもとに引き取ります。

    一方、父・理一から疎んじられ、行助にコンプレックスを抱いている修一郎は、理一たち3人をなきものにしようと、ナイフを手にして夜中に襲撃をおこないます。理一は修一郎に刺され、そこに駆けつけた行助は、修一郎にふたたび刃物を振るってしまいます。

    こうして行助はまたしても少年院送致となります。みずからの身を律する行助の心はいっそう強まり、理一と澄江も、そんな行助の希望に応じて、彼の籍を移すことになります。しかし、出所を目前にして、行助は破傷風にかかってしまい、自分の数奇な運命を思いつつ、安らかに眠りに就きます。

    分かりやすいストーリーでおもしろく読むことができましたが、やや唐突な幕切れになっているのが気になります。行助のあまりに頑なな倫理観に、今ひとついま一つついていけないまま、物語が終わってしまった印象があります。

  • 戦後の食うものがない時代や少年期のひもじいときの立原自身を思い起こさせる「鳥をまるごと一羽食う」という行為が、多摩少年院にいる行助が社長である義父が探し求めてきた好物のローストチキンを面会室で丸ごとむしって食べているところにふわりとかぶって、ああ立原はこの少年にここのシーンでどうしても鳥をまるごと一匹食べさせなければならなかったのだなあ、と思った。倫理的で真面目で聡明で明るい、つよくやさしいこの少年の心のうちに潜む、描かれなかったひもじさと孤独と冷たい暗さをあの談笑のシーンから見た気がした。

  • 昭和48年発行だけど全く古さを感じない。
    自然に世界に入れた。どの時代もみんな必死でいきてるんだ。

  • とてもよい本。食い入るように読んだ本は久しぶり。
    倫理そのもの、という表現がまさに。達観というか俯瞰というか。当事者であるはずなのにどうしてそこまで律することが出来たのか。憤りや焦燥や、そういう感情を、そういうものだと自分の中に着地させていて、委ねるようにおさえることができる、というか…。稀有な人だな。同時に悲しい。
    修一郎まじでクソみたいなやつだと思ってたけど読み進めるうちになんだか悪いやつではないと思えるようになった、のは単純接触効果かな。どうしようもないやつほど諦めと同時に愛着がわく。のか。まあ結局どうしようもないけど。
    ラストばたばたと召されたから驚いた。エエーッ!って。そんなラスト!?って。

  • 冷静さと人間味を併せ持つ屈折した性格の主人公行助は少年院という社会の縮図を通して人生に対する省察を深めていく。もともと勁い性格であった行祐は二度の少年院生活を経て母の手すら届かないもはや動かしがたい一個の勁い人格へと変貌していく。人間の尊厳とは何か、人間の宿命とは何かについて深く考えさせられる一冊である。

全36件中 1 - 10件を表示

立原正秋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
三島 由紀夫
村上 春樹
フランツ・カフカ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

冬の旅 (新潮文庫)に関連するまとめ

冬の旅 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冬の旅 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

冬の旅 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする