春の鐘 (下巻) (新潮文庫)

  • 44人登録
  • 3.81評価
    • (4)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 立原正秋
  • 新潮社 (1983年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101095165

春の鐘 (下巻) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  1983年(単行本1978年)刊行。

     身も蓋もないが、端的に不倫小説なので、女性が読むと嫌悪感や男性の身勝手さを詰りたくなるかもしれない。
     また、都会人範子の肉欲塗れの生活と、鳴海ら2人の愛に溢れる隠遁生活との対比が、余りに単純なステレオタイプのようにも思えなくはない。
     ただ、奈良の風景・神社仏閣の美しさを描写する作品は他には余りないし、また、夫婦の枠が崩壊している中で、配偶者によるリアルな縛りが妥当性を失っている以上、不倫=純愛の構図を美しく描きうるかも。

     映画でのヒロインは、若かりし古手川祐子。清楚だったなぁ。

  • 天野がストーカーとなって多恵の前に現われたり、範子が鳴海と多恵のもとに押しかけてきたりしますが、鳴海も多恵も、もはや後戻りすることはできません。2人はともに韓国旅行へ出かけることになります。

    やがて2人は美術館を辞し、秋篠寺近くの家でいっしょに生活を始めます。そこへふたたび、範子がやってくることになります。鳴海との夫婦生活が完全に終わったことを知った彼女は刃物沙汰に及びますが、それによって彼らの運命が大きく変わることはなく、それぞれが運命を引き受けて生きていくことになります。

    多恵の人物造型と範子の運命に、ややご都合主義的な臭いを感じてしまい、そのために本作をエンターテインメント小説以上のものとみなすことを阻んでいるように感じました。もっとも、そういうものと割り切れば、おもしろく読めると思います。

  • (上下巻を通じての感想です)
    古い日本のものが現代に息づいている、立原正秋ワールドを楽しめました。除夜の鐘を聴くシーンと、それに関連する和歌が良かったです。

  • 奈良などを舞台とした作品です。

全4件中 1 - 4件を表示

立原正秋の作品

春の鐘 (下巻) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

春の鐘 (下巻) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春の鐘 (下巻) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

春の鐘 (下巻) (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする