ボッコちゃん (新潮文庫)

  • 6689人登録
  • 3.93評価
    • (880)
    • (741)
    • (971)
    • (40)
    • (5)
  • 677レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1971年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098012

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
宮部 みゆき
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

ボッコちゃん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • すごく面白かった。

    短編集だからすぐ読めるし,ひとつひとつ内容もしっかりしていてヒヤッとさせられる。

    星新一の作品はこれが初めてだが,この本でお腹いっぱいになる(笑)

    でも,1000を超える作品を全て見たくなる。

    表題の落とし方もびっくりしたし,『欲望の城』のような頭のかたい自分には?ってなるような題もそれはそれで面白かった。

    Science Fictionのジャンルではあるが,どことなく現実味を帯びている点も興味深くて恐ろしい。

  • 読んだのは、何10年も前。ショートショートの元祖。長編の苦手な人に。あまり読書しない人が読み始めに。私は、星新一を手始めに長編小説の道に入りました。

  • 原子力問題、官僚の不祥事隠し、ホームレスの問題、等々…解決しなければいけないことがたくさんある世の中。たまには、何もかも捨てたくなる時もある。
    しかし、それはいつか自分に返ってくるよってことだろうか。
    星さんは先見の明があったのだろう。すごい。
    本当に発想が素晴らしい作品ばかりだった。

  • 初めてショートショートを読みました。 文章が簡潔でとても読みやすかったです。 ストーリーはミステリーやSFなどがあり、落ちもよく考えられています。
    ショートショートの特性か、感情の抑揚は少ないので、引き込まれることがなく、読むのに時間がかかりました。
    ただ文章の構成や、まとめ方など物語を作る勉強になると感じました。
    いい本です。

  • 以前読んだアンソロで「おーい、でてこーい」が紹介されていて、それが読みたくて手に取りました。この本、昔読んだことあるような気がするのですが、さっぱり忘れていたので初めて読む気持ちで楽しみました。面白かったり、怖かったり、不思議だったり、切なかったり、いろんなタイプのショートショートの詰め合わせで、至福の読書タイム堪能できました。星新一、天才だなぁ。
    お気に入りTOP3は「親善キッス」「生活維持省」「月の光」です。

  • 星新一珠玉のショートショート集。私が作者の作品に出会ったのは中学校の教科書だった。そこに収められていた「友好使節」が私を星作品の虜にした。
    その作品は第2集の『ようこそ地球さん』に収録されているが、本書は作者が選出した物が収められているだけあって外れ無し。
    現在を予見した内容と風刺に満ちている。敢えてお勧めは挙げないが読んで損なしの1冊です。

  • 大好き。ブラックユーモア愛しすぎてる笑
    どうやったら、こんなことが思いつくのか疑問に思ってた。星新一ほんといいわー
    借りて読んだだけで断片的にしか内容を覚えていないなー何処かのタイミングで手に入れたいと思ってる。

  • ショートショートなので、1話が凄く短いため子供の塾のお迎えの待ち時間に読んでいました。通勤、通学のお供や寝る前に1話ずつ読む・・・など、忙しくまとめて読書時間が取れない方にもおすすめできる本です。

    何が驚くって、この本が1971年に出版されてるってこと。 古びた感じも全く感じさせず、今もなお多くの人を魅了する理由が分かります。SFショートショートの巨匠と言われる所以が分かります。

    ブログにて詳しいレビューしています。
    http://egaodekurasu.jugem.jp/?eid=991

  • 短編50編。どれもこれもすっと読めるくらい短いのにひとつひとつがおもしろい。すごいと思った。

  • 【本の内容】
    スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群! 日本SFのパイオニア星新一のショートショート集。

    表題作品をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ」「不眠症」「ねらわれた星」「冬の蝶」「鏡」「親善キッス」「マネー・エイジ」「ゆきとどいた生活」「よごれている本」など、とても楽しく、ちょっぴりスリリングな自選50編。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    「おーい でてこーい」(『ボッコちゃん』所収)を初めて読んだのは、「毎日中学生新聞」の日曜日のマンガでだったと思います。

    その後、ラジオドラマでも聞いて、高校時代の友達にも聞いて、浪人時代に、新潮文庫の黄緑の背中のシリーズを全部買って読みました。

    ノックの音がして、誰かが訪れるという設定で、こんなにたくさんの物語を生みだせる発想に、驚嘆しました。

    星新一さんのショートショートのシリーズは、僕には衝撃的でした。

    僕が、学生時代、生協の本屋さんで、星新一さんの黄緑の新潮文庫が、一面に並んでいるのを見て、憧れていました。

    21歳の時、銀座の文壇バーで、生・星新一さんと一緒になりました。

    山藤章二さんに三島由紀夫論を熱く語られていました。

    僕の博報堂の入社試験の作文は、「ノックの音がした」で書き始めて、星新一文体で書きました。

    僕の小説のDNAだけでなく、量で頑張ろうというモチベーションをいただきました。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 表題作のボッコちゃんが一番好き。

  • 50編の短編小説集。オチが読めるのもあったが、読めないときのじわじわ感がじわじわして良いじわじわでした。とりあえず仕事中。

  • 実は星新一はじめて。筒井康隆短編からおどろおどろしさを抜いた感じって思った。んで、解説が筒井康隆だけど、いままでの星さんのライトな文体から解説に移ったとたん重くなるこの感覚すごい。筒井さんの重さすごいし、星さんの軽さすごい。

  • 世紀の大発明が、ロボットが、宇宙人が、博士が、助手が
    織りなす 「スコシ・フシギ」なSFショートショート。

  • 生活維持省を読んではじめてディストピアという世界観を知った。晴れてるのに切ない感じがした。

  • やっぱ星新一最高ですね。
    このショートショートは癖になります。
    近未来か、はたまた原始時代か。
    笑いとユーモアと皮肉を含んだ一冊。

  • 「有名だからとりあえず読んでおこう」という感じで手に取った。有名な作品は難しい。読みづらい。そんなイメージがあったけど、この本は面白いし読みやすかった(笑)ここからどんなオチになるんだろう??と、短い話だが毎回ワクワクしながら読めた。これは何年後に読んでも楽しめるだろうなぁ*星新一さんの他の本もチェックしてみようと思う。

  • シュール。
    一寸ダークで笑える短編集。

    一つ一つに予想外なオチがあって凄い。
    こんな発想を思い付くなんて羨ましい。

    初SFだったので、
    これからは色々読んでみたい。

  • 星新一は読み過ぎてどの本にどの話が入ってるのか把握しにくいぜ。

    ボッコちゃんは授業で使わせてもらいました。
    簡単に落ちがわかる話じゃなくて、ちょっと考えて「!」ってなる話がショートショートならではの面白さだと思います。
    手軽に読めるから、本が苦手な人も是非ちょっと手に取ってみてほしい。学校にも入れてもらったよ。

  • 小学校を卒業した年、友達が持っていたこの本を
    借りて、そのあまりの面白さに10円で譲ってもらった1冊。
    なんで10円だったのか、未だに謎ですけども。

    でも本当に一つ一つ読むたびに『星新一』の世界に引き込まれて、
    世の中を見る目が少し変わった気がするくらい。

    それぐらい衝撃的な出会いでした。

    おそらく、その語後のショートショートはほぼ全て読んだと思いますが、やっぱり一番好きなのは最初の1冊です。

    特に表題作の「ボッコちゃん」。
    ボッコちゃんの雰囲気が…たまらなく好きです。
    しばらくあの口調マネしましたからね(笑)

  • ショートショートを見ていろいろ勉強しようと思って挑戦


    読むほどに、星新一さんの発想力に舌をまく


    宇宙人が卵型のカプセルを置いていく話は


    小学校の時に国語の教科書で読んだ記憶がある。


    良作。

  • おーい、出てこーい がほんとに怖い。この先を想像させるところが怖い( ゚д゚)

  • 初めて星新一さんの小説を読んだ。独特な世界観、と一言で表すには大変恐縮なのですがやはりそれが真っ先に頭に浮かんだイメージでした。ですが、ただ独特なだけでなくそこには緻密だと気づかないほど緻密なトリックが隠されているのです。そこに私たちは魅了され、惹かれていくのでしょう。

全677件中 1 - 25件を表示

ボッコちゃん (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ボッコちゃん (新潮文庫)に関連するまとめ

ボッコちゃん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボッコちゃん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボッコちゃん (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボッコちゃん (新潮文庫)のKindle版

ボッコちゃん (新潮文庫)の単行本

ツイートする