ボッコちゃん (新潮文庫)

  • 6822人登録
  • 3.93評価
    • (889)
    • (748)
    • (979)
    • (39)
    • (5)
  • 686レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1971年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098012

ボッコちゃん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これだけの短さの小説に、きちんと小説としてのおもしろさと、問題提起、疑問の投げかけ、オチをつけた上での余韻、全部きっちり詰め込まれてて他では味わえない星新一の才能だと感じる。ハードボイルド文体で登場人物全てがロボットなんじゃないかと、思えてくるところもこの人の味かな…

  • すごく面白かった。

    短編集だからすぐ読めるし,ひとつひとつ内容もしっかりしていてヒヤッとさせられる。

    星新一の作品はこれが初めてだが,この本でお腹いっぱいになる(笑)

    でも,1000を超える作品を全て見たくなる。

    表題の落とし方もびっくりしたし,『欲望の城』のような頭のかたい自分には?ってなるような題もそれはそれで面白かった。

    Science Fictionのジャンルではあるが,どことなく現実味を帯びている点も興味深くて恐ろしい。

  • 読んだのは、何10年も前。ショートショートの元祖。長編の苦手な人に。あまり読書しない人が読み始めに。私は、星新一を手始めに長編小説の道に入りました。

  • 原子力問題、官僚の不祥事隠し、ホームレスの問題、等々…解決しなければいけないことがたくさんある世の中。たまには、何もかも捨てたくなる時もある。
    しかし、それはいつか自分に返ってくるよってことだろうか。
    星さんは先見の明があったのだろう。すごい。
    本当に発想が素晴らしい作品ばかりだった。

  • 星新一入門として読んだ。

    2ページ〜10ページ程度のオムニバスショート(いわゆるショートショート)で構成される本書。
    その一つ一つが示唆に富み、また読み物として単純に面白い。

    まだまだ星の数ほどある星氏のショートショート、人生の赦す限り読んでみたい。

  • 子供のとき以来久しぶりに星氏のショートショートを読んだ。なんともいえない透明感のある世界、最後の数行での種明かし等を堪能できる50作を収納している。

    SFもの作品、ブラックユーモアを感じさせるが多く、現在読んでも全く古さを感じさせない不思議な作品と思った。

  • 初めて買った文庫本、おーいでてこいが中学の教科書に載っていたので

  • 星新一の傑作選ショートショート。

    『おーいでてこーい』は昔から話に聞いて知っていたけれど、他のものを読んだことがなかったので読んでみました。

    "意味がわかるとこわい話"とか"世にも奇妙な物語"みたいな。
    きっとそれらの元祖がこの星新一ショートショートなのかも?

    電車の中で立ってる間のちょっとだけ・・・と読み始めたら、一篇3分くらいで読み終えるものもあって、どんどん読めてしまうし、なにより起承転結が早くて面白い。そのうえミステリーも、サスペンスも、ファンタジーも、SFも、コメディも、全部詰まってる。
    それでいて何年も前に書かれたものなのに、どれも現代に通じる風刺のよう。

    書かれている物語には、宇宙、博士の研究、富豪、金庫、泥棒、殺し屋、エヌ氏が何回も出てきて、似た設定なのに、全て異なる物語だし全く違う味がするのがすごい。
    人間を揶揄した物語は、時に優しく、時に残酷的。

    『月の光』(富豪が飼う、美しい混血の「ペット」は、富豪からしか餌を食べない。幻想的で切ない話)と、
    『愛用の時計』(男が一目惚れして購入し、何よりも大切にしていた時計が、ある日突然故障して、乗るはずのバスに乗り遅れてしまった話)
    上記2作品が特に好きでした。

  • ショートショートを見ていろいろ勉強しようと思って挑戦


    読むほどに、星新一さんの発想力に舌をまく


    宇宙人が卵型のカプセルを置いていく話は


    小学校の時に国語の教科書で読んだ記憶がある。


    良作。

  • 初めて星新一さんの小説を読んだ。独特な世界観、と一言で表すには大変恐縮なのですがやはりそれが真っ先に頭に浮かんだイメージでした。ですが、ただ独特なだけでなくそこには緻密だと気づかないほど緻密なトリックが隠されているのです。そこに私たちは魅了され、惹かれていくのでしょう。

全686件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
安部 公房
綿矢 りさ
村上 春樹
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

ボッコちゃん (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ボッコちゃん (新潮文庫)に関連するまとめ

ボッコちゃん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボッコちゃん (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボッコちゃん (新潮文庫)のKindle版

ボッコちゃん (新潮文庫)の単行本

ツイートする