マイ国家 (新潮文庫)

  • 1643人登録
  • 3.69評価
    • (107)
    • (161)
    • (250)
    • (8)
    • (2)
  • 94レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1976年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098081

マイ国家 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お友達のご紹介で読んでみた、星新一。
    これはいい。愉快。
    読書嫌いに、ショートショートのこの文章量はたいへんありがたい。
    けれど、短い中に、素敵に、上手く、かつ強烈に、秘められている毒、それがたまらない。
    このアイロニー、いいよ!! 大好き!

  • ショートショートですので、どれもこれも簡単に読めます。ショートショート好きにはたまらない。

  • 星新一のショート・ショートという病気にかかったのは『きまぐれロボット』を読んだ頃だったけれど、この本を読んで、病状が悪化した気がする。
    SF、つまりは架空の話なんだけど、時々「ギクッ」とさせられる。
    私はよく「現実がSFに追いついた」という表現を使うけれど、星新一の作品は、「現実とSFが並んで走ってる」という感じがする。
    ちなみに、今回一番印象に残っているのは、「国家機密」。
    オチのしてやられた感がたまらない。

  • 「服を着たゾウ」は秀逸なお話。

  • やはりこれは表題作でしょう。最近どこかで似たような話を読みましたがこれが元祖です。朴訥とした表紙に反して内容は一種の狂人話です。

  • 独自の屁理屈的な思考で国家を築き上げようとしているこの本の最後のマイ国家が一番お勧めです!!

  • いつ以来の星新一か…
    こんなにもユーモアに溢れ、考えさせられ、クスッと笑い、ゾクッとし…
    息子に借りた本だけど、読んで良かった。
    好きな話は、
    いいわけ幸兵衛
    応接室
    調整
    国家機密
    ひそかなたのしみ
    服を着たゾウ
    など。
    どれも面白かった。

  • 読みやすかった。でも、なんか頭の片隅に残るダークさがあった。軽いけど、思い出す。って感じ。

  • どちらかというと「ボッコちゃん」の方が締まりの良い作品が多くて好きだったかも。ただ、こちらの方が変に訓戒染みた作品が少ないので、好みが分かれるかもしれない。特に「友情の杯」が好きだった。友か敵か、信頼か猜疑か。たった2〜3ページで展開されるこの題材は何百枚にも広げられるだろうなぁ。「いいわけ幸兵衛」も印象に残る。

  • 私の中で夏の訪れを告げる星さんの特装版。
    夏が来ました2016。

    藤子不二雄と星新一の見えている未来はとてもよく似てる。からこんな未来が来るんだろうきっと。
    ドラえもんが希望の象徴なら、星新一は警鐘の礎で、どちらも持っていたいと思う。

全94件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マイ国家 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

マイ国家 (新潮文庫)に関連するまとめ

マイ国家 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マイ国家 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マイ国家 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マイ国家 (新潮文庫)の作品紹介

マイホームを"マイ国家"として独立宣言した男がいた。訪れた銀行外勤係は、不法侵入・スパイ容疑で、たちまち逮捕。犯罪か?狂気か?-世間の常識や通念を、新鮮奇抜な発想でくつがえし、一見平和な文明社会にひそむ恐怖と幻想を、冴えた皮肉とユーモアでとらえたショートショート31編。卓抜なアイディアとプロットを縦横に織りなして、夢の飛翔へと誘う魔法のカーペット。

マイ国家 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする