妖精配給会社 (新潮文庫)

  • 1090人登録
  • 3.68評価
    • (76)
    • (87)
    • (172)
    • (6)
    • (0)
  • 44レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1976年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098098

妖精配給会社 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【見えなくても、確かにあるもの】

    僕らには見えないものがある。
    たとえば、細菌などは肉眼で見て取る事はできない。

    僕らには聞こえないものがある。
    犬や鳥だけが感じられる音がこの日常には溢れている。

    僕らには見る事が許されてない、花や、星や、生き物などが沢山あるんだろう。

    そのあるけど見えないものに実は僕らは大きな影響を受けて生きているのかもしれない。

    星さんの本には見えない星がぎゅうぎゅうに詰め込まれている。

    見えなくても、確かに感じられるはずだ。

  • ただのファンタシーじゃ終わらない

  • 私はわりと読んだ短編を忘れてしまうたちなんだけど星新一は目次見るだけでわりとどれがどの話か思い出せる。そういうわけでわかりやすくて覚えやすい話が多いということなんだろうか。
    好きな話は「ひとつの装置」と「分工場」ということにしてたんだけどこう見返してると心にざくざく刺さってるのがまだまだいっぱいあるのがわかる。
    そうだそうだ「三角関係」と「逃走」が衝撃だったもんだった。前者は寂しさのあまり無意識にひとりで昼ドラやる話(クソネタバレ)、後者は自分の狂気を主張し続ける狂人の話(クソネタバレ)。厨二病が持病なもんで狂気と死にとらわれててしょうがねえな…あと「友だち」も好きだった。

  • とても読みやすい洗練された文章。
    通勤時間でさっくりと読める。
    妖精や宇宙人など、星新一ならではのありえない設定が出てくるが、登場する人間は普通の人間そのもの。
    これが何十年も前の作品なのだから、人間って変わらないんだなぁ。

  • どの話も少し現実場離れした世界が舞台だが、そうした舞台で繰り広げられる話がどこか現実にも繋がっている部分があってドキッとさせられる。
    「ひとつの装置」「週末の日」がお気に入り。
    星さんのショートショートは軽快な文体で微妙な後味の悪さがあるのが好きだなと思う。結末を読むと「あーあそうなっちゃうか」と思うと同時に、どこかにやっとするような気持ちになる。

  • (表題作)他にも聾唖者とか沢山いるだろうに……とは思っても、そう言う一部の人達の声は、あの大きなムーブメントの中ではかき消されてしまうのだろうな。

  • 『妖精配給会社』『ひとつの装置』『銀色のボンベ』『分工場』『終末の日』がお気に入り。

    試験の合間に『おみやげを持って』を読んでしまったのが、今でも印象に残ってる。

  • (短いので忘れてるってこともあるが)何度でも楽しんで読める。『ひとつの装置』がベスト。

  • 星新一さんのショートショート集。
    元々は早川書房から1960年代に出版された本。当時の世相を色濃く反映しつつも平成の今にも通用する上質なSF集。

  • 力強さが凝縮されている、無駄の無い、これ以上短く出来そうも無い短い文章の極み。

全44件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

妖精配給会社 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

妖精配給会社 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

妖精配給会社 (新潮文庫)の文庫

妖精配給会社 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする