午後の恐竜 (新潮文庫)

  • 1132人登録
  • 3.80評価
    • (114)
    • (97)
    • (178)
    • (4)
    • (2)
  • 89レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1977年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098111

午後の恐竜 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「午後の紅茶」を思わせるのどかな題名と表紙絵だが、表題作の最後に明かされるオチは戦慄の一言。傑作。

  • H29.05.23 読了。

    たまたま古本で発見。今まで図書館でも見たことがなかった星新一さんの作品なので購入。
    が、後に図書館で発見。

    結構「死」とか、怖い言葉が入っているのが気になった。星新一さんと言えば、ティーンでも読めるのが良いところだと思うんだけれども、この作品はちょっと大人向けなのかな?

    表題の「午後の恐竜」も、最後は映画みたいな結末で、もっとほのぼのしている話と思っていたので、なんだか読み終わったら嫌な気分になった。

    が、また忘れた頃に読んでみたいな、と思えたので、何気に楽しんで読めたのかもしれない。

  • 皮肉、アイロニー、そして、その根底にある醒めた目線。SFのみならず、寓話的な物語で展開される著者流世界観を感得できる短編11本。特に「契約時代」には苦笑を禁じえない。なお、底本1968年刊行。

  • 表題作が面白い。

  • 作者の作品の中ではかなりの佳作の部類ではないでしょうか。ブラックユーモアが効いており、オチもよい。
    たまに無性に読みたくなる作者のショートショートだが、この作品読んだことあるような…と思わせるくらいに似たものもありそう。
    重い作品を読む合間の息抜きにオススメ。

  • タイトルにもなってる午後の恐竜が一番わくわくして面白かった。え、おわり??ってやつもいっぱいあって最初は考察とか探してみたりしたけど、ただ面白いだけの話もあるのであまり考えずに読んでいいかも。ハッピーな話は少ないので連続で読んでるとなんだかモヤモヤ、ゾッとするような不安感に包まれてくるけどそれがまたいい、星新一ワールド。

  • 辛口のショートショートがくせになります。

  • ブラック。

  • やっぱりこの矛盾とか人類の発展が揶揄されてる感じが独特でイイネ!

    ストーリー
    然出現した巨大な恐竜の群れ。蜃気楼か?集団幻覚か?それとも立体テレビの放映でも始まったのか?―地球の運命をシニカルに描く表題作。ティーチング・マシンになった教育ママ、体中に極彩色の模様ができた前衛芸術家、核爆弾になった大臣―偏執と狂気の世界をユーモラスに描く『狂的体質』。ほかに、『戦う人』『契約時代』『理想的販売法』『幸運のベル』など全11編。

  • この話だけで映画作れるんじゃないかなと思うような発想を惜しげもなくショートにしてしまうのが贅沢.

全89件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

午後の恐竜 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

午後の恐竜 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

午後の恐竜 (新潮文庫)の作品紹介

現代社会に突然出現した巨大な恐竜の群れ。蜃気楼か?集団幻覚か?それとも立体テレビの放映でも始まったのか?-地球の運命をシニカルに描く表題作。ティーチング・マシンになった教育ママ、体中に極彩色の模様ができた前衛芸術家、核爆弾になった大臣-偏執と狂気の世界をユーモラスに描く『狂的体質』。ほかに、『戦う人』『契約時代』『理想的販売法』『幸運のベル』など全11編。

午後の恐竜 (新潮文庫)の文庫

午後の恐竜 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする