妄想銀行 (新潮文庫)

  • 2026人登録
  • 3.70評価
    • (163)
    • (210)
    • (369)
    • (9)
    • (0)
  • 126レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1978年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098142

妄想銀行 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先日、星新一作品がドラマ化されていたので久しぶりに。壇蜜さんも好きらしい。

    「古風な愛」が好きですね。

  • この古さでこの現代性は驚異。具体性の肉を付け過ぎないフレームワークのような文章がこちらの「古さレーダー」を素通りしてしまう。そしてまた、情報効率を追求したファストフードのようなスタイルも、頭の回転ばかり加速する現代の短気な客層を狙いうちしたかのようだ。

  • 星新一のショートショート集。
    NHKの放送していたショートショートのアニメで星新一を初めて知ったが、著作を読むのは初めて。

    短編・長編の普通の小説では一つのテーマに沿って物語が進んでいくが、ショートショートでは物語は骨格のみで、アイデア、発想が羅列されていく感じ。
    そのどれもが、魅力的。
    あるものは皮肉に富み、あるものはその発想力のすごさに驚かされる。
    ユーモア、ジョーク、SFも含まれる。

    ちょっとした時間で読めるし、自分の発想力を奮起させるのに最適。

  • 古風な愛という作品が好き。

  • 一つ一つがすごく短いのでとても読みやすい。内容はシュールというか、ブラックなのが多めかな。でも、今から30年以上前に書かれたと思うとびっくりする。星新一さんって頭よかったんだなって。

  • オイラの星新一ショートショートランキング第1位の「鍵」が入ってるだけで、この本は読む価値がある。
    他の作品も面白いが、なんといっても「鍵」!これに尽きる。

  • とても面白かったことは覚えている。中には数度読み返したことのある物語もある。
    それなのに、全く思い出せない。全くだ。
    手に取り、最初の一行を読むとぶわりと蘇る。

    狐につままれたような気分で、再び星氏の世界に入っていく。なんと贅沢な。

  • 初めての星新一。初めてのショートショート。表題作に関わらず、ショートSFは、妄想の産物ではなかろうかと。ifの世界。ファンタジーと言うよりも、ストーリーそのものの面白さを端的に味わえる。「信念」「半人前」 「美味の秘密」「陰謀団ミダス」が味わい深い。

  • 安定のショートショート集。このクオリティで量産し続けた作者の力量に驚く。
    とはいえ、やはり出来不出来はあるが、本書はかなりの粒ぞろいではないだろうか。
    また次の作品を求めたくなる。そして、いつかすべての作品を読破したい。

  • ≪いつまでも読まれ,読み継がれる超短編≫

    「さまよう犬」「鍵」「古風な愛」「遭難」「声」「人間的」が好き.

全126件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

妄想銀行 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

妄想銀行 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

妄想銀行 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

妄想銀行 (新潮文庫)の文庫

妄想銀行 (新潮文庫)の新書

妄想銀行 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする