おせっかいな神々 (新潮文庫)

  • 1504人登録
  • 3.50評価
    • (92)
    • (113)
    • (345)
    • (13)
    • (1)
  • 73レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1979年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098180

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おせっかいな神々 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 懐かしいです。

    中学生の頃、読んだんじゃなかったかな。
    確かこれが、私の「初星新一」でした。

    私はこの中の「隊員たち」という話に出てくるペットの名前「キッピちゃん」がインパクト強すぎてどうしても忘れられず、ゲームのプレイヤー名にしたり、子供たちを意味なくその名前で読んだりと使わせてもらっていました。

    他にもマスコットの話とか、サービスとか、「あー、読んだな~これ」と思い出す作品いっぱいでした。

  • 「夜の召使い」が面白かったかな。タイトルとは関係なく神様ばかりの話ではありません。

  • 最後にぞっとするような、残酷な、でも神様ってこんな風に自由奔放で無慈悲なんだろうなって。面白かったです。

  • こんなにショートショートが詰まってこんな破格なお値段で買えるだなんて。
    あまり長い時間本読むのが苦手、そういう人にとっても星先生の本は優しいですね。

    「出来心」、「古代の秘法」、「死の舞台」、「税金ぎらい」、「夜の事件」、「効果」あたりが特に好きです。

    何回も読み返して何回も騙されたい。そんなお話が詰まってました。

  • 読んでいる途中。現段階で印象に残っている話は「マスコット」。金貨を買ってキーホルダーにして常に持ち歩きたいレベルで好きな話。

  • 『現代の美談』『『奇妙な旅行』『古代の秘法』『保護色』『箱』『四日間の出来事』『午後の出来事』がお気に入り。

    『箱』何かと人生を共に歩むことで、人生はゆっくり進んで、色付いたものになり、最期のときも満ち足りた気分に浸れるのかもしれないと感じた。

  • 星新一さんの世界がつまっています。

  • 星新一の世界がこの本の中に!

  • 読書録「おせっかいな神々」3

    著者 星新一
    出版 新潮社

    P92より引用
    “例によって高い値段をつけ、売りつけてし
    まったのだ。どうも妙な時代になったもの
    だ。幸運のマスコットなら、簡単に手ばなさ
    なければいいだろう。また、買うほうも買う
    ほうだ。そんなことに少しも不審を抱かず、
    言い値どおり支払った。”

     目次から抜粋引用
    “笑い顔の神
     死の舞台
    保護色
     歴史の論文
     伴奏者”

     ショートショートの代名詞とも言える著者
    による、短編小説集。
     あるところの平凡な村の平凡な男が、木の
    像を拾ったのだが…。(笑い顔の神)

     上記の引用は、幸運のマスコットの心情を
    表した一文。貴方だけに教えますとか、貴方
    は選ばれた幸運な人ですなどといって、人に
    何か商品を勧める宣伝文句には、よくよく気
    をつけなければいけませんね。
    本当に美味しい思いをすることが出来る物は、
    誰も人に教えずに独り占めしようとするのが、
    本音なのではないでしょうか。
     皮肉で意地悪な感じのする話がありますが、
    それだけに示唆に富んでいると思います。

    ーーーーー

  • ブラックユーモアが味わえる。

  • 短編集は苦手な方(人物の立場から話を眺めるのに時間がかかるから,ころころと人間が変わられると面倒になる)だけど,この人のは全く苦にならない。

    何でだろうなー。
    どんな人間にも共通するような最低限の要素を描いているからだろうか。
    筋書きが突拍子もないからだろうか。

    なんにせよ,読後感がこれほどさっぱりする小説家さんはあまりいない。

  • 星さんの本はどれも素晴らしいですが、このお本もかなりクオリティの高いストーリーが多い。そのうえ全て読み終えるとタイトルの「おせっかいな神々」が上手いなるほど!と思えるからなお気持ちがいい。はじめから用意してあったタイトルなのだろうか?結果的には作品集としての纏りも感じる。一番好きな作品は「箱」とても心地良い感動だった。他には「古代の秘宝」「死の舞台」「権利金」「狂気と弾丸」など。いろいろな神の仕業があるものだ。

  • 星新一のショートショートはやはりテンポと最後まで言い切らない書き口がおもしろい。この本もまた星新一らしい一冊だった。

  • 似てる話も多いがそれでも面白い。

  • 初星新一。
    面白かった。

    似たようなアイデアの話が出てくるのが 惜しい。

  • 相変わらずのショート・ショート。解説がためになる。

  •  ブラックなユーモラスが面白さかな

  • 初星新一がこれです。遅ればせながら嬉し恥ずかし初体験。

  • ボッコちゃんの後に読んだからかなぁ。

    あともう一押し!!!
    というのが本心です(笑)


    星新一の何とも言えない絶妙なオチが大好きなだけあって、星3つにしておきました^^


    ちょっとした空き時間かなんかにオススメです!

  • 非常にボリュームのあるショートショート。
    こんなにたくさんあるのに、しかもどれもとても短いお話なのに、全ての結末に感嘆のため息が出る、素晴らしい作品です。

  • 教訓みたいな、ブラックユーモアみたいな??
    なんだか独特の星新一ワールドがありました。気軽に読むのにいいね。

    「ささやき」と「隊員たち」がよかった。

  • 天罰が耳に痛い(笑)

  • 面白かった。ユーモアのセンスがすき

  • 2009/05/29読了

    発想力がすごい

  • 星さんらしいです

全73件中 1 - 25件を表示

おせっかいな神々 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おせっかいな神々 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おせっかいな神々 (新潮文庫)の単行本

おせっかいな神々 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする