きまぐれ暦 (新潮文庫 ほ 4-19)

  • 141人登録
  • 3.35評価
    • (4)
    • (12)
    • (27)
    • (2)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1979年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098197

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

きまぐれ暦 (新潮文庫 ほ 4-19)の感想・レビュー・書評

  • エッセイと知らずに買ってしまった。
    最後まで読めたし、つまらなくはなかった。

  • 長かったー!
    いや、普通の文庫本なんだけど読むのにめっちゃかかった笑
    久しぶりに星新一の本読みたいなって思って読み始めたら、エッセイでした。
    星新一って人がどんな人かよくわかった。

  • 出版されてからかなりの年月が経っているが、その着眼点の目新しさには驚いた。星先生(エヌ氏になぞらえホ氏としよう)はそれが作風だとおっしゃっている。時事を追わず、いつの時代も廃れない。時代ごとに解釈は変わると。

    今回、ホ氏のエッセイに初めて触れた。ショートショートしか読んだことのなかった私にとって新鮮な体験だった。奇想天外な考えをとりあえず言ってみるが、かならず逆接で弁解をいれる。いやいや、世間ではこうなんだよね、分かっているよと。ホ氏の人柄がにじみ出ているように感じた。日常でふと思ったことを書き留めたようなものもある。だが、妙に同調してしまう。

    SF作家集団のウィットな会話。自分はこのテンポについていけるだろうか、ムリだな〜なんて空想で集いに参加してみた。一度お会いしてみたかったな〜。

  • 相変わらず理屈屋のおもしろさ。

    原発を東京で一発ボカンとやって、大地震を起こして安心しようとか。発想力。

    星新一さんのお母さんのお母さんは森鴎外の妹…?(あやふや)ということがわかり、改めてすごい家系だなー

    前に読んだエッセイのが好きだったかなー。

  • 中学時代大好きだった星先生。エッセイはほとんど読んでなかったので改めて読んでみると…何ですかこのちょっとひねくれた可愛いおじさま。「SFと寓話」「オランダの話」「男」が面白かったです!

  • (メモ:中等部2年のときに読了。)

  • 初めて読んだ星新一作品は、エッセー。NHKのショートショートを見て、なかなか才能のある人だと思ったが、本書を読んで確信した。今更褒めても仕方のない話だが、もっと早く出会いたかった作家の一人となった。SF作家集団の仲の良さが微笑ましい。人間森鴎外を知る上でも、大変参考になる。

  • 星新一さんのショートショート。ほんまどれも面白い!いつもどこから、こんなユニークな発想がでるのか不思議です。

  • 2007年6月17日読了<br><br>

    星さんのエッセー初めて読みました。<br>
    小松左京さんが出てきて、え、知り合いだったんだ!え!え!と興奮しました。

  • 地震対策に東京で原爆を爆発させたらどうか。デノミの際には〈円〉のかわりに〈尺〉を単位にしてはどうか。歴史は現在から過去へと逆に教えたほうがいいのではないか。――旅、ギャンブル、食物、言葉、酒、漫画などの身近な話題をとり上げ、ひとひねり半の考察を加えたウィットあふれるエッセー集。

  • 「東京に原爆を!」
    あなたはどう思いますか?

全13件中 1 - 13件を表示

きまぐれ暦 (新潮文庫 ほ 4-19)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きまぐれ暦 (新潮文庫 ほ 4-19)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きまぐれ暦 (新潮文庫 ほ 4-19)のKindle版

ツイートする