ひとにぎりの未来 (新潮文庫)

  • 991人登録
  • 3.53評価
    • (63)
    • (74)
    • (227)
    • (4)
    • (0)
  • 61レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1980年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098210

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ひとにぎりの未来 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 安定の面白さ。
    「はい」の日がもう既に過去になってた。

  • 怪盗X
    にこやかな男
    お待ちください
    異変
    はじまり
    かくれ家
    番号をどうぞ
    幸運の副産物
    なわばり
    世界の終幕
    フィナーレ

  • 星先生の描く未来を書いたショートショート。
    「コビト」「古びた旅館で」「遠距離通勤時代」「番号をどうぞ」「犯罪の舞台」「くさび」「はい」「涙の雨」が
    印象的でした。
    特に…
    「はい」コンピューターに支配されると怖いという事を
    痛感します。
    「古びた旅館で」こんな旅館があってほしい。
    「コビト」コンピューターと同じですが、どっちの方が恐怖なんだろう??
    「番号をどうぞ」もしこの世界にいたら狂いそうで怖い…。
    「涙の雨」徳光さんがこの中にいそう…。

    いや~、本当に読み応えあります。
    ショートショートに関してなら星先生は神です。

  • 近未来SF。ショートショート。
    どの話本当にありそうで怖い。
    星さんのショートショートはSFものが好き。

  • 2015.6.2(火)¥100+税。(-2割引き)
    2015.6.27(土)。

  • 『古びた旅館で』『にこやかな男』『成熟』『爆発』『かくれ家』『感謝の日々』『番号をどうぞ』『はい』『自信にみちた生活』『涙の雨』がお気に入り。

    『爆発』を読んで、世にも奇妙な物語の『水を預かる』を思い出しました。
    『はい』の世界まであと2年。

  • 久々に読みたくなり、オススメを読んでみました。
    読み応えあり、堪能しました。
    印象的な作品が多い中、「涙の雨」はタイムリーすぎて(笑)。某号泣議員が頭から離れませんでしたσ(^-^;) 星さん、先見の明にもホドがあります!
    星作品は、SFというより「星新一」という一つのジャンルだと思います。
    貪るように読んだ中学生の頃を思い出します。

    【覚書】他に好きなのは…大黒様お疲れ様「にこやかな男」/これまでのお料理を食べてみたい!「異変」/ポケットから円盤…そんな流行が!「はじまり」/寝たまま移動、イイね!「遠距離通勤時代」/マイスペースナシと洞窟、どちらを選ぶかと問われればそりゃ…「爆発」/命懸けだけど生きてる実感?強盗の日はやっぱりイヤ!「感謝の日々」

  • 星新一の本で、私が2冊目に読んだやつ。

    思い出深いです。

  • 昭和48年5月10日 12刷、並、帯なし 新潮社版
    2013年 月 日 白子BF。

  • 日本のSF小説家として超有名な星新一氏の作品を、恥ずかしながら初めて読みました。

    面白かった。というかよくもまぁこういう内容の作品をショートで数多く紡ぎ出せるものだなぁと感心してしまう。

    内容は、おおっと思う物やなんだそりゃと思うもの うっと考えさせられるものまで色々。あっという間に読み終えてしまった。

    他の作品も読んでみたいなぁと思いました。

  • 半世紀も前に書かれた話だが、今でも未来観としては共有できる部分が多いのではないかと思う。コンテナの話とか。

    人口が爆発的に増えすぎた世界の話が10年以上前に読んだときから引っかかっていた。当時の社会が人口、経済活動ともに成長期にあったからこその話で、今の世の中ではそのような未来観は生まれないだろう。

  • よく考えさせられ、楽しめるSFショートショートセレクションだった。

    この中の何話かは、将来現実になるかもしれない。

    あらためて人間について
    考えさせられた一冊でした。

  • 人が死に絶えた惑星に来た調査隊が娯楽センターを調べる話は辛辣。

  • *****
    未来に対する小さな"if"を積み重ねて行くショートショート。
    全てが機械によってコントロールされたら。
    小人が世界の表舞台に出てきたら。
    死を期待する妄想が見れる薬が出来たら。
    *****
    大切さはなくなってからこそ実感される。
    そういう暖かくも切ない話。
    *****

  • 異変
    愛の作用
    遠距離通勤時代
    進歩
    世界の終幕

  • 星新一の本は学生時代から読んでいた。同じ短編を読んでもその時に感じていた事、経験した事、思った事によって物語への感想が変わってくる。この本は、以前読んだ時は特に何も印象が残らなかったが今回は大変面白いと感じた。

  • 中学一年生の時、国語の授業で初めて星新一作品に触れた。その世界に魅かれて、初めて買って、モリモリ読んだ文庫本。それから読書の世界がぐんと広がった。

  • 有り得ないと切り捨ててもいられない近未来。からりとしたタッチで描かれた短編集。ものの4~5ページに詰め込まれている淡々とした出来事が呼び起させる危惧、危機感の広がりがとめどない。各ストーリーの最終ページで必ずなされるオチを信じられるから、だからいまはまだ。

    便利でもなんでもない矛盾。
    果てしない地道な手作業が、大事なんだなぁ。

    それにしても、「地球人」の話とか「宇宙」や「円盤」の世界に浸かってみると人間を客観視したみたいな気分になって、なんだか可笑しくなった。レポートに苦しんでいる自分とかね。手作業手作業!

    この本の出版年が1969年なことに驚き。

  • やっぱり、星新一はすごい。
    そう思った作品でした。
    いま読んでも新しいし、世相とあってるのが怖い。

  • もしもこんな未来がきたら、というショートショート集。星新一さんならではの最後のどんでん返しや、じわりと不気味な読後感も味わえます。「涙の雨」が特に好きです。

  • 久々に読んだ星さん。
    中学の頃にはまったけれど、怖い話もあったりして、しばらく離れてました。
    ショートショート面白いです。展開が読めそうで読めない。
    大人になって読むと眠れないくらいの怖さはなくて、よかったです。

  • ショートショート

  • どの本よんでもそうなのだけど、初版の出た年見てびっくりする。いつ読んでも色あせないし古臭くない。

  • 小学生の頃は星新一さんの本がお気に入り。

全61件中 1 - 25件を表示

ひとにぎりの未来 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ひとにぎりの未来 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひとにぎりの未来 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとにぎりの未来 (新潮文庫)のKindle版

ひとにぎりの未来 (新潮文庫)の単行本

ツイートする