だれかさんの悪夢 (新潮文庫)

  • 994人登録
  • 3.53評価
    • (69)
    • (69)
    • (229)
    • (7)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1981年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098227

だれかさんの悪夢 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 完璧である。面白すぎてしょうがない。

  •  私が星新一を知ったのは、小学校4~5年生の頃、いとこのお姉さんに教えてもらったからだった。
     お姉さんから『ようこそ地球さん』『ボンボンと悪夢』『ちぐはぐな部品』を借り、最初に自分で購入したのは新書サイズの『未来いそっぷ』で、次に購入したのが『だれかさんの悪夢』だった。
     その『だれかさんの悪夢』が段ボールの中から出てきたので、読んでみました。
     解説では、川又千秋さんが「僕の星新一」というエッセイを寄稿されております。実は、当時の私には本文のショートショートよりもこの解説の方が実感を持って感銘したのでした。
     川又さんは中学1年生の時、足を骨折して入院し、病院の院長から星新一の本を貸してもらったのをきっかけに星さんのファンになったという。
     その後、北海道のSFファンクラブで活躍し、東京の大学生となり、書店で偶然星さんと遭遇してサインをもらい、やがてSF作家となるまでの半生記が描かれています。
     思えば、私も川又さんと同じような年代の頃、星さんを知ったのだった。
     本屋のない田舎のことで読みたい本も読めないという、川又さんと同じような境遇で、共感しながらこの解説を何度も読み返したものです。
     しかし私には、SFを語り合う友人もなく、中学から高校にかけての時期に学級崩壊の犠牲となって精神を破壊され、好きだった読書すらできない精神状態に追い込まれ、SFの道に入ることができず、その後躁鬱病が治らないままズルズルと沈み続け、とうとう人生を転落してしまったのだった。
     思えばあの日以来、永遠に覚めない悪夢の中にいる。
     私にとっては人生そのものが悪夢なのです。
      http://sfkid.seesaa.net/article/429032910.html

  • 中古で買いました。
    表題のショートショートはありませんが、誰かしら悪夢を
    抱えることがあるという内容でぞくっとしました。
    特に印象に残ったのは「レジャークラブ」「コレクター」「眠る前のひととき」「クーデター」「会員の特典」「一日の仕事」「だまされ保険」「飛躍への法則」ですかね。
    今回の本はロボットがあまり出なかったですが、人間の欲を
    じっくり描いた作品だと思いました。

  • 星新一の世界がこの本の中に!

  • いかに万能な道具だろうと、それを手にして幸せになれるかどうかというと、むしろ足をすくわれる確率の方が高いんだなぁと思った。
    皮肉が効いていて面白かった。
    2014/6/21

  • 金とか社長とかが多くて
    作者にくすりとくる。

    有名な作家さんだが
    初めて読んだ。
    ショートショートを書く作家さんは
    アイデアがどこから来るのか
    凄く知りたい。

  • 1年に何度か、星新一の本が読みたくなる。
    今の社会をずばり言い当てている様な話もあって、もしまだ星新一が生きていたなら、今の社会をどの様に風刺しながら未来を描くのか、見てみたかったと思う。

  • 安定のショートショート。

    皮肉な終わり方をするお話が多いですね。
    ニヤリとする、というよりは、お気の毒、といった感じの。

    移動中など、ちょっとした時間にちょこちょこ読み進めるのに最適です。

  • 久しぶりの星新一。
    相変わらずサラッと読めてしまう。
    最後の「飛躍への法則」がお気に入り。

  • 一つ一つの話は面白かったが、いかんせん題目が多く、一つの話が短いので、最後まで読むのが大変であった。一気に読むというよりも、合間にちょこちょこ読む感じ。

全39件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

だれかさんの悪夢 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

だれかさんの悪夢 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

だれかさんの悪夢 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

だれかさんの悪夢 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

だれかさんの悪夢 (新潮文庫)のKindle版

だれかさんの悪夢 (新潮文庫)の単行本

ツイートする