盗賊会社 (新潮文庫)

  • 981人登録
  • 3.66評価
    • (64)
    • (74)
    • (155)
    • (4)
    • (1)
  • 41レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1985年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098326

盗賊会社 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 安定の星新一。中学高校時代を思い出し、懐かしい気分で楽しめた。

  •  特に印象に残ったのは「最初の説得」、「善意の集積」。

  • 相変わらずの作風。
    宇宙関連、人類の発達を揶揄した内容。
    面白い。

    ストーリー
    わたしは盗賊株式会社の社員。社員はほぼ百人。泥棒そのものが営業なのだ。企画部で活発な議論がたたかわされ、社長の決定に基づいて次の計画が実行された…。表題作ほか17話。

  • 今年は星新一にはまった年だったな。

  • 【愛しいから、優しいから、厳しいんだ】

    勝ったら嬉しいし、負けたら悔しい。自分のことじゃなくても。守りたいものが、あるのはすごいなぁって。星さんの守りたい愛しい世界への警鐘と祈り。

  • 星新一さんのショートショート。
    現代社会、システムへの強烈な風刺。

  • ひさしぶりの星新一。
    やっぱり読みやすいしわかりやすくて、よくできてるよねぇ。宇宙人やら新発明やら、世の中を皮肉ったような作品が多かった気がします。

  • 久しぶりに読んだけれど、古さを感じさせない。
    盗賊会社はいたって真面目な人ばかりという逆説的なところとか、うまいなあと思う。
    発想力がすごい。
    ただ、わからない人には面白さがわからないかも…。

  • 前に読んだ短編集に比べてやたら同じテーマ・モチーフのやつが多いな~って思ってたら日経新聞の日曜版に連載されてたのを集めたものだったんやね。大抵の作品が宇宙人と中小企業の課長と新製品とセールスマンによって構成されてます。

  • 大学時代に一度読んだらしいが、忘れていた為、再読という形に。
    1日で読めた。
    やはり、星新一のショートショートで印象に残るのは、オチがビックリする話だったり、宇宙人の話だったり・・・。

全41件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

盗賊会社 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

盗賊会社 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

盗賊会社 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

盗賊会社 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

盗賊会社 (新潮文庫)の文庫

盗賊会社 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする