ノックの音が (新潮文庫)

  • 1742人登録
  • 3.70評価
    • (140)
    • (173)
    • (296)
    • (13)
    • (1)
  • 128レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1985年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098333

ノックの音が (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サスペンス、スリラーからコメディーまで、『ノックの音がした』の一行から始まる15のショートショート…短編集かな。

    数ページの中に、それぞれに相応しい部屋、住人、そして事件が描かれている。どれ一つ似た作品はない。星さんのアイデアとセンスにはいつも驚かされる。

    特に好きな話は「和解の神」と「人形」。「人形」はオチが凄い。ゾゾゾゾゾ〜ッ。呪いの藁人形怖いです。

  • 「ノックの音がした。」で始まるショートストーリーが15話。
    どれもシュールで余韻のあるお話。
    今でこそこういう終わり方をする話もたくさんあるが、初めて星新一を読んだ中学生の頃には、少し怖い終わり方に衝撃を受けたものだ。

  • 「ノックの音がした。」から始まる密室ワンシチュエーション・ショートショート集。星新一さんの本は一気読みしちゃう。一番怖かったのは「金色のピン」、ほっこりと思いきや…なのは「和解の神様」。最後の作品も、ゾクっとする読後感が残る。人間のオモテウラ、ヒヤッとする怖さ、飽きない展開。面白かったです。

  • 寝る前に読むには最適の長さと、いつ読んでも面白いクオリティの高さ。

    ショートショートでこんなに物語を美しく、時にはブラックユーモアたっぷりに完結できるのってとってもすごい

    わたしは特に、床下の話と、女殺し屋の話と、豚と犬の話がすきでした!
    やーすごくいいはなしだった!

    2017.12.06

  • ノックの音がしてはじまる物語が5つくらい収録されてる。SF的なヒューマンドラマ。颯爽と視点を裏切っていくショートショートの世界に、どハマりしそうです。

  • 全て「ノックの音がした。」から始まる短編集。
    こういう試み好きだなあ。
    星新一氏は昔、好きで読んでいたが、私が読んだのはSFもあった。あとがき(久しぶりに「あとがき」を読んだ。なぜ、今の作家は「あとがき」を書かないのだろう?やっぱり「あとがき」っていいな、そう思った。・・・「あとがき」って最高のレビュー)によると、私の読んでいたものより以前の作品のようだ。
    何かのお薦めで著書を知った。いい出会いだった。

  • 短い文章の中での、物語の意外性やオチ。
    星新一の面白さに魅了された。

  • 全てのショートショートを「ノックの音が」で始める、このこと自体、作者にとって挑戦だったのだろう。なぜなら状況がすごく限定されるから。
    しかしその挑戦に作者は見事打ち克っている。

  • ”ノックの音が”から始まるショートストーリー。
    短編集かと思って読み進めるとそれよりさらに短い。
    ドアの向こうにいるのは招かれざる客か、あるいは・・・?

    全ての話が違っていて面白かった。

  • 「ノックの音がした。」という一文から始まるショートショートが十五編。
    書き出しは同じでも内容は様々で、作者の発想力の凄さを実感させられます。
    短い物語の中に凝縮された面白さを感じる作品集でした。

全128件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ノックの音が (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ノックの音が (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ノックの音が (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする