ご依頼の件 (新潮文庫)

  • 963人登録
  • 3.54評価
    • (61)
    • (67)
    • (187)
    • (9)
    • (2)
  • 53レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1989年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098401

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ご依頼の件 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • よくこれだけの話が書けるよなぁといつもながら脱帽ですよ。合間に読めるからいつでも手にとれるのがいーんだよね。
    相変わらず面白かったです。

  • 高校時代読み漁った星新一さんの著書。また読みたくなって買ってしまいました。うん、やっぱりおもしろい。

  • 久しぶりのショートショート。読んだ覚えのあるものはなかった。どれも星新一らしい話だったが、意味のわからないものもいくつかあった。

  • 期待を裏切らない完成度。シンプルで無駄がなく、風刺が効いていて予想を裏切る展開に脱帽。
    間を置いて読みたくなる氏のショートショートです。和田氏のイラストもよいですね。

  • 【星新一という世界】

    私には好きな世界がある。その一つが星新一の世界だ。星新一の世界は、未来がモノクロで映し出される世界。全てはグレースケールをかけたように、粗い粒子を散りばめたような映像の繰り返しである。見たことがあるような、でもだれも見たことがない星新一の世界の中で、人は生まれ、育ち、社会に出て、結婚して、子供を成し、そして死んでいく。

    作品自体はもちろん、あとがきがとてもよかった。こんな風に物語が生まれてくるのならば、きっと世界は揺らぎながらも続いていくのだろう。あえて、この問題に向き合わない作家もいるのだろうと思う。廃れていくことにカタルシスを感じる者もいるかもしれない。だけど、星新一はやり遂げた。具体的な事例を連想することなく、そして今でも古くならない物語を作り上げた。これは、皆が簡単にできることではないと私は考える。

    異国の地で思う。星新一の世界は終わらないで巡っている。今回久しぶりに読み返すことになったわけだが、そこには確かに以前とは違う物語があった。そして、また15年の月日が流れてもう一度1ページ目を開いたとき、また違う物語に変わっているのではないかとさえ、思えてくる。彼を超越した世界に私はまだ出会ったことがない。星新一が生きて物語を書いたという事実に私は感謝している。

  • 待遇 が1番好きかも

  • 読了日 2015/1/29

    ひとを待つ間に手持ちぶさた過ぎて買ったら読みきってしまった。

    宇宙ネタがとても少なく、好みの一冊。
    オチが理解できない話が何本かある。またいずれ読み直して、理解したい。

    あとがきまでもがショートショートのようで、なんだかとても、面白かった。


    わたしの目が見えなくなったら、1,045編、だれかに音読してもらいたいな、と思った。

  • 懐かしいですねえー
    新潮文庫だけでも、結構冊数がありんす~。

    ◆ご依頼の件
    えーと。旅客機一機分の依頼人を集めるのも大変かと~
    ◆外郭団体
    政府関係者が読んだらダーク・アスピリン・グループや
    フェニックス・レーザー・チームのような外郭団体を
    持ちたくなるかも。
    つーか、もう既に、実はアルカイダってペンタゴン肝煎りの…
    だったりして。

  • 昔、結構たくさんの星新一さんのショートショートを読みましたが、今回久しぶりに、まだ読んだことないやつを。

    うーん、おもしろいのとおもしろくない(というかよくわからない)のの差が大きかったような。

  • SF、ショートショート40作。

    中学生のとき「ボッコちゃん」を読んで星新一、ショートショートのことを知りました。以来、何冊か読みましたが久しぶりにこちらを。時代背景が古いですが、今読んでもくすっと笑えたり思い当たる節があったりして十分楽しめます。

    懐かしい。

  • 「ご依頼の件」 星新一
    ISBN:4-10-109840-9
    新潮文庫 定価:440円

    日常にそっと入り込んでチクッと刺してくるような、風刺色の濃い40編からなるショート・ショート集。「夜の会話」「出現したやつ」「待遇」「むこうの世界」「マドラー」「西風」なんかがお気に入り。

  • 後半に行くにつれて面白い話が増えた。たまに読むといいな。同じ話のパターンが続けてこないようになってる

  • 読み終わった。

  • ・レンタルにて。
    ・のんびりと読むのに良い。星氏の世界観がよく出た作品。
    ・結論がわかるとなるほど、というものが多く、1つ1つを読み終えたあとにすっきりする。

  • 学生時代に好きだった星新一の本を久しぶりに読んだ。全く古臭さを感じない。不思議な世界に連れていってくれる彼のお話は、現代社会にも通じるものがあると思う。

  • 短編40話。世界観が面白い。

  • もう最高。当たり前。すみからすみまでおもしろいよ

  • なかでも、『夜の会話』がすき。

  • 【あらすじ】
    だれか殺したい人はいませんか? ご依頼はこの本が引き受けます。心にひそむ願望をユーモアと諷刺で描くショートショート40編。

    【感想】

  • う~ん、これはちょっと響かなかった。一番最初に読むとまた違うのだろうが。ずっと読んできた身にはレベルの低下を感じてしまう。

  • 『タブー』

    『ご依頼の件』

    『れいの女』

    『夜の会話』

    『真相』

    『初夏のある日』

    『防止対策』

    『くしゃみ』

    『アリバイ』

    『外郭団体』

    『出現したやつ』

    『ある休日の午後』

    『待遇』

    『たのみごと』

    『気の迷い』

    『静かな生活』

    『才能』

    『話し声』

    『あるシステム』

    『新しい車』

    『こころよい相手』

    『むこうの世界』

    『運』

    『組み合せ』

    『都市化現象』

    『金銭と悩み』

    『出張』

    『退院』

    『マドラー』

    『バーであった男』

    『ひと仕事』

    『文字が…』

    『おととい』

    『もらった薬』

    『西風』

    『輝く星』

    『やつらのボス』

    『依頼はOK』

    『結晶』

    『窓の奥』

  • 2014.11.6(木)¥150+税。
    2014.12.28(日)。

  • 久しぶりに読んだけど、やっぱりどこかブラックな。。

    気軽に読めるけどちょっとゾクッと。

  • 小学生の時ハマって読みあさった星新一さん。なんとなく良い思い出。

    やっぱり昔読んだ時程の衝撃と新鮮さは無かったなあ。

全53件中 1 - 25件を表示

ご依頼の件 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ご依頼の件 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ご依頼の件 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ご依頼の件 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする