凶夢など30 (新潮文庫)

  • 752人登録
  • 3.53評価
    • (41)
    • (59)
    • (148)
    • (4)
    • (1)
  • 35レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1991年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098449

凶夢など30 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • SFショートショート短編集の一つ、星新一さんの最も得意とするジャンルがぎっしりつまってました。
    短時間で読めるのに結末がしっかりしてるので
    星新一作品、大好きです。

  • 軽く読みやすい。

  • 『星新一とわたし』

    好きな作家は誰だと聞かれたら、たくさん名前が挙がるのだけど、一番影響を受けた作家は誰だと聞かれたら、星新一をあげるだろう。

    星新一という名前がまず愛おしい。そしてかれが作り上げる世界は少ない言葉で圧倒的な存在感リアリティをそこに表す。かれは未来を視る能力があったのではないだろうかと確信してしまうほど、点を放射状に展開することができた。

    今はもうその才を持った人はいない。わたしはしらない。いつまでもいつまでも彼の作品のそばで生きていきたい
    わたしの未来はいつも星新一の物語の中にあります。

  • ファンタジーチック。ちょっとホラー。
    個人的ベストは「捕獲した生物」。やっぱりSFが好き。

  • 275
    うーん…。ちょっといまいちだった。
    同著者、読了3作目。

  • おもしろかったね!基本的に全編よかったけど、
    【捕獲した生物】が一番好き。それと、
    どれの最後かは言いませんが、

    " 青年はふと思った。
    もしかしたら、わけはわからないが、ぼくはなにか好ましくない循環に巻き込まれたのでは……。 "

    ここ最高!

  • わかりやすくて面白い話が多かった。

  • 電車をつかったちょっとした出張なんかにビッタリ
     いつも思うのですが星新一さんほど毒にも薬にもならない、そのくせ面白い短編を作れるひとはそういないんじゃないかと思います。電車をつかったちょっとした出張なんかにビッタリで小一時間くらいは簡単に過ぎちゃいます。
     この作品は40才くらいのおとこのひとがい〜ぱい出てくるなんだか変な夢のお話でした。

  • ショートショート最高

  • 星歴ーゥん十年。一話数ページなのに必ず、人物像と起承転結。意外なオチもある。それらをで千以上も紡ぎだしたのだから、「ショート界の神」だ。
    一回しか効き目のないお守り。だから人手にわたるのだ。病名:幽霊/UFO感覚過敏症。

全35件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

凶夢など30 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

凶夢など30 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

凶夢など30 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

凶夢など30 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする