これからの出来事 (新潮文庫)

  • 737人登録
  • 3.40評価
    • (33)
    • (57)
    • (173)
    • (9)
    • (2)
  • 35レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1993年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098463

これからの出来事 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さくさくっと読めたけど、読み終わった今、どのお話もストーリーが頭に残ってない・・・。

  • 小さなバーでの会話の最後の一文が、考えてもしようのないことなのだけど考えてしまう

  • 「ひとつのドア」を探している人のネット記事を読んで、気になり購入した。
    仕事を成し遂げる動機が純粋なものでなく、後ろめたいものでも「一つの思い」に捉われた人の強さが星新一ではよく出てくるが、これは、その「一つの思い」=心のよりどころを折られた男の話。

    「ひとつの段階」。
    少子化とペットブーム、過保護への皮肉かな?

  • やっぱり面白い。
    なんの気兼ねもなくすらすら読めた。歳をとらない、老朽化しない面白さを改めて実感した。
    ある古風な物語、安全な生活、これからの出来事、一つの段階が印象的だった。

  • ちょっとぞっとする不思議な話もあるのに、文体が柔らかなので後味が悪くない。むしろ心地よい。寝る前、銀行の待ち時間、職場での昼休みなんかにちょこちょこ読むのにぴったり。

  • もちろん普遍的なおもしろさではあるのだが、やはりところどころ、当時の日本――高度経済成長を経てバブルを謳歌していた時期――の面影が垣間見えたりするところがあるのもまたおもしろさのひとつではなかろうか、とも思う。今のご時世に、こうした物語は生まれにくい気がする。

  • ショート・ショート。
    会社の話、昔の話が多め。
    表題作だけが異彩を放つ。

  • 読了日 2015/2/13

    ちょっとさぼってた星新一読破の旅。
    後輩に星新一班が増えたので、どんどんすすまないとならない。

    いくつかオチが理解できないものがあったな。
    表題作「これからの出来事」がベストオブこの本かな。

  • 星新一の世界がこの本の中に!

  • ショートショート◆オチが巧みで引き出しが広い。「これからの出来事」と「小さな家」が好き。

全35件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

これからの出来事 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

これからの出来事 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

これからの出来事 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

これからの出来事 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

これからの出来事 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする