きまぐれ遊歩道 (新潮文庫)

  • 82人登録
  • 3.38評価
    • (5)
    • (4)
    • (22)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1995年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098487

きまぐれ遊歩道 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 星新一さんてショートショートのイメージしかなかったんだけど、エッセイすごくおもしろい!
    こういうずんずん調べてこちょこちょ書く、っていう文章、好き




    246



    トルストイは貴族なのに、最も貧しい人たちと同じ生活をしようとした。あるアメリカ人は「立派なことだが、それで貧乏は理解できない。金品の不足ではなく、今後の生活への恐怖が貧乏なのだから」と言った。




    コースター
    写真家の向田直幹さんが『世界のビアコースター』という本を出した。ビールのグラスやジョッキの下に敷くもの。冷えているので水滴がつく。それがテーブルにしみるのを防ぐためで、水を吸いやすい紙製である。
    向田さんは多くの外国をまわり収集し、人物、植物などの分類をしてまとめた。風格のある、レトロ感覚のものが多い。ビール工場の内部の、絵や写真のついたのもある。
    逆に、もっと現代的なものもあっていいのにと思い、考え、あとがきを読んでわかぅた。ヨーロッパでは、ビールの銘柄とセットになっているのだ。ビールの醸造元は、ドイツだけで二千社ある。誇りを持ち、伝統のコースターを示したくなる。その地方のビアホールは、それをつかうわけだ。
    で、日本のはとなると、直営のビアホールを除き、ある銘柄を描いたのにはお目にかかれない。ホテル、銀座のバー、レストランをとわず、そこの店名の入ったコースターが使われている。言われてみればでしょう。
    じつは大差ないのに、銘柄に好みがあり、最近は外国ビールも輸入されていて「なにになさいます」と聞かれたりする。店名入りのを使うのが無難だ。
    思わぬところに、文化のちがいがあるものだ。アメリカには店名入りのがありそうだが、方針なのか、この本になのっていない。現実はどうなのか、私は観察力、記憶力が弱い。
    日本では、実用よりも、ザブトンのように儀礼的な意味を持つようだ。ビールのグラスに、細長くて下がワイングラスのような、柄つきのもある。底はひえないからと、コースターなしにしたら、客は不快がるだろう。
    ホットウイスキーだって、グラスの下にはコースター。飲み方がへたで、こぼされると困るのでねと、子供あつかいか。それを気にして不平を言った人は、いないだろうな。
    十年ほど前に、銀座に「星」というバーがあり、何回か入り、コースターを十枚ほどもらい、自宅で来客用に使ったことがある。







    和菓子・着付け・落語 をにほん戻ったらちゃんと学びたいなぁ
    あと編み物!料理も!



    会話とお茶
    お茶についてとはね。なんとなく原稿の依頼を受けたが、私は茶道についてなにも知らぬのである。そこで、生活とお茶について書くことにする。
    起きるのは午前十時ごろだが、新聞に目を通してから、朝食となる。洋風で、紅茶をポットに一杯は飲む。砂糖なし。この習慣は、三十年以上もつづいている。
    コーヒーはめったに飲まない。外出し、喫茶店にひとりで入る時は、たいていホットミルク。夜になってからの酒となると、話はべつ。
    仕事関係の人、たいていは編集者、時には作家仲間だが、そんな人たちの来宅も多い。応接間で、紅茶を飲みながら、話をする。
    考えてみると、お茶のたぐいが人類にもたらしたものは、会話の促進ではないだろうか。香港なんかで、中国の人がお茶を飲みつつ話をしているのを見ると、そう思えてならない。ただの水では気が乗らないし、酒では調子に乗りすぎてしまう。
    その会話も、ある限られた人数による空間内において、うまく成立する。お茶とコミュニケーションとの関連を調べたら面白いような気もする。国によっては、コーヒーの場合もあるわけだが。
    (略)
    考えてみると、会話の手法もむずかしいものだ。さらにふみ込むと、各人の個性ということになりそうだ... 続きを読む

  • 星先生の観察力とか好奇心とかに驚かされる。やっぱすごい人だね。

  • 短編集。暇つぶしにはなる、かな?

全4件中 1 - 4件を表示

きまぐれ遊歩道 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きまぐれ遊歩道 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きまぐれ遊歩道 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

きまぐれ遊歩道 (新潮文庫)はこんな本です

きまぐれ遊歩道 (新潮文庫)のKindle版

きまぐれ遊歩道 (新潮文庫)の単行本

ツイートする