つぎはぎプラネット (新潮文庫)

  • 604人登録
  • 3.24評価
    • (15)
    • (28)
    • (76)
    • (15)
    • (5)
  • 60レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (2013年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098531

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
ジャレド・ダイア...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

つぎはぎプラネット (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  •  ヤナーチェクの評論において、ミラン・クンデラが、「作者のあとに残された一切のものを掻き集めるという情熱の形で表れる」「忠実さ」について、批判しているのを思い出す。例えば、《棍棒体操のための音楽》のような重要でないものを「ヤナーチェク・ピアノ曲全集」に収録する「忠実さ」である。
     クンデラはひとりの創作者として、創作者ヤナーチェクに同情している。しかし私は愚かな享受者である。ヤナーチェクの作曲したものなら、《棍棒体操のための音楽》でもありがたがって聴く。面白くないけれども。

     そして神様には忠実にならざるを得まい。相手は「ショートショートの神様」だ。ということでできたのが『よせあつめプラネット』、もとい、『つぎはぎプラネット』、単行本未収録作全集に近いもの、である。改作されて複数ヴァージョンあるものをすべて収録まではされていないから「近いもの」である。
     星新一のご息女とここに解説を書いている高井信らが、「あとに残された一切のものを掻き集める」作業をしたわけだが、その成り行きについて書かれた解説が苦労を偲ばせてなかなか面白い。まさに「情熱」。
     冒頭に収められているのは「SF川柳・都々逸 101句」。星新一はこういうナンセンスが好きだったらしいが、当時の世相を反映していて、解説なしではわけのわからないものもある。作品が古びないように、時事的なことは書かないようにして作品を作っていたという星新一にとって、こういうのを収録されるのは不本意だと思うが、それをまた冒頭に持ってくるあたりに、編者たちの確信犯的自覚を読み取ることもできるだろう。どのみちいくら「神様」でも死んでいたら文句は言えないのだ。クンデラはまさにそのままならなさを怒っているのだが。

     あとの作品は発表年代順に並べられている。1957年の同人誌『宇宙塵』収録作から始まるので、習作といえなくもないのだが、未熟な作品というわけでもない。アマノジャクなクイズが流行る話を新聞社への投書のみで描いた「ミラー・ボール」は、かなり長く、後の作風とはいささか異なるものの、アマノジャクにこだわるあたり、いかにも星新一らしくて面白かった。
     しかし、である、その後、少年誌への寄稿作品が結構な数、続く。これはちょっとなあ……
     そのうちエフ博士とかエヌ氏とかが出てきて、「二○○○年の優雅なお正月」。ボタンひとつで朝食が出てくるというのは冷凍食品のチン、テレビのチャンネルの数が50ほどもあって、だが、あまりおもしろいのはやってなかったとはなんたる慧眼。映画は4ミリフィルムになっていて、安く借りられる、欲しい商品があればテレビについているダイヤルで商品番号を回せばいい……、35年前の予測は結構実現されている。
     1965年のソニーのPR誌に掲載された「ビデオコーダ−がいっぱい」。これも「YouTubeと監視カメラがいっぱい」にかえたらだいたい予測どおりだ。いやいやSF作家の仕事は未来予測ではないなどと、かつてさかんにいわれたものだが。

     少年誌の収録作のほか、だいたい1970年初頭くらいまでの企業のPR誌用の「明るい未来」的な作品が多く、残念ながら全体的には《棍棒体操》といわざるを得ない。星新一未経験者は『ボッコちゃん』とか『エヌ氏の遊園地』とかから読むべきである。

  • 星新一氏の本は中学生くらいの頃夢中になっていた。大人になってから読んでみてもやっぱり好き。「つぎはぎプラネット」は入手困難な作品や未収録の作品を集めたもの。私が生まれる前に描かれた未来の人々の日常には今も心がときめきます。

  • 星新一の未収録作品、入手困難作品などが収められ、デパートの広告や、企業の広報誌に載った作品も含まれます。子ども向けのお話も多数ありますが、子ども向けと言っても、切れ味の良さは変わりません。個人的には、「知恵の実」と「魅力的な噴霧器」が面白かったです。収集にあたっての苦労話も解説に書かれており、読み応えのある作品集だと思います。

  • 星新一氏の単行本未収録作品を集めた本。
    最初、星氏が単行本に入れなかった物を読んでもいいのかと戸惑いましたが、誘惑に負けて購入。だって、星さん好きですもの(笑)ですが、読み始めのころはイマイチ。文体も知っている星さんのものとは違う気がしたし、作品の統一感もなかったしで、なんとなくがっかりしましたが、良く考えたら、あちこちのPR誌等で書いたものを集めた、「つぎはぎ」なので仕方ないかと。
    しかも、中盤に差し掛かってくると、違和感の中にも星さんらしい表現がたくさん。もう何もいいますまい(笑)やはり読んで良かったです、

  • 星新一作品を散々読みあさったオールドファン向け、かな。

    小冊子やらなんやらかんやら、いろんな媒体に作品を発表しておられたのですね。発表先の客層(?)に応じて、オチのつけ方や毒の量も変幻自在。

    昔は企業PR誌がたくさんあったのだなぁ。

  • 様々なテーマによるショートショートが集まっていて、それぞれの短編が掲載された最終的な目的やテーマを知ったとき、思わず唸ってしまうようなスパイスがあったり、心がほっこりするようなものもあり、マイペースに楽しく読んだ。SF川柳・都々逸も、後から本人のツッコミがありおもしろかった。

  • 最近手塚治虫を読むせいか、どこか未来への想像力が薄い感じがしてしまう。でも、2000年にはこうなってたらいいなという夢を読むのは楽しい。

  • いろいろなお話があり、いろいろな内容があって、面白かったです。

  • 民間のSF大会パンフへの寄稿などまで収録した「これでもか」の未収録作品集。
    「もう、新作は読めない。」と思っていたところに棚ぼたのように降ってわいた、初めてなのに懐かしい感じがするショートショート集です。初期作品が多く、真正面から意外性があるひねりの利いたショートショートに大満足です。
    星マリナとともに当文庫の作品収集に取り組んだ高井信の後書きもグッドです。コアなファンを極めればここまでになるのか。とライフワークとしての星新一ファンの姿勢がうらやましくも思えた解説でした。

  • 都々逸のスタートで、よくこんなに面白いものを延々と作れるなと、じんわりとした笑いが止まらない。

  • 本を読むのは面白いって教えてくれた、星新一さん。5ベージのSF。シニカルな笑い。いい意味でスッキリできない読後感。

    この本に収められている話は、星新一さんの中でも特に短いものが多い。本の後ろには、読破の証明書。星新一さんのサイン。

    最近、雑貨なんかを置いてるオサレ本屋に『つぎはぎプラネット』置いてるの見るけど、星新一デビューには向かないかなぁ...
    小学生向けの小説に違和感を感じるかも。
    デビューはやっぱり『ボッコちゃん』だと思う❗️

  • 企業にも文章寄せていたんだなあ、というのは新しい発見だった。
    あまのじゃくゲームの話が一番面白かった。

  • 読了日 2015/1/22

    星新一未収録ショートショート集。
    SFが多く、宇宙人関係やタイムトラベル関連が非常に多く。星新一の面白さであるどんでん返しは多くなかったか。

    お気に入りは「命名」。たった二行のショートショート。

  • 同人誌、PR誌に書かれて以来、書籍に収録されないままとなっていた知られざる名ショートショート。日本人 火星へ行けば 火星人…… 「笑兎」の雅号で作られた、奇想天外でシニカルなSF川柳・都々逸。子供のために書かれた、理系出身ならではのセンスが光る短編。入手困難な作品や書籍、文庫未収録の作品を集めた、ショートショートの神様のすべてが分かる、幻の作品集。(裏表紙より)

    過去に演劇で見たことがある「穴」の話を除けば、初めて読んだ星新一さんの作品です。
    大きな夢がつまった小さな話が、スーパーボールが跳ねるようにポンポン飛んでくるような印象でした。
    あと、この人の想像力ってすごい。まだまともな計算機さえ世間に出回っていなかった時代の人が、夢を織り込みつつもここまで現実的に未来を思い描くことができるものかと感心しました。願わくば、朝スッキリ起きられる薬が入った霧を顔に吹きかける装置が早く発明されることを願います。

  • 最近面白い星新一に出会えていない。。

  • 星新一のあんまりな作品を集めた感じ…?

  • 全集発刊後に発掘された作品集。PR誌等に掲載された1960年~1980年くらいの作品が多い。どこかで読んだことがあるような既視感のあるものもあった。テープという形状からディスクへ,カードへのイメージはつなかったのだろうな。これから50年後,記録媒体はカードではなく人体へのチップ埋め込みで触れるだけでいいとかになるのかも。これくらいなら今でもできそうだけど。

  • 書籍未収録だった作品を集めた単行本。
    1960年代などに書かれた未来の生活についての物語が
    興味深いなあ。
    この頃の「未来」に今生きているんだなあ的な。
    作品の中にさまざまな「未来の機械」が登場するけれど、
    現代でも実現していないものは今読んでもわくわくするし、
    形は違うけれど実現に近い状況になっているものを
    見つけると何だか感動したり。
    面白かった(^^*)

  • いろいろあるから、好きなのも苦手なのも仕方ない。

  •  星さんの文庫未収録作品を集めた幻の作品集。逆にいえば、星さんが文庫に「載せなかった」作品の数々が収録された文庫。
     企業広告のPR文章やイベントのコピーなど、ショート・ショートの中でもごく短い作品が多い。そのため、尻切れトンボな話や万人受けしない話もあるが、それがむしろコアなファンにとっては垂涎もので、星作品コレクター向けの作品集のように思う。そんな私も一コレクター。ひさびさに星さんの世界を楽しめた。
     個人的には、ショート・ショートは広告にも使えるんだなと気づかされ感心した。

  • 星さんの違う一面を見せていただきました。
    未収録作はもちろん、都々逸や、小学生向けの推理コーナーなど、バラエティに富んでいました。

  • 「文庫未収録作品を集めた幻の短編集」と銘打ってはいるものの、結局のところ、本書は星ファンにとってのコレクション的な位置付けなのだろう。

    "星新一の作品"としてならばかろうじて読めるが、企業PR誌に書かれたものはあくまでもCM的な内容を出ないものだし、児童雑誌に向けて書かれたものは―著者の初期作品にあったような鋭い切れ味の風刺や毒が好きだった自分には―子供向けの内容でしかない。

    とはいえ、ただ、50年前に作家が考えていた未来の生活様式で、既に現代において実現しているものがあるのは、なかなか興味深い。彼や、その時代の人々が理想と共に思い描いていた50年後の姿と現代とでは、相当に食い違っているのだろうが。

    詳しくはこちらに。
    http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/2013-10-31

  • 数十年前に書かれた話が現実になる、というのがSFの醍醐味だが、星新一の的確な未来の描写にはやはり唸らされる。
    加えてソニーや九電などの企業PR誌に寄稿した話は時代背景も含めて彼のアンテナ感度の良さも感じられてなお興味深い。
    未収録作品ばかりを集めた作品集であり、粗削りな話、オチの弱い話なども散見されるがファンなら楽しめる作品かと思う。

  • 昔の人が想像する未来は半分あたっていて、半分全然違うからおもしろい。

  • ショートショートはおもしろかったです。川柳、都々逸は微妙w ご本人があえて載せなかったのを載せちゃったのもあるんでしょう。

全60件中 1 - 25件を表示

つぎはぎプラネット (新潮文庫)に関連するまとめ

つぎはぎプラネット (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つぎはぎプラネット (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つぎはぎプラネット (新潮文庫)の作品紹介

同人誌、PR誌に書かれて以来、書籍に収録されないままとなっていた知られざる名ショートショート。日本人 火星へ行けば 火星人・・・・・・「笑兎(ショート)」の雅号で作られた、奇想天外でシニカルなSF川柳・都々逸。子供のために書かれた、理系出身ならではのセンスが光る短編。入手困難な作品や書籍、文庫未収録の作品を集めた、ショートショートの神様のすべてが分かる、幻の作品集。

つぎはぎプラネット (新潮文庫)のKindle版

ツイートする