二十四の瞳 (新潮文庫)

  • 1082人登録
  • 3.57評価
    • (76)
    • (135)
    • (232)
    • (20)
    • (2)
  • 145レビュー
著者 : 壺井栄
  • 新潮社 (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101102016

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
東野 圭吾
フランツ・カフカ
ヘルマン ヘッセ
サン=テグジュペ...
灰谷 健次郎
三島 由紀夫
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

二十四の瞳 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • とても有名なタイトル。
    不朽の名作と謳われていながら、未読でした。
    時代は昭和初期。自立した芯のある女性と無垢な子どもたちの交流を描いた物語、だと思っていました。
    物語が進むにつれ、忍び寄る戦争の影に、この時代の空気を感じました。貧しくとも明るい、いたずらや意地悪さえも振り返れば懐かしく思えるような毎日が、「戦争」というものによって失われていく。時代の理不尽さを前に、怒るでもなければ、叫ぶでもなく、大事な教え子を慈しむ眼差しに、なんだか泣きたくなりました。

    教え子たちを戦争に取られてしまうのも切ないけれど、平和な時代を知らない自分の息子が、戦地に行きたい、名誉の戦死を誇らしいと思うのを目にするのは、どれだけ辛いことでしょうか。
    自らの命を大事にするという当たり前の価値観さえ揺らがせる、戦争というものが怖くなります。むしろ、自分を、相手を大事にするという価値観を持ち続けていては、戦争はできないのでしょうね。

    戦争は悲愴。それでいて、本書は暗くない。
    あとがきには、「壺井さんの文学にはえくぼがあった」と書かれているけれど、本当にそのとおりで、こんな辛い時代においても、明るさを失わない、人の温かみのようなものがある。これが、戦争を糾弾するような物語であったなら、こんなにも長く人々の間で読み継がれることはなかったと思います。
    戦争はよくない。
    それはもちろんのことですが、そんな時代を逞しくも生き抜いてきた私たちの祖先に想いを馳せることができる、そんな1冊でした。

  • 昭和初期、師範学校を卒業して小豆島の分教場に赴任してきた大石先生と12人の教え子との愛情あふれる物語。(文庫裏表紙説明より)

    読む前は先生と生徒の物語なのかな、と思っていたけどどちらかというと戦争のことを描きたかった作品なのかなと思いました。
    大石先生にすごく感情移入してしまいました。赴任したての大石先生の苦労や戸惑いには私も思わず「あるある」と苦笑(笑)
    子どもは生まれる家や時代を選べないんだなぁ、生まれた環境で、時代で、順応して生きていかなければならないというのは今も昔も変わらないことなのだなぁということを改めて感じました。それを、学校の先生や親含め周りの大人がしっかり理解して子どもたちを伸ばしていってあげないといけないんだなぁと思います。

    あたたかくて、さびしい物語でした。

  • 8月も終りであります。まだまだ暑いですが、確実に夏は終焉を迎へやうとしてゐます。
    それにしても、今年はつくつく法師の鳴き声が聞こえない。
    先日、若林駅の周辺へ行く用事がありましたが、その時今年初めて鳴き声を聞きました。
    一方わたくしの住む豊田市中心部ではまだ鳴き声を確認できません。去年までは鳴いてゐたのに。なぜだ。

    毎年つくつく法師の声とともに、夏の終りを実感するのに、これでは秋を迎へることが出来ないではありませんか。
    ところで豊明市に住んでゐる中国人の友人によると、中国ではつくつく法師の鳴き声を「スキヤー、スキヤー」と表現するさうです。本当かね。他の人からの証言求む。

    『二十四の瞳』も、夏の終りに相応しい名作と申せませう。いや、わたくしが勝手に思つてゐるのですが。
    わたくしの周辺には、本作を敬遠する人が結構ゐます。喰はず嫌ひはいけません。
    さういふ人は、何か難しいことを考へてしまふのですね。単純に、物語を味はへばいいのに。その後で、いろいろと言ひたいことは言へばいいのであります。

    みなさま、頭でつかちになつては不可ません。自戒を込めて。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

  • とても良い作品でした。
    あまりこのテーマの作品は苦手で好んで読まないのだけど、
    (むなしくなるなど、何とも言えない気持ちになるので…)
    ほんのり優しい雰囲気の内容でよみやすかったです。

    特に222ページからの数ページは
    ちょっとうるうるきそうになったり…

  •  教師を目指す身でありながら未読なのはいかがなものかと思い手に取った次第ですが…予想よりもはるかに素晴らしい小説でした。
     社会という荒波に巻き込まれ、翻弄されていく命。小学一年生の十二人の人生が戦争によって左右されていく様が、大石先生の教師としての濃やかな視点から語られます。悔しさ、無念さ、怒り、そして震えるような悲しみ…教師以前に人として、大石先生は社会をまっすぐ見つめ、現代の私たちにまで訴えかける。
     特にこのラストシーンはたまりません。嗚咽が止まりませんでした。

  • 初めて読んだ。昭和初期の海辺の寒村の子供たちと女教員の物語。ほのぼのと描写される、日々の暮らしの中に貧困と戦争が影を落とすが、夢中に次はどうなるんだろう、と読んでいけた。
    文体も読みやすく、とても優しい気持ちになれた。

  • 大石先生と12人の生徒たち。12人の生徒たちの成長過程が描かれていて、
    子どもの頃に何度も読みました。この他にも、アンデルセンやグリムの童話、 
    椋鳩十の動物物語をよく読んでいました。

  • 所持/戦争という時代に翻弄されて貧しい中にも、どこか温かみがあって不思議な読後感。子どもたちの無邪気さがつらい。どの時代に生まれても風潮に合わせて生きていかなきゃいけないのは同じだけど、自分の意思とは関係のないところで、なんて理不尽な…と、改めて、平成に生きる自分の自由さを知る。

  • 児童書のような平易な文体なのでだれでも読めそう。すごいね。
    個人的にはもっとこっちのテンションを落としにきてくれても良かったと思う。でもそれをしちゃってたら現代まで残るほどは売れてなかっただろう。

  • 岬の学校を辞め、船で去って行く大石先生を、子どもたちの声がどこまでも追いかける。
    「せんせえ──。」
    「また、おいでえ。」
    「足がなおったら、またおいでえ。」
    「やくそくしたぞう。」
    「や、く、そ、く、し、た、どう。」
    それから十数年が経って、戦地へ赴く元教え子たちに、大石先生は思いの丈を伝えることはできなかった。
    戦争に行かせたくない。殺し合いなんてさせたくない。そうした言葉が許されずに、歓呼の声で送り出さなければならないのは、どんなに苦しかっただろう。
    読みたい本が読めて、感じたままをレビューに書ける今、自由の重みが胸にズンと響いた。

  • 277
    反戦の話やったんや。

  • 子どもの頃に何度も読んだ本です。
    あらすじは何となく覚えてはいますが、大人になって読んで、ひたむきな子ども達の姿に涙しました。
    今だから分かる事もいろいろあります。
    この物語は、静かな反戦の小説ともいえるように思います。
    夏になると、なんとなく読みたくなる1冊です。

  • 有名な作品だが、初めて手に取った。

    平仮名や方言が多く、始めはなかなか文章が頭に入ってこなかった。

    先生と生徒の学校生活の物語だと思いこんで読み進めていたので、何故この先生が人気者になるのか?と疑問だった。

    しかし私の視点が違った。
    この本はそのような本ではないと気づいてから、読書のスピードが上がった。

    後半は一気に読み進めてしまった。

  • 心温まる教師と生徒の当たり前のような日常と、戦争や貧困によって無残にもその日常を切り裂かれた子どもたちの苦悩が克明に描かれている。まっちゃんが弁当箱を肌見放さず持っていたと知った時は泣くかと思った。

  • ひらがなが多い小説が苦手だから読むのが大変だった
    時代によって子ども達が振り回される話。

  • 瀬戸内海の小さな島を舞台にした、新米教師の大石先生と純朴な12人の子供たちとの交流を描いた牧歌的な作品。
    ……と思いきや、物語が進むにつれて反戦的な描写が濃くなっていく。
    無邪気に軍国主義に染まっていく子供たちを一人歯がゆい思いで眺める大石先生の姿は、言いたいことも言えない戦時中の空気をありありと伝える。
    反戦という重いテーマはあくまで控えめで、それがいっそう説得力を強くしていると思う。
    映像的な表現の美しさもこの作品の魅力。

  • 小豆島旅行の前に読んだ。有名な作品だけどいつ読んだのか、そもそも読んだことあるのか、そんな感じだったので今回改めて読んで新鮮だったしおもしろかった。単に教師と生徒のこころあたたまる物語、と思ってたら20年にわたる物語だし、戦争や貧困が暗い影を落とすし、でも出てくる人々の素朴さ、優しさが印象的だった。

  • 壺井栄の文学には、えくぼがある。

    解説に書いてあったその表現が、とてもしっくりきた。

    小学生だった頃にはみな同じくキラキラ輝いていた二十四の瞳。時代や、家の経済的状況、いろいろなものに翻弄され、いつのまにかできているヒエラルキー。納得いかないことや、悲しい出来事もある中で、その中でもえくぼがあることでほっとできる。人生その眼差しが大切なんだと思う。

    えくぼは、狙って作るわけでなくて、自然にできるところがいい。壺井さんは凛とした、すてきな女性なんだな。

    女性が自分の意志で職業をもてる自由があること、自分のやりたいことを思うとおりにできることを、改めてありがたいと思ったのと、教師という職業を改めて素敵な職業だと思った。

    舞台である小豆島で読めてよかった。

  • 戦中を生きたおなご先生と教え子たちの小豆島でのお話。
    マッちゃんの百合柄のお弁当箱の話に、胸がぎゅーっときた。

  • 言わずと知れた不朽の名作。
    実は未読でした。
    読む前は「ヒューマニズムを前面に押し出した感動作」だとばかり思っていました。
    それは短絡的な見方です。
    面白いのです、笑えるのです。
    主人公の大石先生は一本松のある本村から、赴任先である岬のある村の分教場に自転車で通っています。
    往復16キロの道のり。
    ある日、嵐を含んだ風が頬をなぶり、大石先生は橋があればいいのにと空想します。
    海に七色のそり橋がかかります。
    45分も早く着いたものだから、
    「さあたいへんです。わたしのすがたを見た村の人たちは、いそいでとけいの針を四十五分ほどすすめるし、子どもたちときたら、見るも気のどくなほどあわてふためいて、たべかけの朝食をのどにつめ、あとはろくにたべずに家をとびだしました」
    「わたしが学校につくと、いまおきだしたばかりの男先生はおどろいて井戸ばたにかけつけ、手水をつかいはじめるし、年とったおくさんはおくさんで、ねまきも着かえるまがなく、しちりんをやけにあおぎながら、かた手でえりもとをあわせあわせ、きまりわるそうなていさいわらいをし、そっと目もとや口もとをこすりました。目のわるいおくさんは、朝おきるといつも目やにがたまっているのです……」
    吹き出しました。
    こういう思わず笑みを漏らしてしまう場面が随所にあるのですね。
    物語は前半、主人公の大石先生が初めて受け持った小学校1年生12人との、おかしくも心温まる交流が描かれます。
    でも、徐々に戦争と軍国主義が教室の中まで入ってきます。
    やがて男子は兵隊にとられ、女子も身をやつします。
    大石先生も、夫を戦争で失うなど翻弄されます。
    戦後、大石先生の歓迎会に集まった教え子は7人。
    12人のうち男子は3人が戦死、1人が失明(歓迎会には参加)、女子は1人が病死、1人は消息も知れない。
    陰惨な話にしようと思えばいくらでもできるでしょう。
    でも、読んでいて不必要に暗くならないのは、筆者の筆が明るいからです。
    それだけに逆に泣けるんですよね。
    文章は簡易平明、漢字はかなりひらがなに開かれていて、ちょっと読みにくいほど。
    小学生でも読めるでしょう。
    好戦的な発言が違和感なく受け入れられるどころか、喝采をもって迎えられる世の中です。
    「今は平時ではなく戦時なのだ」と喝破するジャーナリストもいます。
    そんな時代だからこそ、心静かに読みたい1冊です。

  • 「二十四の瞳」壺井栄
    戦争学童文学。湊鼠。
    @電子書籍 68 冊目。

    先日祖母に、ほとんど聞いたことのない戦争の話を聞きました。
    当時20歳で東京大空襲で焼き出され、人の助けと手に付いた職業(床屋)で何とかやってきたこと。
    当たり前ですが、今生きている私達は戦争を生き残った人々の子供達なんですね。
    それ以上でもそれ以下でもないですが、、戦争の話ってのは、戦争の体験者からしか聞くことは出来ない。

    二十四の瞳は瀬戸内の小島の寒村を舞台に、戦前戦後にわたる18年間を、新任教師と教え子たちの人生から描いた作品。
    「ひたひたと滲む悲壮感」「戦争の灰色の影」「生き残った先生と女の子達、死んでいった男の子達」
    確かに、映画を見るような文学です。

    小豆島旅行の合間に電子書籍で読みました。良きかな。(3)

  • 書棚の奥に眠っていたのを引っ張り出した。
    戦争が庶民の生活にどんな影響を及ぼしていたのかが、庶民の目線で明らかになる。特に、子供に与える影響は大である。内田樹が『疲れすぎて眠れぬ夜のために』で個性について述べていた内容を思い出した。おそらくこのことだ。

  • 片田舎の分校での、担任教師と十二人の生徒の物語。
    読む前は一年間とかの話かと思ってたけど、戦時中、戦後と話の流れが壮大で、担任教師の人生を一緒に体験していった気持ちになった。
    けがで休職したり、必ずしも順調ではなかったけれど、生徒たちと心ではつながっている。
    でも、生徒も、いろんな道に進んだ人がいて。

    じんわりとあたたかい気持ちになる物語でした。

  • テレビ番組を見て再読。

    やっぱり戦争はいけない。

全145件中 1 - 25件を表示

二十四の瞳 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

二十四の瞳 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

二十四の瞳 (新潮文庫)の単行本

二十四の瞳 (新潮文庫)の文庫

ツイートする