無人島に生きる十六人 (新潮文庫)

  • 1200人登録
  • 3.78評価
    • (128)
    • (151)
    • (182)
    • (16)
    • (7)
  • 205レビュー
著者 : 須川邦彦
  • 新潮社 (2003年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101103211

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
フランツ・カフカ
東野 圭吾
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 漂流物ってなんでこんなに面白いのか。この小説が異質なのは、こういう筋書きでありがちな内紛や派閥争いが無いこと。リーダーシップを執る船長の台詞が剛直果敢で、メンバーの士気も否応無しに高まる。マネジメントの見本書。アザラシとの交歓シーンも萌える。

  • 生きる知恵とは、この本に出てくる出来事に詰まっている気がする。
    絶対的なピンチにおける船長のコトバ、行動。そして乗組員の知恵と逞しさ。この話が事実であることが、同じ日本人として勇気をもらえた。
    最後の椎名誠の解説が素晴らしい。
    「本物の漂流記は、絶望と死とその隙間からほんの少し顔を覗かせている精神的な希望の光を、なんとかたぐりよせていこうとする慟哭と葛藤の連続している世界なのだろう」

  • 面白かった。リアルだし。
    海の描写は美しくて、心が洗われる。そう思えるように、皆生きたのだろう。

    ・あかつきの空には、星がきらめき、島も海も、まだ暗い。私は、すぐに海にはいって、海水をあびて、身をきよめた。つれだった三人も、無言で、私のするとおりに海水をあびた。
    水浴がすむと、四人は深呼吸をして、西からすこし北の日本の方を向いて、神様をおがんだ。それから、島の中央に行って、四人は、草の上にあぐらをかいてすわった。
    私は、じぶんの決心をうちあけていった。
    「いままでに、無人島に流れついた船の人たちに、いろいろ不幸なことが起こって、そのまま島の鬼となって、死んで行ったりしたのは、たいがい、じぶんはもう、うまれ故郷には帰れない、と絶望してしまったのが、原因であった。私は、このことを心配している。いまこの島にいる人たちは、それこそ、一つぶよりの、ほんとうの海の勇士であるけれども、ひょっとして、一人でも、気がよわくなってはこまる。一人一人が、ばらばらの気もちではいけない。きょうからは、げんかくな規律のもとに、16人が、一つのかたまりとなって、いつでも強い心で、しかも愉快に、ほんとうに男らしく、毎日毎日はずかしくなく、くらしていかなければならない。そして、りっぱな塾か、道場にいるような気持ちで生活しなければならない。この島にいるあいだも、私は、青年たちを、しっかりとみちびいていきたいと思う。君たち三人はどう思っているかききたいので、こんなに早く起こしたのだ」
    …私は、ことのきから、どんなことがあっても、おこらないこと、そして、しかったり、こごとをいったりしないことにきめた。みんなが、いつでも気もちよくしているためには、こごとは、じゃまになると思ったからである。

    ・われわれが、この無人島にいた間、さびしかったろう、たいくつしたろう、と思う人もあるだろう。どうして、どうして、そんなことはなかった。
    空にうかぶ雲でさえ、手をかえ品をかえて、われらをなぐさめてくれた。雲は、朝夕、ひにはえて、美しい色を、つぎつぎに見せてくれた。とりわけ、入道雲はおもしろく、見あきることがなかった。

    ・「インキがほしい」と、私がいった。
    水夫長が、万年灯にたまった油煙をあつめて、米を煮たかゆとまぜて、インキのようなものをつくった。そして、海鳥の太い羽で、りっぱな羽ペンはできたが、インキは役にたつものではなかった。
    漁業長が、カメアジの皮を煮つめて、にかわをつくって、水夫長の陰気にまぜて、とうとうりっぱなインキができあがった。このインキは、水に強く、帆布に文字を書いて海水にひたしても、消えない。

    ・はじめて「鯨とび」を見たときは、うれしかったね。せなかにひれのあるいわし鯨が、なんべんも、つづけてとんだのを見た人は少ないだろう。15メートルもある、あの大きなのが、頭を上に、ほとんどまっすぐに、海面からとびあがって、尾を海から高くはなしたな、と見るまに、大きな曲線をえがいて、頭の方から海にどぶうんとはいって、またとびあがるのだ。すばらしいなめし革のような白い腹には縦に幾筋も、大きな深いしわがある。灰色のせなかには、ちょっぴり三角のひれ。鯨ぜんたいが、日光にきらきらするのだ。

    ・おいらが31歳のとき、明治8年に、ボーニン島が、日本の領土となって、日本小笠原諸島とはっきりきまったのだ。おいらの生まれた島だ。なつかしい島だ。日本の領土となったのだから、おいらも日本人だ。そうだろう。それで帰化して日本人となった。フロスト・ウィリアムスが、日本名まえにかわって、島の名をそのままもらって、小笠原島吉。どうだ、いい名だろう。
    漁夫の範多のことも、ちょっといっておこう。範多のおやじは、捕鯨銃の射手から、ラッコ猟船の射手となった。鉄砲の名人だったよ。射手のこ... 続きを読む

  • ロビンソン・クルーソーなど無人島漂流記などと同じノンフィクションものが日本の明治時代に実際に存在したのを知り感動した。一気に読み終わった。

  • 無人島で遭難してしまった船乗り16人の話。熟練した船乗りだけあって、生活する上で使う知恵(特に水を得る方法、持ち物の節約法)が多く、勉強になると同時に臨場感が増します。
    自分の手元にあるもの、島から得られるものだけで生活しようという掟のもとに16人が知恵を出し合う事に感動しました。

    これ以降はネタバレになりますが、


    実話なのにこれだけ完璧なハッピーエンドを迎えるのはすごいです。
    ラストの助けが来る場面では鳥肌が立ちました。アザラシも助かって本当に良かった!

  • 大嵐で船が難破し、僕らは無人島に流れ着いた!明治31年、帆船・龍睡丸は太平洋上で座礁し、脱出した16人を乗せたボートは、珊瑚礁のちっちゃな島に漂着した。飲み水や火の確保、見張り櫓や海亀牧場作り、海鳥やあざらしとの交流など、助け合い、日々工夫する日本男児たちは、再び祖国の土を踏むことができるのだろうか?名作「十五少年漂流記」に勝る、感動の冒険実話。

  • うそっ?この話明治時代とかの話ですよ。しかも実話ベースの。日本男児は、これを読んで、性根を入れ替えよっ!
    いかなる状況下に於いても、このような素晴らしい精神と規律を持ち続けられる人に成りたいと奮い立たされる物語。

  • 海難事故に遭遇した乗組員十六人がいかにして無人島で生きながらえたのか。 規律ある生活、役割分担して仕事をし、そんな中で若い船員を教育をしていったという実話。 さすが本物の海の男たちである。

  • 作者である須川邦彦氏が東京高等商船学校の実習学生であった1903年(明治36年)に教官であった中川倉吉氏からきいた漂流体験談を元に書かれた本。

    漁業調査を目的に、明治31年12月28日に東京を出帆した龍睡丸は1月17日から1週間ほど吹きすさんだ大西風により錨を失い、帆柱は折れ、水タンクも破れたが、無事ホノルルへ避難。修繕を行い4月4日にホノルルを出帆した龍睡丸は5月20日に再び嵐にあい...。

    本書はおおむね中川氏の一人称視点で書かれている。46年前に一度聞いたきりの話にも関わらず、その描写は非常に細かく、かつ、生々しい。実話の形をとったフィクションのようにもみえるが、椎名誠氏によるあとがきによると、『冒険実話 りゅうすりゅうすゐ丸漂流記』(大道寺謙吉著)という本が1906年に出版されており、その本には商船学校教授による序文などが書かれていることなどから、この本の内容は(多少のデフォルメや誇張はあるかもしれないが)実話と考えてよさそうである。

  • 漂流記でも、とても爽やかな話。
    16人が力を出し合って支え合って、無人島生活を社会的に過ごします。
    ルールを守って秩序を乱す者がいないため、
    すごく気持ちよくさっぱりとしていて、好感が持てます。

    「竜宮城の花園」という章がお気に入り。
    とてもきれいな島の風景が書かれています。

    最後、船を発見したとき鳥肌が立つほどぞくぞくしました

  • 読書日:2017年10月5日-10月8日.
    読むきっかけとなったのは、昔から好きな漫画家である高尾滋女史がtwitterで『絶対TOKIOで実写化して欲しい』と呟いていた事です。

    この物語は明治時代に起きた実体験が語られています。
    船が難破してHawaii諸島にある無人島で暮らす事になった十六人の日本人と小笠原諸島で育った元U.S.人。

    感動所が随所にあり、とりわけ私は前向きに物事を考える事と諦めない心を学びました。

    そして入浴は海で行い、食糧は釣った魚や亀を調理し、自分が今持っているものを最大限利用する等
    何でもかんでも物を買うものではなく、足るを知る大切さを実感しました。

  • 実話の冒険記で、おじさん版の十五少年漂流記だそうである。こちらの冒険記は、誰ひとり死ぬことなく、無事に無人島での暮らしを終えられたのが安心し、ホッとした感じである。無人島の暮らしは黄金伝説で見たことはあるが、それと同様に、天候との戦いや、生活をするために知恵を振り絞って、自然を生かし、生きる術を見出し活用していく姿、動物や植物とのふれあいで命の大事さを感じたり、感動したりなど、大切なものが学べ、幾多の困難に立ち向かう姿、無人島のこと等について学ぶ姿が印象的だった。「十五少年~」の方も読んでみたい。

  • 15少年漂流記のおじさん版
    でも、ワクワク感は勝るとも劣らない

    カメが食べられすぎて、かわいそうだったが、生きる為にはしょうがないのか。。。

  • 明治の実話漂流記。朴訥な文章が明るい爽やかな雰囲気を醸し出す。2017.8.14

  • ここに登録するときに気付いたけど、もう青空文庫に入っているんですね!そんな古い作品ってことにまずビックリ。わざと拙めに書いたような文章が、かえって時代を感じさせない役割を果たしてます。翻訳ってことが関係あるのかもしらんけど、前に読んだ「エンデュアランス号漂流」の方が、もっと時代を感じた。それはさておき、ひたすら明るく無人島生活をやり過ごした16人が頼もし過ぎます。結果的に2季節くらいで救出されたけど、それが2年になっても大丈夫だったんじゃないかと思えるような頼もしさ。実際は陰の面もあるんだろうけど、ここには悲壮感が全くなく、躍動感溢れる冒険譚として読んでしまえるのがいい。面白し。

  • いやいや小説のような実話.ジョン万次郎にしてもしかり,日本の昔の海の男達は素晴らしい.

  •  吉村昭の「漂流」と比べると、ずいぶん明るい漂流記だ。「漂流」では、島の生き物はアホウドリと魚だったが、こっちの本では、もっとたくさんの、しかも人間との交流のある生き物が出てくる。はなしの舞台の年代は、こっちの本が明治で、「漂流」はその百年以上まえである。漂流した人たちの持っている知識・経験(それと、島に運び込めた道具)は、百年ぶんの差がある。この時代の差も、サバイバルの仕方の強さの差に栂なっているのかも知れない。
     椎名誠がどこかで勧めていた本で、10年近く前に買ったが、積ん読になっていた。読み始めると一日だった。

  • みんないい人。
    いつまで続くかわからない無人島生活を16人ひとりひとりが自覚を持って仕事をこなしチームワークで乗り越えてゆく。
    読んでいて楽しくて、彼らには申し訳ないがもう少し無人島にいてもらってもっと冒険を読ませて欲しかった。

  • 明っかるーい。
    悲惨の要素が一つもなし。
    読んでいて、本当に遭難しているの?
    って思えるくらい、皆さん生き生きしている。

  • 感動の実録冒険き?

  • やはり昔の男たちは根性が違うな…

    くじけずめげずやさぐれず、するべきことをして備える。

    食べられちゃったウミガメたちには気の毒だけど、こんな生活を共に体験した仲間はかけがえのない仲間になるだろう。

    これは男の子に読ませたいかんじ。

  • 遭難した無人島で
    船長がみんなに言い渡した4つの約束は

    地球人全員が指針にすべき心得だと思った。

  • 実話というのが凄い。
    全体的にコミカルな雰囲気ですが、中身は何気に壮絶です。
    16人の男のサバイバル。もう大変です。
    困難な状況に陥った時もこれだけ、コミカルに前向きに生きていけたら幸せです。

全205件中 1 - 25件を表示

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)の作品紹介

大嵐で船が難破し、僕らは無人島に流れついた!明治31年、帆船・龍睡丸は太平洋上で座礁し、脱出した16人を乗せたボートは、珊瑚礁のちっちゃな島に漂着した。飲み水や火の確保、見張り櫓や海亀牧場作り、海鳥やあざらしとの交流など、助け合い、日々工夫する日本男児たちは、再び祖国の土を踏むことができるのだろうか?名作『十五少年漂流記』に勝る、感動の冒険実話。

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする