花のれん (新潮文庫)

  • 645人登録
  • 3.68評価
    • (45)
    • (83)
    • (92)
    • (12)
    • (1)
  • 93レビュー
著者 : 山崎豊子
  • 新潮社 (1961年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104034

花のれん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 商いに生きた女興行師の生涯を描いた、直木賞受賞作。

    楽な方についつい流されてしまう弱い夫を持った多加の、誇り高く、魂を削って商いにすべてを捧げた生き様が圧巻です。
    正直、そこまでする?という程の努力と気遣い。

    多加の才覚ももちろんありますが、事業を大きくしていった根底にあったのが、人との縁でした。
    たしかに運もあったんでしょうが、人との縁を作るために、待たずに行動していったところに運を呼び込む鍵があったように感じます。
    人との縁を作るための多加の努力がいじらしい。
    最近こんな風に脇目を振らないで何かをひたむきに頑張るってことがないな・・・とふっと自分を省みたり。

    多加は自身の生き方を、独楽に喩えているんですよね。
    “わてみたいな商売人は、独楽みたいなもので、回っている間だけがたっているので、動きが止まった途端に倒れますねん、商人て何時まで経っても、しんどいものだす“ (p257)

    多加の人生は辛いことも多くて、決して楽な人生ではないし、本当に走り続けることしかできなかったんでしょうが、そうすることでしか手に入らないものは確かにあるだろうし、ある場面は涙なしでは読めません。

    この小説の魅力の1つは、なんと言っても大阪弁。
    商業言葉である大阪弁の、なんとも複雑豊富なニュアンスを持つ巧みな言葉であることか。
    本当に言葉が美しくて、特に商いの交渉場面は必見です。

    商いに生きたとはいえ、損得勘定のみを考えるではなく、常に「人」を大切にしていた多加の生き様は、いつの時代も人の心に響きます。

  • 大正から昭和にいたる大阪の寄席を舞台に、一からはじめた世界で、席主としてどん底からのし上がっていく「御寮人」多加の半生を描く痛快小説。
    最初は細やかな文体と大阪弁と寄席独特の用語が馴染みにくく少し読みづらかったのだが、慣れるてしまうと、上げ潮な展開もあってとても面白かった。
    山崎豊子さんらしく詳しい下調べに基づいていると思われ、寄席の世界についての描写もとても興味深かった。
    大阪商人の才覚とど根性があますことなく描写されるのだが、独特の大阪弁の言い回しが大変面白く、商魂の中にも和やかな雰囲気を醸し出している。
    多加の周囲でそれぞれ活写される登場人物もなかなか楽しい。儚い心を抱く市会議員の伊藤や息子久男との微妙な関係など、商売の合い間にみせる女性多加の人間味あふれる心の葛藤や、多加を助ける番頭のガマ口をはじめ芸人や客との会話など商売を彩るエピソードが盛り上がり、全体として豊かな人生を描き出せたといえよう。
    笑いを商売しているだけあって、物語全体としても大らかな楽しさに満ちており、ずっと続いていてほしいと思った小説であった。

  • 「暖簾」を読んだ方は是非セットでこちらもどうぞ。

    先代から継いだ呉服屋を寄席道楽に耽って潰してしまう、あまりにも頼りない夫を支えて大奮闘する女興行師の物語です。いっこうに商売に身が入らない夫に呆れ、いっそ道楽を本業にしたら働くかもしれないと一縷の望みを託した多加の勧めで寄席を買った夫は、冒頭で借財を残したまま妾宅で死亡します。控えめで大人しかった多加は他人の好奇の目をふりきるかのように、前作の「暖簾」父子もびっくりの気迫で金儲けに邁進します。

    金持ちになって見返してやりたいわけではなく、ましてや芸事が好きなわけでもない主人公は、ただただ反射神経だけで毎日を切り抜けていきます。そこには未来も正義も救いもあったものではないのですが、絶望している暇もないほどの爽快なスピード感です。そして何かに取り憑かれたかのように商売をする間も、人情の機微を忘れず、お客さんと芸人さんと使用人たちを大切にする多加には自然とお金が集まってきます。

    目まぐるしく飛び交う大阪弁は、えげつなくずけずけと言い合っているようでも見苦しくなく、テンポよく商談がまとまっていきます。大阪弁の威力に圧倒されること間違いなしです。「暖簾」に引き続き、生粋の大阪人を自負する著者の思い入れの強さを感じた作品でした。

    女主人公ということで、淡い恋心、息子とのすれ違い、息子が頼りにしている女中に対する嫉妬なんかもちょこちょこ挿んであるものの、やはりメインは女商人のど根性。細腕で采配をふるう多加を見るにつけ、頭下げて這いつくばって恥も外聞も捨てて、商売で身を立てていくとはどういうことかを、ひしと感ることでしょう。戦前の上方の寄席小屋や大阪商人の世界が生き生きと描かれていて、春団治、松鶴、エンタツ・アチャコなど、芸人さんが実名で登場しています。漫才・落語に詳しい方にもおすすめです。

  • 最近の小説と違って全般に淡々と書かれており、また、無理に深刻にもされていないので気楽に読めた。

  • 吉本興業の創業者である、吉本せいをモデルとして描いたフィクションです。女性としてせいと、一気呵成に商売人になっていく様が現実に近い形(どこまで現実に近いのかはわかりませんが)で著されています。その商売人としての才覚は見事で、読んでいて得心のいくものでした。

  • 朝ドラが幼稚に感じ見る気失せた。見るけどな。こちらは真逆、ナニワ女商人のど根性ぎっしり、ねっとり、みっちり。

  • 古い作品ですが、ドラマと同じ人物がモデルということで読んでみました
    古さは感じますが、読みにくくはないです

    寄席商売にどっぷりはまっていく女一代記、徐々に話に引き込まれていきます

  • 吉本の創業者、せいをモデルにした話であるが、作者の創作がなせる最後である。 凄く古い本ではあったが、テレビで
    ドラマになると言うことで、ちょっと読んでみた。やはり波瀾万丈の時代と活躍で、あの時代を生きたことがよく分かる。今の吉本の基礎を作った人であるとこの本からも読み取れた。結構終わり方も良い。

  • 吉本興業を起こした女主人 多加の物語。女である事が、今よりずっと不利であった時代に、その才覚と根性で笑の世界でのし上がっていく。大阪弁でポンポンと物語が進んで痛快だが、ラストは悲しい。仕事に全てを賭け、好きな人と結ばれる事も諦めた。戦争の陰が大きくのしかかり、全てを失ってしまう。その後が知りたい。

  • 最初は面白かったんだけど。
    うーん

全93件中 1 - 10件を表示

山崎豊子の作品

花のれん (新潮文庫)に関連する談話室の質問

花のれん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花のれん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花のれん (新潮文庫)の文庫

花のれん (新潮文庫)の-

花のれん (新潮文庫)のKindle版

ツイートする