不毛地帯 (3) (新潮文庫)

  • 458人登録
  • 3.86評価
    • (70)
    • (59)
    • (93)
    • (3)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 山崎豊子
  • 新潮社 (1983年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (632ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104171

不毛地帯 (3) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  自動車会社の日米合弁。東京商事の鮫島にしてやられ、一敗地にまみれる。そして、油田開発事業への参画へ。

    正直、シベリア体験が壹岐の心象風景に影響を与えた、そんな描写が皆無である。その上、敵への冷酷な仕打ちの徹底、公益より私欲という人物への生理的嫌悪といった人間の生の感情すら見られない。ある意味、壹岐に露わになっているロボットのような、あるいは絵に描いたような無欠な人格者という人物造形が気持ち悪い。

  •  第三の世界戦争ーー1970年代の国際経済競争はまさに戦争と違わないほど熾烈を極めていた。
     その最前線に立つ壱岐は愚直なほど正攻法で攻めるも、大人の事情的なことのせいで煮湯を飲まされる。
     目の敵にされることも多く、障害が多いのは出来る人の宿命なのか。
     実際の戦争は武力が物をいうのに対し、経済競争は「実弾」、現金が有効なのか。一体誰のために日本を豊かにしたいんだろう。

    に しても里井副社長器小さくない?死にそうになっておきながら、「壱岐が救急車を呼んだから」と恨み節をいうなんてほんとしょうもない男。
     まあすぐに一線から退く運命にあることは目に見えてたわ。

     そして、親の恋愛って子どもの立場からは複雑やんな。
     子どもは成人してて、奥さんに先立たれた人なら、論理的には恋愛も可能だけど、感情的になれない部分がある気がする。
     うん。とりとめがなさすぎる。

  •  千代田自動車とは、いすゞ自動車のことらしい。フォークはフォードで、最終的にはマツダと資本提携しているので近畿商事(伊藤忠)は日商岩井に敗れるのであった。ノンフィクションじゃないが、史実を参考にしているのは間違いない。それよりもなによりも、壹岐正と千里の関係が行きつ戻つ、結局「すんのかい」(笑えた

  • 先が早く読みたい

  • レビュー最終巻で。

  • 戦後直後から11年間シベリアで捕虜になりその後、帰国してからは商社に勤めだす。
    主人公が回想するシベリア抑留の悲惨さと、商社マンとして社会の中で闘っていく姿に、時代の流れや人々の気持ちの揺れに考えさせられるものがある。
    過去(シベリア回想)と現在(商社勤務)の緩急をつけた表現がみごとである。

  • 600p越えの本だけど、おもしろくてつい隙間時間に読んじゃう。
    人間の感情とその変化の捉え方がうますぎ。

  • 壹岐正と秋津千里

    仕事に打ち込む壹岐正と秋津千里といる壹岐正

    どちらが理想か

  • 二巻が衝撃のラストで、主人公の女性関係がないと面白くないからなんだろうけど、ビジネス以外の小説部分も気になる展開。
    改めて、政治、ということを考えさせられる。社内政治やら、日本の政治家やら、新興国の政治家やら、政治がらみの内容てんこ盛り。

    Dec, 2011

  • この人の本は、史実を調べて重ね合わせながら読むのも一興。

全39件中 1 - 10件を表示

山崎豊子の作品

不毛地帯 (3) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不毛地帯 (3) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不毛地帯 (3) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

不毛地帯 (3) (新潮文庫)の単行本

不毛地帯 (3) (新潮文庫)のKindle版

不毛地帯 (3) (新潮文庫)の文庫

ツイートする