二つの祖国〈下〉 (新潮文庫)

  • 505人登録
  • 3.94評価
    • (85)
    • (53)
    • (94)
    • (3)
    • (0)
  • 39レビュー
著者 : 山崎豊子
  • 新潮社 (1986年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (612ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104218

二つの祖国〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ようやく読了。長かった。
    しかし、いち日本人として、読んでおいて損の無い一作だったことは間違いなし。

    ★3つ、7ポイント半。
    2017.09.18.図。

    ※下巻を読んでる最中に原爆ドームを訪れることになるというタイムリーさに、話の重みが倍増した。

    ※(作中でも記述はあるが)
    東京裁判で散っていった男達の悲運には同情し、散り際の潔さは立派だったと思う。
    しかし、
    例え「戦勝国による報復裁判」であろうと、自分の主張をある程度以上主張出来、家族との別れも済ませ覚悟を決めて死刑台に立つことのできた彼らは・・・・・

    国からの紙見れ一枚で召集され遠い異国で若い命を散らし、妻や子や親元には骨一本も届けられなかった幾千幾万もの命たちと比べれば、やはり数段恵まれていたのだろうと思われる。

    日本の国を守るため、という言い分も分かる。

    しかし、、、ね、、、と。

  • ものすごく難しいテーマ。
    昔は外国人が珍しかったはずだし、日本人って(自分も含むが)知らないものを怖がるというか、率先して受け入れるのが苦手なんですね。
    当時のことは伝聞でしか知らない世代ですが、今はどんどん外国人の方が日本を訪問され、また居住され、同じ職場、同じ学校でともに過ごすことが増えています。
    なのでもっともっと受け入れる度量は大きくなってるだろうなと思います。

    今回のテーマは日系二世が太平洋戦争に突入した時に、アメリカではどんなことが行われ、 また日本においてはどうだったか、どちらの国にいても敵国の人だという風に見られ、自国の人とは差別を受けたのだそうです。

    それでも父なる国、母なる国と双方の国を思い、自身ができる最善解を見つけ出そうと努力する、素敵な日本像が描かれています。

    東京裁判ということも言葉は知っていますが、こんなに長い歳月を掛けて、いろんな言葉に翻訳されて、戦勝国の都合の良い形になっている部分もあるとは思いますが、何とかけじめをつけて戦後復興に踏み出したのだとわかりました。

    日本人としてもっと知っておくべきだと思いますが、なかなか興味を持つのが難しい。私自身も年齢を経てからようやくこの分野に興味を持ちましたし。若い子達にもどうすれば知ってもらえるのだろうか?という部分もありますが、この本なんかは最適ではないかなと思います。
    中学生には早いかもしれませんが、息子にも読ませてみようかな。ー

  • 終戦。
    日本を占領した米軍を中心とする連合軍は
    戦犯を裁く為に東京裁判を開始した。
    それははっきりと復讐裁判であった。
    モニターとして裁判の通訳に関わる事になった主人公は
    またもや二つの祖国の間で激しく苦悩する。
    恋人の被爆、家庭の崩壊、前線で邂逅した弟からの憎悪。
    二つの祖国を愛するがゆえの苦悩が、次第に彼の心を蝕んでいく。

    よき人間であろうとするほどに、苦悩し、追い込まれていく。
    戦争という異常な状況が、人間の醜い心を
    顕わにしていくのだろうか。


    簡単に戦争が悪いとは片付けられない、人間の本質的な
    悪しき心を、作者はじっくりと見つめ、
    描いているような気がする。

    結末は、こうせざるを得なかったのかもしれない。
    重く哀しい物語であった。

  • 日系二世を主人公にした作品

    東京裁判の話が非常に印象的で外国人が日本人の弁護人となり法廷で闘う姿は国家を超えた正義や法の大切さを伝えてくれる

    ラストは最初はうまく理解できなかったし、今でもそう。
    やはり自分は戦争を体験してないし、ましてや二つの祖国の間で苦悩することもない、それを疑似的に体験させてくれるのが本の素晴らしさなのだろう

  • なんと救いのない。
    そういう歴史があるのだと知らなければならなかった

  • 考えさせられる。
    愛国心がない国で産まれ、育ったからこそ心に響きます。
    戦国時代の武士、江戸時代の侍、明治時代の志士、高度経済成長期のサラリーマンしかり自分の帰属する組織が自分のアイデンティティーになった時代があったのだなぁ。

    そして現代にはなぜそれがあまりないのだろう。

    良きも悪きも含め、自分の命をかけて信じられる、また命を左右するアイデンティティーや信念がある人たちの話は素敵です。

    きっとそう感じてしまうのはいまの自分にないからなんだろうな。

  • なぜそうなるのか・・・。アメリカめ。

  • 「鳥の将に死なんとする其の鳴くや哀し。人の将に死なんとする其の言ふや善し。」
    死を覚悟し従容たる態度で証人台に臨む被告の様様子。
    アメリカと日本、二つの祖国の狭間で揺れる日系二世を主人公とした長編小説の完結。物語そのものもさることながら、これだけ緻密に戦中戦後を描写した山崎豊子先生の取材力は圧巻。
    あとがきにもあったように、特に東京裁判で戦犯として裁かれる被告と弁護人、検事、通訳、モニターの描写は将に主人公の置かれた状況の如く重いプレッシャーを感じられていたようだ。上中下巻の内半分近くが軍事裁判で占められ、被告一人一人描かれている。
    (読むのはとても疲れる...)

    移民先での人種差別、真珠湾攻撃、強制収容所での生活、語学兵としての戦線活動、原爆、東京裁判。

    アメリカ国籍をもっていた日系二世の梛子が原爆症で死ぬ時の「私はアメリカの敵だったのか」という言葉。
    アメリカの正義と公平性を信じ忠実に職務を全うしたにも関わらず、日系二世であるが故に常にアメリカへの忠誠心を疑われ続けた主人公の「私には祖国を見つけられなかった」という言葉。

    敗戦国として裁かれるとはいえ、証人台に臨むことで法廷記録を残す、後世に見直されるべき証言を残す意味。
    改めて日本の歩んできた近現代の重さをかみ締める。

  • 裁判の解説が難解でした

全39件中 1 - 10件を表示

山崎豊子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

二つの祖国〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

二つの祖国〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

二つの祖国〈下〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする