不毛地帯 第2巻 (新潮文庫 や 5-41)

  • 1548人登録
  • 4.27評価
    • (222)
    • (198)
    • (72)
    • (6)
    • (1)
  • 79レビュー
著者 : 山崎豊子
  • 新潮社 (2009年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104416

不毛地帯 第2巻 (新潮文庫 や 5-41)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 商社マン見習いから、商社のエースに。
    目の前にあることを信念持って進めている、結果も出している、商社マンとしては自他共認める優秀さ、のはずなのに、周りが不幸になったり、社内の軋轢を感じたり、自分がやっていることや進んでいる道に疑問が生じる。
    1巻目とは趣異なる第2巻。面白い。

  • 時期戦闘機FXバトルに勝利するも、防衛庁の元同期が自殺したり色々悲しい感じからの、8年経って取締役常務へ大出世。社内から嫉妬されたり疎まれつつも、頭脳集団を作り上げ中東戦争をぴたりと当てて大儲け、くらいで終了。いちいちドラマチックかつほろ苦くて、確かにこれは面白い。さてこの先どうなる。

  • 2016

  • FX、二次防とアラブ・イスラエル戦での東京商事との激戦、息もつかせぬ攻防だった。
     
    元関東軍の作戦参謀として、
    従来の接待などの饗応作戦や金品ばら撒きでなく、
     
    社長直属、全社的な経営戦略を立案する営業本部を組織しての情報戦を展開していて、
     
    ビジネスマンが命を懸けて働いているのが印象的だった。
     
    舞台が世界に広がって、華僑のエネルギッシュさもすごかった。

  • 内容が政治の話、世界情勢も絡み難しくなってきたけれど、生々しい内容でした。こんな風に世の中が動いていたんだと今さらながら勉強になりました。

  • 1巻からは想像もできないほど商社で泥臭い才能を発揮する壱岐。
    シベリア抑留を強い気持ちで耐えてきた男が、商社に入った途端こうなるのか?というくらい仕事に対しての豹変振りはちょっと驚きです。
    まだ半分も終わっていないので、今後の展開が楽しみ。

  • 防衛庁の戦闘機選定商戦に勝利するも、陸軍時代の親友を亡くす主人公の壱岐。そして、時間は一気に経過し、中東戦争の時代に。嘱託から常務に昇進した壱岐、商社を取り巻く様々な暗い影が、ヒタヒタと忍び寄ってくる。

  • 不毛地帯2巻。
    商社に入社した主人公が、葛藤を抱えながらも、いくつかの商戦で活躍してゆく。

    卓越した分析能力や人脈を駆使しながら勝ってゆく姿にはわくわくするものの、それにまつわる人と人との闇のようなものに、どこか悲しい気持ちになります。

    しかし、これが現実なのかもしれませんね。

  • 9/18

  • どろどろした商社の世界。シベリア抑留の話が終わって平和な話が続くのかと思ったら、下山事件ばりの鉄道自殺のシーンがあったり、中東での戦争の影響があったり、飽きさせなかった。

全79件中 1 - 10件を表示

山崎豊子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

不毛地帯 第2巻 (新潮文庫 や 5-41)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不毛地帯 第2巻 (新潮文庫 や 5-41)の単行本

不毛地帯 第2巻 (新潮文庫 や 5-41)の文庫

不毛地帯 第2巻 (新潮文庫 や 5-41)のKindle版

ツイートする