不毛地帯 第5巻 (新潮文庫 や 5-44)

  • 1410人登録
  • 4.38評価
    • (246)
    • (166)
    • (50)
    • (8)
    • (1)
  • 98レビュー
著者 : 山崎豊子
  • 新潮社 (2009年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101104447

不毛地帯 第5巻 (新潮文庫 や 5-44)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サルベスタン鉱区の国際入札で一番札を取るため、近畿商事の兵藤はイラン国王の侍医であるドクター・フォルジと接触する。
    しかし、ドクターとの話し合いがモスクワで行われることを聞いた壹岐は、顔を硬ばらせ、「君には、極北の流刑地で、囚人番号を捺されて、地下数十メートルの暗黒の坑内で、鶴嘴を持って使役された人間の苦しみが解るか!」と激昂した(ドラマのこのシーンの唐沢寿明さんがすごくよかった!)。

    結局、近畿・オリオングループが3,990万ドルという高値で落札に成功するが、それから3年8ヶ月、三号井(さんごうせい)まで掘り進めても油は一向に出ない。
    続く四号井も廃坑になり、壹岐が資金調達に奔走する中、大門社長が棉花相場で46億円もの損を出していることが明るみになる。
    この損失の責任を取るべく、壹岐が棉花部長の伊原に進退伺いを出させたところには、組織の厳しさがありありと描かれている気がした。

    五号井で大油田の発見に成功したのを花道に、壹岐は大門に勇退を勧める。
    しかしそれは、社長の座を取って替わろうとするためではなく、自分に第二の人生を与えてくれた大門社長と企業の発展を思ってのことだった。

    近畿商事を辞め、朔風会の仕事に第三の人生を尽くすことにした壹岐が、シベリアの白い大地を見て涙を流す最後のシーンに目頭が熱くなった。

    全五巻、3,000ページにおよぶこの一大巨編を書くのに、山崎豊子さんはいったいどれほどの取材を行ったのだろう?
    僕にとって、これまでに読んだ小説の中でまぎれもなく質、量ともにナンバー・1の傑作だった。
    壹岐正という1人の孤独な男の姿を通して、今も人々の心に残る戦争の傷痕と熾烈な商戦の実態を知ることができ、本当によい小説に巡り会えたと思う。

  • この小説は、昭和48年から53年にかけて書かれている。シベリア抑留に続き、最初の商戦となるFXを巡った死闘を読みながら、これは全日空の旅客機選定を巡るロッキード事件、そしてまさにFXに絡むダグラス・グラマン事件を取り上げたものだとばかり思っていた。しかし、両事件ともこの小説の連載が始まって後に明るみになったという。そうならば、巻末の解説にあるように、まさに事件の予見に違いない。著書が、社会の闇に隠されている問題をいかに正確に取材されていたかが伺い知れる。

  • 第1巻〜第5巻まとめて

    シベリアが出てこなくなってから
    企業小説化。

    『ライバルと親戚になる』等、ややベタな一面もあるが
    それを感じさせない重厚さ。
    全部読み返すことは少なそうだが、部分部分気になる。

  • 不毛地帯に大地の陣痛が聞こえた

  • 油田開発ビジネスの結果が出る以上に興味深い、トップの身の引き方。

  • 入札で取ったはいいけど出なくてやばかった石油が遂に出て、くすぶっていた自動車提携も最後に話を進めて、相場でおかしくなった大門社長と一緒に退陣して終了。うっとうしかった恋愛ネタもほろ苦い感じで終わり、結局最初に戻ってシベリアの同胞のために第3の人生を生きていく、と。5巻はホントに怒涛の展開でめっちゃ面白かった。長かったけど。

  • 2016

  • 身の引きかた、第三の人生の選び方がいさぎよい。
    壱岐正の人間性で読まされた本。

  • 悪戦苦闘の末読了。
    壱岐正という主人公の生きざまはかっこいいし、一本筋が通っているのだか、逆にいうと国際商戦の中ではこんなきれいごとでは行かないだろうという作り話っぽいところもある。

  • 今読んでも十分新鮮な最高クラスの企業小説。事実に基づきつつ見事に面白く仕立てる作者だと思う。

全98件中 1 - 10件を表示

山崎豊子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
村上 春樹
宮部 みゆき
山崎 豊子
有効な右矢印 無効な右矢印

不毛地帯 第5巻 (新潮文庫 や 5-44)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不毛地帯 第5巻 (新潮文庫 や 5-44)のKindle版

ツイートする