汽車旅放浪記 (新潮文庫)

  • 47人登録
  • 3.45評価
    • (0)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 関川夏央
  • 新潮社 (2009年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101107158

汽車旅放浪記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 団塊おやじのノスタルジーへの時間、空間旅行記。最近ローカル線の旅行に凝っているという関川の旅は、漱石、百聞、宮沢賢治、林芙美子、宮脇俊三等の鉄道を題材にした文学者に導かれて、自分の青少年期へトリップする。これに刺激されて団塊の初老鉄が増えるかも。

  • 近代文学に登場する鉄道について新潟出身の筆者が当時の時刻表を紐解いたり、現地を乗りあるいたりして説く読みもの。大宰、賢二、漱石、林芙美子などなど、作品に触れたくなった。

  • 単行本刊行時は読む機会を逃し、文庫本になってから1年数ヶ月。ようやく読むことができました。(他の本の中に埋もれていたのを発見しただけのこと)多くの作家が作品の中で登場させてきた鉄道を、鉄分の高い著者が追体験する。解説はこれまた鉄分の高い原武史氏。「読み鉄」(こういうジャンルってあるの?)の皆さんには最高の一冊。私は、久大線の車中で途中まで読みました。

全4件中 1 - 4件を表示

汽車旅放浪記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

汽車旅放浪記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

汽車旅放浪記 (新潮文庫)はこんな本です

汽車旅放浪記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする