黒い福音 (新潮文庫)

  • 242人登録
  • 3.49評価
    • (11)
    • (29)
    • (45)
    • (6)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 松本清張
  • 新潮社 (1970年12月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (699ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101109138

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

黒い福音 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  •  同じ教団に所属する者として戦慄したのは、本作によってではなく、当時の週刊誌のインタビューに載ったある女性作家のコメントである。
     司祭による殺人(容疑)というセンセーショナルな事件に対し、この作家は以下のように述べている。
     「神父様の瞳をご覧になって下さい。澄み切った美しい瞳です。決して人を殺せるような方の目ではありません」

     ベルメルシュ神父(作中ではトルベッキ神父)は2009年時点でカナダの地元の名士として存命中であった。この事件についてはノーコメントを通し、死者への哀悼のことばはなかったと聞く。

     なお本事件に関し、日本のサレジオ会(作中ではバジリオ会)でも真相を曖昧にした当時の教会当局のあり方を批判する声があることは明記しておきたい。

  • ある日本人スチュワーデスの殺人事件を追ううちに、教会の闇物資や麻薬取引にも事件と関係があることがわかってくる。事件を追う警察や新聞社だが、教会の閉鎖的な慣習と戦後間もない日本の立場の弱さが、犯人逮捕の道を閉ざしていく。実際に日本で起きた事件をもとに描かれた小説。信仰の名の下に、教会のためなら善悪の判断もつかなくなってしまった神父たち。神父は悪いことをしないという前提のもと、擁護する信者たち。何かがおかしいのにそこがわかっていないその感覚。わたしが宗教に何となく苦手感を持っている理由がそこにあるような気がする。

  • この作品は、昭和34~35年に書かれたもの。
    清張が50歳位の時に書かれた作品である。

    日本人スチュワーデス殺人事件という実際にあった事件をヒントに書かれたもので、当時としてはタイムリーな作品であり、それなりに読まれたようである。

  • 実際にあった未解決事件を元に書かれた小説。綿密な取材を元にストーリーは展開されていく。著者は死体のあった現場等にも足を運んだそうだ。事件は俗に言うスチュワーデス殺人事件。容疑者には教会の神父があがったが、裏に潜む闇の人物、教会とのつながり、どれも確信に近いものだったのに当時の時代背景によって、国際問題に発展する可能性を秘めたこの事件は慎重に扱わざるを得なかった。モタモタしているうちに容疑者は国外へ。事件は闇の中へ葬りさられてしまった。この小説が事実に近いものならば…殺された被害者は一体どういう気持ちの中、死んでいったのだろうか。死に顔は穏やかで笑みを浮かべているようだった。とあるが最後まで愛を信じたのだろうか。

  • 実際の事件を基にした作品。
    いつの時代にも本来行く場所に行くものを
    くすねる愚か者は存在します。
    こともあろうか、それが「聖職者」だったのです。

    しかも聖職者どもは
    平然と禁忌を破り、快楽にふけっていたわけで。
    もう神って何?となってしまいますね。

    結局のところ女におぼれた男は
    その女を悪事に加担させることに失敗し
    抹消するという悲しい事態へと落ちます。
    ただし、その男か?というと疑問で。

    日本が敗戦国だったことで起きた
    痛ましい事件です。
    でも、こんなことがあっても
    人は弱くて、過ちを繰り返すんですよね。

  • 解説を含むと文庫で699ページに渡る長編でありますが、
    読み始めるとどんどん気になり、第二部はほぼ一気に読んでしまいました。
    先日、三億円事件と黒い福音がドラマスペシャルで行われていて、
    そこで気になった原作本。
    ドラマでは、第一部がほぼ割愛され、ビートたけしさん演じる
    刑事たちの視点がメインとなっていたので、
    原作を読むとトルベック側の状況がよくわかりました。

    宗教組織を守る、という一点で、その目的のためなら
    麻薬の密輸までも行う。
    トルベック神父、ルネ・ビリエ神父の欲望に負けて破戒の日々を
    歩むのに、それをうまく自分のなかでごまかして、納得させて
    悪事を働く姿を見て
    宗教組織というものに属することへの恐怖を感じてしまいます。
    正義をふりかざせる立場の危なさよ。

    「聖職者が人殺しをするうなどと考える奴らは、魂に悪魔が棲んでいます」

    といいますが、夜ごと女性と肉体関係を持ち、砂糖、麻薬などの密売を繰り返す
    聖職者は、悪魔そのものではないのでしょうか。

    結局、首相が、控えているヨーロッパ外交への影響も考え、
    犯人であるトルベックや関係する人物を国外へ。

    検索すると当時の首相である岸信介は、ノーベル平和賞候補に推薦されていたとか。
    全体の権益を考えたら、1人の人殺しなどどうでもよい、という人が
    ノーベル平和賞受賞にならなくて良かったと思います。
    小説ではありますが、事実もほぼ等しいと、私は考えますので。

    警察の現場レベルで頑張っても、上層部からの圧力で悔しい思いをする。
    こういう物語は、昔も今も変わらないことが残念です。

    松本さんのこのジャンルの他の作品も読みたいと思いました。

  • たけしのドラマを先に見たので、原作が読みたくなって読みました。ドラマが先だったので特に違和感もなく伏線なども分かってよかったです。
    竹内結子演じる江原の役が、あまりに原作と違い過ぎたのに笑えました。

    それよりも何よりも久しぶりの松本清張が面白かったけど時間がかかった。
    文章が今どきの作家と違ってきちんとしてるけど堅苦しい。でも読みごたえはある。

  • ビートたけしのドラマを見た。
    ふつうにとってもおもしろかった(o´▽`o)

    ただ・・・・・・・暗いw 画面がwww
    わたしのテレビの問題じゃないはず・・・w
    すごく見づらかったwwww

  • ビートたけしのドラマを見ました。レトロで地味・・・と思ってたら、実在の未解決事件!?とエンドロールで気付く。とたんに見方が変わった。踏み込めない教会、外国人、密輸に集団で手を染めた外国航空会社・・・戦後日本はなんて混沌としていたのか。

  • 社会派松本清張の憤怒がこの作品を生み出した。

    50年前の日本人スチュワーデス殺人事件を扱った本書は

    終戦後の日本の国際的地位の低さと

    勝戦国から流入した、人、物、金、そして思想がいかに敗戦国である日本に影響を及ぼしたのか、教えてくれる。

    清張の取材力と、原動力となった怒りが、本書を映えさせている。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4101109133
    ── 松本 清張《黒い福音 19701225 新潮文庫》19701229
     
    ── 松本 清張《黒い福音 19591103-19600607 週刊コウロン 19720630 新潮社》
     
     松本 清張・原作/ビート たけし・主演
     
    ── 《張込み  20020302 21:00-23:21 テレビ朝日》清張没後10年
    ── 《鬼畜   20021015 20040324 21:00-23:24 日本テレビ》開局50周年
    ── 《点と線  20071124-1125 21:03-23:21 20091108 21:00-23:44 テレビ朝日》
    ── 《黒い福音 2014‥‥ テレビ朝日》開局55周年
     
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1381177337/-100
     

  • 50数年前に実際に起きた、外国人神父による日本人スチュワーデス殺人事件を題材にした推理形式の問題作品

  • 「黒革の手帳」が本気で何が面白いのか分からなかったので、僕のなかで松本清張は火曜サスペンス劇場の人ぐらいのポジションになってしまっていたのですが、この「黒い福音」はよかった。

    そもそも僕は、吉村昭作品のようなノンフィクション小説が好きで、本を読み終わったあとは「現実すげー」とアホ面で元ネタの事件について色々調べたりして賢くなった気になっているわけですから、同じく現実に起きた事件を下敷きにしたこの「黒い福音」が面白くないはずはなかったのでした。

    しかしこの作品のすごいのは、吉村昭小説では出来る限り事実に即して物語が描かれるのに対し、犯人が結局捕まっていない殺人事件の犯人の行動を全部書いてしまって、「こいつが犯人です」と真顔で言ってしまうところ。

    様々な人たちの思惑や、政治情勢の影響によって結局検挙されなかった犯人に対し、そして世界に対し、毅然とNOを突きつけられる文学の可能性を僕は、火曜サスペンスの人だと思っていた松本清張に教えられたのでした。やっぱり読まず嫌いはダメですね。

  • 聖職者として身を捧げようとする外国人神父が、一人の女性と恋に落ちる。彼をとりまく教会関係者と裏で暗躍する巨大犯罪組織が、信仰心と愛欲の狭間で葛藤する彼を巧みに利用しようとして、悲劇が起きてしまう。

    純粋無垢な神父が追いつめられ犯罪に手を染めてしまうまでの過程と、そして宗教団体をとりまく巨大な闇組織の全貌を後一歩まで追いつめる警察官の様子が非常にスリリングに描かれ、最後まで目が離せなかった。

    しかしこのストーリーが実際に起きた殺人事件を基に作られたということを知った時が一番震撼してしまったが・・

  • 実話に基づく推理小説。
    スチュワーデス殺人事件とその背後にある教会と密輸組織の関与を暴く。
    久々に読んだ松本清張。最後に捕まらないところがスッキリしないけど、実話に基づくなら仕方ないか。
    他のもまた読んでみたい!

  • 実際に起きた事件をもとにしていることから、リアリティはあるが、事実に忠実なぶん内容が平凡になっているように感じられた。
    それにしても、当時のサレジオ会ってめちゃくちゃやってたんだなあ。幾ら時代が違うとはいえ、唖然とする。

  • 前半が無駄に長い気がして...読むのに随分時間がかかってしまった。

  • 良人が罪人になっていくありさまを克明に記す。誰しもが罠にはまる可能性があるのだという人間の脆さをうまく描いている。

  • 2010年10月4日(月)、読了。

  • 【No.135】実際に起きたスチュワーデス殺人事件をモチーフにした作品。犯人が宗教団体の外国人神父だったため、日本の警察は逮捕できなかった。

  • 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    救援物資の横流し、麻薬の密輸から殺人事件まで、“神の名”のもとに行われた恐るべき犯罪の数々。日本の国際的な立場が弱かったために、事件の核心に迫りながらキリスト教団の閉鎖的権威主義に屈せざるを得なかった警視庁―。現実に起った外人神父による日本人スチュワーデス殺人事件の顛末に強い疑問と怒りをいだいた著者が綿密な調査を重ね、推理と解決を提示した問題作。

  • 中央公論社のハードカバーな清張。清張は文庫だらけなので稀。
    真っ黒なジャケットに、真っ赤な紙ととっても凝った装丁です。お洒落!
    外国人宣教師が関わったとされるスチュワーデス殺人事件を題材にした内容で、
    清張にしては珍しく美男美女がしかもロマンティックに書かれてます。
    ネタバレになるのであまり書きませんが、
    前半の平穏な舞台と、後半の怒涛の事件の流れが面白いです。
    推理小説というより、ゴシップ的な面白さかな。さらっと読めて楽しかったです

  • 昭和30年代に実際に起きた、外国人神父による
    スチュワーデス殺人事件に題をとった話です。
    事件の概要を聞くと、「ひどい!!」と思うのですが、
    小説を読んでみると犯人にちょっと同情してしまい
    ます……。

  • ぐいぐいと読ませてしまう筆致は流石と思うのだけれど、多分に強引というか、まあ実際のところもこのとおりなのかもしれないけれど、日本の国際的立場の弱さや宗教集団の閉鎖権威主義に対する作者の憤りで展開していってる気もして、その辺りがちょっとな、と思ってしまった。

全32件中 1 - 25件を表示

黒い福音 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

黒い福音 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒い福音 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒い福音 (新潮文庫)の文庫

黒い福音 (新潮文庫)の-

黒い福音 (新潮文庫)の単行本

ツイートする