蒼い描点 (新潮文庫)

  • 177人登録
  • 3.32評価
    • (8)
    • (12)
    • (39)
    • (7)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 松本清張
  • 新潮社 (1972年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (664ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101109213

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蒼い描点 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 北九州の清張の記念館に行こうと思い立ち、旅の途中にと手に取った本。600ページを超える小説だが、ゼロの焦点や砂の器よりも軽く読めた。最後の加害者の手紙が印象的。

  • サスペンスでは無かったけど展開に引き込まれる

  •  ちゃんと、日本の少し古い名作も読んでみよう! と思って、手にとってみたんだけど。
     松本清張さんは、中居君がドラマの主人公をやってた「砂の器」を読んだらかなり面白くて、他のも読んでみようとずっと思ってて。
     今回、この話を読んでみたんですが……

     うーん、イマイチ。
     現代的な文章を読み続けすぎたせいなのか、やたら文章がくどく感じたり。
     何だか、合わなかった。

     おまけにこういう、男女の関係絡みの推理小説ものって、ちょっと飽きてるんだよな……
     別に、それはいらないだろう……と。

     個人的には、砂の器みたいにもっとどろどろしてるほうが好きです。
     他の小説読んだ方がよかったのかなぁ……
     失敗したかも……

  • ドラマを見ました。菊川令主演。ありがちー・・・な作家のドロドロなお話。

  • 長かったー。

    松本清張の作品で、女の人が主人公なのはあんまり読んだことがなかったので、ちょっと新鮮でした。
    事件の流れももちろんはらはらだったけど、ちょいちょい挟まる恋心も、読んでてどきどき!

  • 松本清張『蒼い描点』読了。清張先生にしては割と軽めなミステリ。箱根で起きた殺人事件を出版社に勤める男女が追い、その謎を解いていく。親切なのは、人物関係など複雑な点をさらっとまとめたり、さりげなーく紹介し直してくれるところ。頭の悪い私でもこんがらがらずに、ぐんぐん面白く読めた。

  • 以前古本屋で購入し、そのまま積んであった本です。
    旅行に行くので持っていき読まずに帰ってきて家で読みました。なんだかな(笑)。

    箱根のケーブルに乗る旅館って前行ったところかな?とちょっとドキドキしながら読みました。個人的に被害者側にあっと驚く秘密のどんでん返しがあるかと思ってたらそうではなく、自分の読みもまだまだだなあと苦笑しました。それにしてもあの男は許せん男だなあ、ムカムカ、と読みながら腹を立てておりました。
    それにしても電話をつなぐのに時間がかかる、とか同伴で動くのに戸惑いを感じるとか時代だよなあ…とそんな所にしみじみ致しました

  • 中学生の頃ハマった赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズを思い出した。
    こうゆうのを本格推理小説というのだろうか。
    よくわからないけどちゃんと謎を解くということを意識しながら読んだ。三毛猫の時はトリックなんかは読み飛ばして人ばっか見てたから。
    どうも自分には最後の種明かしの部分で気が急いてしまって読み急いでしまうところがある。ということに気づいた。最後まで同じスピードでじっくり読みたい。
    以前「点と線」「ある小倉日記伝」を読んだけれど、松本清張の良さがなかなか掴めない。
    何で「蒼い描点」というタイトルなんだろう?
    犯人が青年だから??
    わからない。

  • 今読むと、もう少し整理出来たんじゃないかなあ?と思う部分もありますね。

  • 箱根などを舞台とした作品です。

  • 事件の真相がわかってスッキリした。

  • 父親に賃りた本。松本清張の女性を主人公にした本は面白い。時代背景は古いけれど、読みやすい。前も書いたけれど、場面場面の情景か頭に浮かびやすい☆

  • 久しぶりに読み応え満点

  • 若い編集者椎原典子は、女流作家村谷阿紗子の原稿催促に出向いた箱根で顔見知りのフリー・ライターの変死にぶつかる。死者とむらたに女史に謎の繋がりを感じた典子と同僚崎野は、やがて女史には代作者がいたという確信を持つ。女史のの夫と女中の相次ぐ失踪、女史の精神病院への逃避、そして第二の殺人と、事件は意外な方向へと発展する。

全16件中 1 - 16件を表示

蒼い描点 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蒼い描点 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼い描点 (新潮文庫)のKindle版

蒼い描点 (新潮文庫)の新書

ツイートする