黒革の手帖〈上〉 (新潮文庫)

  • 1346人登録
  • 3.59評価
    • (92)
    • (204)
    • (305)
    • (16)
    • (4)
  • 152レビュー
著者 : 松本清張
  • 新潮社 (1983年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101109534

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
江國 香織
宮部 みゆき
奥田 英朗
東野 圭吾
金原 ひとみ
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

黒革の手帖〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 銀行の預金係りの女が、
    架空名義口座から着服、、横領。。脅迫紛いの念書を取り、
    黒革の手帖からカルネと言う名のクラブを銀座に構え、
    話は大きく深く発展して行く。。

  • ドラマ版も見ながら読んでいるが、なかなか面白い。早く下巻を読みたい。。

  • 「黒革の手帖」
    テレビ朝日、木曜21時
    放送開始日:7月20日
    キャスト:武井咲、江口洋介、仲里依紗、高嶋政伸、滝藤賢一、和田正人、内藤理沙、真矢ミキ、高畑淳子、奥田瑛二、伊東四朗
    http://www.tv-asahi.co.jp/kurokawanotecho/
    Twitter https://twitter.com/kurokawaTVasahi
    Instagram https://www.instagram.com/kurokawaTVasahi/

  • 松本清張は昔から好きな作家で、ミステリーの王道だと思っています。この作品はそうでもないですが、意外な真犯人が最後に出てきたりする、いわゆる大どんでん返しが得意の作家さんです。
    驚くほど強かな女性が主人公です。時代は昭和50年代初頭なのに、今読んでも全く古臭くないんです。主人公は元銀行員で、巨額の横領をして、バーのママになり、その金持ち客を相手に次々と金を巻き上げる方策を考え、実行するのですが・・・。
    まず、バーのママの話し方というのが、上品でとても参考になりました。でも、銀行員をやっていたような人が、接客業なんて次の日からできるのかしら?とは思いましたが。巨額横領事件の手口は、90年代の大和銀行ニューヨーク支店の話を思い出しました。チェック体制の甘さが抜け道になっているんですね。
    この作者の人物描写はとても面白いです。若い作家にありがちな、美しい人というのがほとんど出てこず、皆どこかしら影があり、不気味なんです。強欲な油ぎったオヤジも、「ぬらぬらとしたなめくぢのような」といかにも気持ち悪そうな表現です。
    それにしても、この本を読むと、いったい誰が悪者なんだろう?と最後に思いました。個人的には、女一人で頑張っている主人公にエールを送りたい気持ちでした。

  • ベテラン女子行員の元子が銀行から横領した資金を元手に銀座にバーを開店、来客を次々に標的に虚々実々のやり取りを繰り広げ、のし上がって行く。単に銀座が舞台の「ママの争い」ではなく、出世欲、愛と隷従、脱税、裏口入学、政治、暴力、反社との駆け引きなどが複雑に絡んだストーリーになっており、銀座の夜の世界をまるでその場で見ていたかのようにリアルに描かれている。昭和58年発刊の小説で当時の時代背景を色濃く反映させているのもとても魅かれる。僕が銀行に就職したのは平成に入ってからであるが、小説で描かれている80年代前半と、バブルの余韻が残る90年代前半で、多少似ている気がする。松本清張の小説は初めて読んだのだが、たまにはこういう小説も良いかも。山崎豊子もひさしく読んでないし、社会派小説買ってみようかな。

  • 平凡な銀行で働く女性が、不正をしてお金を手にする。
    その後は銀座のバーのママとしての人生を歩み始める。

    なんとなくですが、銀座のママを中心とした
    ドロドロの人間模様を想像していましたが
    昼ドラのようなドロドロではなく
    「黒革の手帖」を中心に回る
    女好きの男と銀座のママとの間の
    お金の駆け引きのドロドロ。
    このドロドロ感がたまらなく面白い。

    今も昔もお金をきっかけに生まれる人間関係。
    それが、自分にとって全くわからない
    銀座の世界で繰り広げられている。

    銀座の話の進行は
    少々上手く出来すぎている進行のようにも感じるが
    ママとお客の男たちの生々しさを感じる
    松本清張の文章が
    読む者を引きつけていると思います。

    下巻でのママの今後の動きが楽しみです。

  • 目立たなく便利屋として使われてきたベテラン女子行員から、夜の蝶として成り上がりを目指すママに転身。
    ストーリーは面白いけど、いつもよりテンポよく読めなかったのは、この転身に至った心理というか理由付けが、あまり感じられなかったからかもしれません。
    主人公の元子は、下巻でどうなるのか。
    行動の割に悪として描かれていないので応援したいし、出来れば足を洗って幸せになって欲しいけど・・・。
    下巻に期待です。

  • 武井咲さん主演ドラマの原作です。この小説はかなり前の時代に書かれたものですから、もちろんいま放映中のドラマとは違いますが、本は本として楽しめます。

    ストーリー本編のなかに、その時代の社会的な問題や事件なども織り混ぜられており、社会派ミステリーの要素たっぷりです。

    登場人物の名前は、殆どがテレビドラマと一緒なので、小説の人物名とテレビの俳優(女優)さんの顔を想像しながら読むのもいいかも。

  • 何回も映画化やTVドラマ化されてきたので、ずっと読みたいと思っていたのだが、今回は武井咲が主役ということで興味を持って見だすと同時に原作を読み始めた。時代も大分違うし、元子の設定も美人でないので、地味な物語として始まったが、徐々に計算高い女としての本性が出てきた、下巻でどこまで悪女になってくれるか楽しみだ。

  • 銀行に勤める主人公OL元子が、銀行としても表沙汰にできないお金を横領。そのお金を元手に、銀座でバアを開店経営し始める。銀座でお店を開き、経営していくためにかかる経費。それをどのように切り盛りし、しのいでいくのか……。

  • 『黒革の手帖』
    テレビ朝日/毎週木曜放送
    2017年7月20日から

  • 久しぶりに松本清張読んだけど、やっぱり面白いなぁー。

    お金にたかる人間たちに、さらにたかって行く元子の頭の良さがスゴい!
    悪いことをしてるのに、次はどうやってお金を毟り取るのか楽しみで、一気に読める。

    下巻がどういう展開になるのか、すっごく楽しみだ。

  • 初松本清張です。
    古い作品なので心配していましたが、すぐに心配は吹っ飛びました。
    ストーリーの展開が早くて、内容も新鮮で面白い。
    早く下巻が読みたい。

  • 女版「わるいやつら」という感じ。

  • 時代背景は古いが、話に引き込まれる。面白い。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    7500万円の横領金を資本に、銀座のママに転身したベテラン女子行員、原口元子。店のホステス波子のパトロンである産婦人科病院長楢林に目をつけた元子は、元愛人の婦長を抱きこんで隠し預金を調べあげ、5000万円を出させるのに成功する。次に彼女は、医大専門予備校の理事長橋田を利用するため、その誘いに応じるが……。夜の紳士たちを獲物に、彼女の欲望はさらにひろがってゆく。

    【キーワード】
    文庫・サスペンス・ドラマ化

    【映像化情報】
    1982年1月4日ドラマ化
    出演:山本陽子

    1984年1月5日ドラマ化
    出演:大谷直子

    1996年12月7日ドラマ化
    出演:浅野ゆう子

    2004年10月14日ドラマ化
    出演:米倉涼子

    2017年7月20日ドラマ化
    出演:武井咲

    +++1

  • 冴えない銀行員だったが、架空口座の存在を知り、その内容を自ら記した黒革の手帖を武器に、大金を横領し、銀座にクラブを開店する。銀座でのしあがるべく策略をめぐらす。


    単調の内容で、わくわくもしなかった。また、説明がくどい感じがする。難しい内容すぎて理解できないところもあった。知識人には面白いのかもしれない。

  • この作品は、確か著者が70歳の頃に書かれたものだと記憶する。
    社会派ミステリー作家の旺盛な創作欲を感じる作品である。

    下巻が楽しみである。

  • 私は結構好きな内容

  • 悪びれもなく堂々としている元子の姿が少しカッコ良く見えてしまうのは何故だろう。ドロドロとした闇の世界で生きていくひとりの女。いつか破滅するよ、と思いながらワクワクしながら読んだ。下巻も楽しみ。

  • 初松本清張作品挑戦中。
    面白い。
    後半にも期待。

  • さすが松本清張。時代遅れなのかなと思いながら、はるみにもらったから読んでみたら…一気に読み終わってしまった。殺人があるわけではないのに女は怖い、強い。ラストがまた怖い。

  • ブックオフで買った超古い本?
    なのに 今でも全然ありそうな
    面白かった。

全152件中 1 - 25件を表示

黒革の手帖〈上〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

黒革の手帖〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒革の手帖〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒革の手帖〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする