夜光の階段 (下) (新潮文庫)

  • 192人登録
  • 3.53評価
    • (6)
    • (23)
    • (31)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 松本清張
  • 新潮社 (1985年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101109572

夜光の階段 (下) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。
    都合よく女を利用し、都合が悪くなると殺す。そりゃ天罰も下りますよ。
    前にドラマも見た気がするけど、もう一回見たいな。

  • ドラマを見てからの小説読破。
    主な筋は同じだけど、ドラマと小説はまた違う味わいがある。
    小説のほうが面白いと感じた。

  • ラストは自業自得なんやろうけど……人間の執念って恐ろしい(-_-;)

  • 図書館にて借りました。

    感想はまとめて上巻に。

  • のし上がるために女を利用し、足手まといになると殺す美容師。巧妙に隠された犯行が、ある検事の手によって暴かれていく話。謎解きという面よりも佐山と女達の愛憎の方に面白みがあった。でも全体的にはあまりのめり込めなかった。

  • 裏表紙にネタバレが書いてあります。未読の方はご注意ください。

  • 1969年の作品。女性の束縛かr逃れたと思ったら、新たな災難が主人公を襲う。悪い事を続けていい死に方はしないというストーリーに仕上げている。最後は意外な展開であった。12.7.29

  • 他の清張の作品に比べると
    少しスリルに欠ける気もするが、

    終盤でタイトルに関する解説があり、
    最もなるほどと思った作品だったり、する。

  • 2009.10.06 ブクオフにて購入)

  • 九州などを舞台とした作品です。

全19件中 1 - 10件を表示

夜光の階段 (下) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

夜光の階段 (下) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜光の階段 (下) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜光の階段 (下) (新潮文庫)はこんな本です

夜光の階段 (下) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする