松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る―原武史オリジナルセレクション (新潮文庫)

  • 28人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 松本清張
制作 : 原 武史 
  • 新潮社 (2013年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (490ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101109732

松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る―原武史オリジナルセレクション (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いずれも鉄道が物語の重要な舞台になっている、清張のアンソロジー。「点と線」「万葉翡翠」は既読だか、他のものは初読。

    やはり「点と線」が秀逸。昭和の風俗、雰囲気がなんとも言えず郷愁を感じさせる。それにしても、最近の新幹線しかないJRには物足りなさを感じる。効率と経済最優先では、スローライフは実現できない。せめて、寝台列車くらい復活させてほしい。

  • 代表作「点と線」他、鉄道に関わるミステリー5点。解説を読んで、九州行きのブルートレインなど逐次廃止になったことを知り、感慨深い思いにかられた。2014.11.7

  • 6月5日

  • いまさらながら始めて松本清張を読む。TVでは本書にも入っている「点と線」などを見ていた。勝手に硬い文章、ストーリーと思っていたが、読みやすい文章で、2時間ドラマ風のストーリーであることに少し驚いた(初期作品、短編であるせいかもしれないが)。これほどTVで清張作品がドラマ化される理由が分かったような気がする。書かれた時代のせいなのかもしれないが、作品の多くの部分に女性軽視が目立つ。

  • 点と線は外して欲しかった。

  • 目次に書いてあるあらすじの一言が的確すぎて、その一文を読むと全体を思い出せる。あぁ。こういうのが書けるといいんだけどな!

    鉄道ミステリー読みたくなったなぁ!

全6件中 1 - 6件を表示

松本清張の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る―原武史オリジナルセレクション (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る―原武史オリジナルセレクション (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る―原武史オリジナルセレクション (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る―原武史オリジナルセレクション (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る―原武史オリジナルセレクション (新潮文庫)の作品紹介

清張は昭和史とともに生きた作家だった。そして昭和という時代は、まさに鉄道の黄金時代でもあった-原武史。時刻表トリックの金字塔「点と線」や、かつて殺人を犯した映画俳優の心情を活写した「顔」、特急で九州へ向かう心中カップルの道行きを描く「拐帯行」など、全5編を収録。"鉄学者"の異名を持つ選者による、緊迫のサスペンスと豊かな旅情が味わえる贅沢なアンソロジー。

松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る―原武史オリジナルセレクション (新潮文庫)はこんな本です

松本清張傑作選 時刻表を殺意が走る―原武史オリジナルセレクション (新潮文庫)の単行本

ツイートする