聖少女 (新潮文庫)

  • 944人登録
  • 3.77評価
    • (107)
    • (88)
    • (136)
    • (18)
    • (6)
  • 126レビュー
著者 : 倉橋由美子
  • 新潮社 (1981年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101113098

聖少女 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学生のころ、倉橋由美子の描く残酷で美しい世界に傾倒していた。
    解説の桜庭一樹氏と全く同じく、森茉莉「甘い蜜の部屋」尾崎翠の「第七官界彷徨」も高校生で
    読んでいたから、なんともわかりやすく「少女小説」に魅せられていたのだろう。

    今読んでもこの文章の完成度の高さは独特だと思う。退廃的でどこか谷崎っぽいかな?
    「近親相姦」それも父と娘の、このタブーを軽薄に未紀という天性の嘘つきな少女の告白と、食えない「(自称)未紀の婚約者」Kの視点から描いたこの作品。
    登場人物の誰のことも好きになれないけど、「聖性」と「悪」をここまで美しく描けるのは並大抵ではないなぁ。

    「サロメ」のようにビアズレーの挿画で出してほしい。

  • 「悪徳の限りを尽くす」という表現がある。
    しかし、悪徳が尽きてしまった後のこころには何が残るのか。

    過去に人生の負の側面といえるものを謳歌した「ぼく」は、記憶を失った未紀の存在に吸い寄せられていく。「ぼく」は、過去に「ぼく」と同じ蜜を味わった未紀の残したノートの真相に近づこうとするが……というのがあらすじ。

    この小説では美しい比喩を用いて、美学を持って悪事をする人間が丁寧に描かれている。
    今でいうところの「厨二病」タイプの人物が数多く登場するが、簡単に型に入れることができるようなものでもなく、「昭和の厨二病すげぇな」と思ってしまった。
    とりわけ未紀が魅力的で、彼女の言動の裏を読みながら小説を読み進めるとより楽しめるだろう。

  • 正直タイトルと父娘近親相姦というテーマの組み合わせのベタさに拒否反応があったんですが、いざ読んでみたら全然一筋縄じゃいかない感じで、すっごい面白かった。昭和40年の作品ですが、ヒロインの趣味は現代ならさしずめゴスロリとか呼ばれそうですけども(笑)。安保とかそういう背景がなければ、時代を全く感じさせない前衛っぷり。文章の美しさも尋常じゃなく、あー天才ってこういう人のことを言うんだって、恍惚とします。

  • 時代と、独特な瑞々しさ。

  • 倉橋由美子の1965年発表の小説。"暗い旅"、"夢の浮橋"に続いて3作目。本作品は、近親相姦を扱った内容もそうですが、文章、そして文体も含めて雰囲気が独特すぎて、これは合う人と合わない人がはっきり出てくると思います。学生運動の頃の風俗が色濃く反映されているので、どうしても気持ちが追いついていかない部分も多々ありますが、自分は嫌いじゃないです。甘くて美味しい毒薬を飲まされている感じです。自分の立場が変わる毎に読み直したら、その都度、感想が変わりそう。

  • 倉橋由美子らしい小説だ。この小説を読んでいると、自分が称している「愛」などという言葉が陳腐で、いかにも小市民的な価値しか持っていないかを思い知らされる。主人公の未紀は、まさしく「ぼく」にとってのFemme fataleそのものだろう。どこまで行っても捕まえることはできない。そもそも彼女は最初から愛の不毛の中に生きていたのだから。また、この小説の持つ強い時代性(70年安保以降の時代)も、こうした回顧の中ではある種の普遍性さえ帯びてくるようだ。

  • 思春期という、危険で、おかしな季節に、娘にとっての父ーうつくしい幻想の中のあのひと!ーは、生、性、死を同時に司り、父であると同時にじつは私自身でもある、生きた神となる。(桜庭一樹、解説)
    小説自体は内容云々よりも文章の組み立て方が興味深くて、桜庭さんの解説の方が私は惹きつけられた。この人のものの書き方が好き。

  • いわゆる『女流作家』の流れをこの国に作った、倉橋由美子の代表作。
    白猫のような美少女、未紀が落としていく、男たちとの関係、嘘、妄想、生と性と死の物語。

    未紀の魅力は流行りの言葉で言えば『小悪魔』!当時なら『毒婦』って言われてもおかしくないようなヒロインに『聖』の文字を使い、最初に美を見出した倉橋由美子のセンスはすごい。
    倉橋由美子がいなければ日本の小説のヒロインは、品行方正で良妻賢母で不器用でカタブツな『ブス』ばっかりだったのではないかと思います。

  • 作者曰く「最後の少女小説」。
    恐ろしく饒舌で軽薄で痛々しい。
    これも何度も読み返している一冊だが、
    自分が年を経ても感度が変わらないことが嬉しい。

  • 穂村弘さんが衝撃を受けたということで気になっていました。


    少し痛くて、愚かで、陶酔した 少年少女の物語。
    思春期ならではの潔癖さや勢いがすごくきれいに描かれていると思います。

    近親相姦、交通事故、記憶喪失、ゴシック趣味、などなど言い出したらきりがないですが、そういういわゆる"キーワード"みたいのはあまり意識させない、もっと奥にある少女の物語であると感じました。
    とても好き。

    12歳のときに読んでいたら人生が変わっていたかもしれない。

    ちなみに朝のむウイスキー少したらすやつ、飲んでみたい。

全126件中 1 - 10件を表示

倉橋由美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
桜庭 一樹
谷崎 潤一郎
フランツ・カフカ
ボリス ヴィアン
フランツ・カフカ
遠藤 周作
安部 公房
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

聖少女 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聖少女 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

聖少女 (新潮文庫)の作品紹介

交通事故で記憶を喪った未紀が、事故前に綴っていたノート。そこには「パパ」を異性として恋した少女の、妖しく狂おしい陶酔が濃密に描かれていた。ノートを託された未紀の婚約者Kは、内容の真偽を確かめようとするが…。「パパ」と未紀、未紀とK、Kとその姉L。禁忌を孕んだ三つの関係の中で、「聖性」と「悪」という、愛の二つの貌が残酷なまでに浮かび上がる。美しく危険な物語。

聖少女 (新潮文庫)の単行本

ツイートする