アマノン国往還記 (新潮文庫)

  • 67人登録
  • 3.68評価
    • (4)
    • (9)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 倉橋由美子
  • 新潮社 (1989年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (549ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101113135

アマノン国往還記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • モノカミ国から、モノカミ教の宣教師P(パードレでありパパである)が、鎖国中のアマノン国へ派遣される。大勢の宣教師が向かったものの、アマノンのバリヤに阻まれ、侵入に成功したのはPの船のみ。この時点で、ああまるで卵子に向かって大挙して押しかけるも、受精に成功する精子は一匹だけ・・・って感じに似てると思ったのは、読み終えた後で思えば結果大正解でした。

    設定は一見近未来風。おそらくモノカミ教は名前通り世界でもっとも有名なあの一神教、そして鎖国中のアマノン国は、首都トキオやキオト、その風俗から察するに、日本の未来の姿と思われる。異国人であるPが、見知らぬ国を探訪してゆくという点では、解説にもあったように「ガリバー旅行記」的でもあり、ややグロテスクでシニカルでブラックなユーモア満載のパロディっぷりはこちらもガリバーをモトネタにしている「家畜人ヤプー」とも共通した印象。そして今読むと、アマノン国の実情は、さながら男女逆転「大奥」の世界。男子は単なる精子提供者として管理され、政治その他の要職はすべて女性で占められている。

    布教の目的でやってきたPが、次第にアマノンの風俗に染まり、かつ、布教を口実に自分の種まき活動(笑)にひたすら精出してゆく(←文字通り)経緯がなんとも、滑稽ながら説得力があって面白い。宗教に対する作者の視点も個人的には痛快。

    最後に思いがけないオチがきてびっくりさせられるのだけれど、なるほど、これを「往還」というならそうでしょう。最初から最後までとても面白かった。

  • めちゃくちゃな話。
    男がほとんどいなく、精子バンクで精子を買って子供を産む世界。
    そこに行く男、P。

    エロと少しのグロが交差する不思議な話。

  • 第15回(1987年) 泉鏡花文学賞受賞
    内容(「BOOK」データベースより)
    モノカミ教団が支配する世界から、幻の国アマノンに布教のため派遣された宣教師団。バリヤの突破に成功した唯一の宣教師Pを持っていたのは、一切の思想や観念を受け容れない女性国だった。男を排除し生殖は人工受精によって行われるこの国に〈男〉と〈女〉を復活させるべく,Pは「オッス革命」の遂行に奮闘するが…。究極の女性化社会で繰り広げられる、性と宗教と革命の大冒険。

  • 大真面目に悪ふざけが展開するSF……
    と言ってしまっていいだろうか。
    女が支配する国と化して久しいアマノンを
    本来あるべき形に戻そうと、
    元々そういうつもりで乗り込んだワケじゃなかったのに、
    図らずも奮闘する羽目になってしまったモノカミ教団の宣教師P。
    しかし、布教と称して実際に行うのは――うーむむむ(苦笑)。

  • 異国や異文化というものは芥川の「河童」のように奇異に映るものだ。しかし、それこそが「異」を差別する原動力となり、自国を過剰尊重する要因となる。他者を知ることこそが人間の許容というものであろうし、そうしなければ発達はあり得ない。もともと日本なんて他国のまねごとをずっとしてきた国だからこそこういう小説を読んで、もしくは書いていかなければならないんだと思う。

  • いくつもの宗教が共存し、華やかで洗練されながらも、どこか子どもっぽい文化が花開き、男性の姿は、宦官以外はほとんど見ないという驚異の女性の国。それがアマノン。どこにあるか知らないけれど、どこかで見たことのあるような国。


    種子島への鉄砲伝来や16世紀のキリスト教伝来を思わせる導入部から、ニヤニヤ笑いがとめられない。政治家や経済界のトップたちなど、いわゆるVIPが10代の美少女を秘書(≒愛人)にする風習や、ブッダ教の尼僧・ムイン師によるアマノン国の宗教事情の説明、それに、社会的地位が高いほど、言葉遣いが馴れ馴れしくぞんざいな感じになるところなど、どうにもおかしくて笑ってしまう。とくに忘れ去られていながらも、一応畏れられているらしいエンペラ(しかも女性国にあって男性)との謁見のくだりは秀逸。


    この本が出版されたのは1989年だが、まるで現在のまま時間を重ねた場合の将来の姿を暗示しているような。おもしろおかしく茶化しながらも、手ごたえのあるジャブが繰り出されている感じ。最後がちょっと、尻すぼみな感じがするのが残念。

  • 女性だから、というより倉橋さんだからこそ書けた小説。磨きぬかれた端整な文体と毒を含んだパロディ(結構露骨な)が見事に調和している。こんな面白いのに発禁とはもったいないねえ。

  • 大学1年、電車通学に片道1時間半かけていた頃に書店で装幀が気に入って購入。

      澁澤龍彦『高丘親王航海記』の女人国の部分を長編にした感じの小説でした。
     澁澤の親王にくらべると、いささか作家の社会に対する政治的な意志が表にでている気がしないでもない。

  • もう20年ほど前の本ですが、あまり古さは感じませんでした。暗喩がいろいろあるんでしょうが全部把握はできなかったと思われます・・・

  • いまどきこの手の小説は陳腐もいいとこだと思う。しかもたいして批評性もあるようでもない。オチもいかがなものか。読みやすいのが救いかも。

全10件中 1 - 10件を表示

アマノン国往還記 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

アマノン国往還記 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アマノン国往還記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アマノン国往還記 (新潮文庫)の作品紹介

モノカミ教団が支配する世界から、幻の国アマノンに布教のため派遣された宣教師団。バリヤの突破に成功した唯一の宣教師Pを持っていたのは、一切の思想や観念を受け容れない女性国だった。男を排除し生殖は人工受精によって行われるこの国にとを復活させるべく,Pは「オッス革命」の遂行に奮闘するが…。究極の女性化社会で繰り広げられる、性と宗教と革命の大冒険。

アマノン国往還記 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする