陸奥爆沈 (新潮文庫)

  • 186人登録
  • 4.00評価
    • (21)
    • (26)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 吉村昭
  • 新潮社 (1979年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117072

陸奥爆沈 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 戦局が悪化をたどっていた昭和18年6月8日正午頃、広島県柱島泊地に停泊中の戦艦「陸奥」は突如大爆発を起こしその場に瞬く間に沈んだ。
    それから26年の歳月を経て、本書は陸奥爆沈の真相に興味を持った著者による執拗な探求の道筋を辿った渾身のドキュメンタリー小説であり、歴史の暗部に光をいれた記録文学の秀作である。
    最初著者の関心は低調である。しかし、陸奥爆沈の資料を捜索し続けている内に、著者は何かにとりつかれたようにすみずみにまで目配りを行い、活動的かつ執念を燃やして真相に迫る凄みが次第に露わになってきて、たんたんと描いているはずなのだが、読んでいるこちらもその迫力に圧倒されぐいぐいと引き込まれていった。
    「陸奥」完成までの経緯から始まり、爆沈後の周囲の動きや、査問委員会の行動、大規模な箝口策、三式弾のこと、そして、困難を極める潜水調査と、緊迫感ただよう状況を刻々と伝えながら、次第に著者の筆致にも熱がこもってくる。その中で査問委員会が持った大きな疑惑が放火説であることを知った著者は、今度は日本海軍の歴代の爆沈事件にまで視野を広げていく。そこにみる構成と視点は、まるで社会派推理小説を読んでいるようであり、著者の思考過程をトレースするかのように展開するその「報告」は、まるで一緒に事件を追っているかのように錯覚させるものであって、なかなか見事な手法であったと言える。
    冒頭で著者はいう。別に兵器である軍艦には興味はない。だが、戦艦武蔵にしても(陸奥もそうだが)、フネを作り上げ動かすために結集した人々に戦争と人間の奇怪な関係を見出し、それほどの知識、労力、資材を投入したにもかかわらず、兵器としての機能を発揮しないまま、多くの犠牲者とともに沈んだ構造物に戦争のはかなさを感じると。
    そうした著者の視点は事実をたんたんと積み重ねながら、軍艦そのものよりも、それを動かす人間とその背景、組織の中の泥臭い人間関係の狭間で弱さを露呈する人間そのものの行動を明らかにすることであり、そういう意味では本書は陸奥のみならず軍艦爆沈事件に関係した人々のヒューマン・ドキュメンタリーであったと言えるだろう。
    実は本書の内容は、中学生の頃に読んだ『海軍よもやま物語』シリーズ(光人社)の中で、今ならコピーライトに抵触するのではないかと思えるほど詳細に紹介されていたのでかなりの部分は知っていて、いまさら感もあったのだが、内容はともかくとして、その鬼気迫る事件真相究明へのアプローチには圧倒されとても面白かった。最近は当時の日本軍機や軍艦などが映画やラノベ、ゲームなどで取り上げられてまたブームになっているようだが、軽薄な物語やキャラに熱中するのも良いが、一過性のブームに踊らせるだけではなく、その背後の生きた「人間」や無機的な兵器の行く末にまで思いをいたして欲しいものである。

  • 1979年(底本1970年)刊。◆戦中、海軍を驚愕させた戦艦陸奥爆沈事件。その要因分析は精緻を極めた。史料散逸・焼却?もあって、現在は闇の中の本事件に光を当てる本書。自然発火説(火薬、空戦用三式弾、徹甲弾など様々)、襲撃説(魚雷、潜水艦より特殊潜航艇の如き艦船。あるいは空爆)が消える中、人為説が浮上。というのも、日本海軍ではかかる放火・失火事件が散見される故(日本海海戦の戦艦「三笠」も。勿論、諸外国でも同様に存在)。◆この人為説の解読に光を当てるのは本書七以降。時間が無ければ、そこから読むだけでもよいか。
    戦後25年ですら、しかも、この程度の問題点ですら、終戦直後の史料散逸・焼失という事態もあって、真相にはたどり着けなかった。勿論、著者の努力を否定するつもりはなく、本書の価値を下げるものではないが、そもそも戦後70年を経た現在、もっと重要な問題点が闇の中のまま、判明することなく消えてしまった可能性に思いを致さずにはいられなかった。

  • 戦艦陸奥爆沈の謎を追う吉村昭が刻々と描かれている。
    少し説明的すぎて読むのに飽きる部分はあるが、取材の大変さがよく伝わってくる。

    大型戦艦の中にいるごく普通の人たちの闇が伝わる。

  • 暗部というか、大きな組織だしなと思いつつ…。
    陸奥ほどの大きい戦艦であれば、いじめもすごかったことでしょう。しかし…火薬庫を厳重にする前に、もっと何かに気がつけよ!とも思わなくもないですが、時代なのでしょうね。

    それにしてもホント、吉村昭ってすごい。ご本人の思うところは差し挟まず、とにかく徹底的に調べている。自分の価値観だけで見ないというのがホント、なかなかできないことです…。

  • 連合軍の反攻つのる昭和18年6月、戦艦「陸 奥」は突然の大音響と共に瀬戸内海の海底 に沈んだ。死者1121名という大惨事であっ た。謀略説、自然発火説等が入り乱れる爆 沈の謎を探るうち、著者の前には、帝国海 軍の栄光のかげにくろぐろと横たわる軍艦 事故の系譜が浮びあがった。堅牢な軍艦の 内部にうごめく人間たちのドラマを掘り起 す、衝撃の書下ろし長編ドキュメンタリイ 小説。

  • 日本海軍の火薬庫爆発の原因が内部犯行とは衝撃的だった。

  • 一つの事件を多角的に見た作品

  • 「大艦巨砲主義」とは、若き乗組員たちにとって
    両性具有者の完全無欠性をイメージさせる言葉だったと思う
    それは不可能性を実現した姿として
    時に憧れの的であったろう
    しかし、時にそれは空疎な妄想として
    憎しみの対象となったかもしれない
    あの「金閣寺」のようにね
    それこそばかげた妄想だと、笑われるかもしれないが
    そのように考えれば
    火薬庫で火遊びするバカタレどもの心境も
    わかる気がするのだ

  • 2014年6月20日

    デザイン/新潮社装幀室

  • 原因がはっきりされていないのと、他の戦艦の爆沈に多くの記述がさかれており、氏の著作の中では満足度は低かった。

  • 柱島旗艦ブイ…北緯33度58分、東経132度24分

    結果と原因の不釣り合いが却って恐ろしい。

  • 組織論として読むとき戦慄を感じる。
    極端な話、組織内の一人の不満分子が何千人もの命を奪い組織を破壊させることができる。
    たとえ他のどんな組織より規律が厳しくと統率が執れていたとしても。また、組織が危急存亡の時で困難に取り組むべき状況にあったとしても。
    陸奥爆沈という結果に対して、その原因はあまりにも些細なことに感じる。
    本書の結論は憶測にすぎないが、想像上確かにありうべきことだった。

    そしてどのような組織でも同じリスク、可能性を秘めている。
    組織が直面し続ける宿命ととらえるか、
    いつか克服すべき悠久の課題ととらえるか、読み手の置かれている組織内のポジションによって読後の感想が様々分かれるのだと思う。(個人的には、根本的に克服すべき課題だと思うのですが楽観的でしょうか)

    内部告発のチャンネルが増えて容易になっている現状を考えれば、昔よりも今の方が組織は内部リスクを多く抱えているはずであり、本書はより注目されるべき小説のはず。

  • 天一号作戦の大和乗組員の生存率が8%だとすると、陸奥爆沈での生存率10%が如何に異常な数字なのかがわかります。

    戦ってもいないのに爆沈した陸奥は哀しいですが、その事実を隠そうとした海軍は昭和18年の時点でそれほどまでにすでに狂っていたのかと感じました。

    そして意外なほどに戦艦事故の原因は人為的なものだということに驚き、あっけないほどにもろく潰え去った陸奥はその後の海軍を象徴していると思いました。

    この小説は戦後26年経って書かれたもので当時はまだまだ生存者が残っており、吉村氏の丁寧な取材により徐々に真相が明らかになっていきます。

    馴染みのない用語が多量にあり途中飛ばしながら読みました。

  • たまには異なるジャンルのものをと、久方ぶりに吉村昭さんの小説に挑んでみることに。これは先年、著者が亡くなられた時期に購入していたのだった。

    著者自ら資料にあたり、生存する関係者に取材を重ね、戦時という非日常における軍艦事故の系譜とその顛末を解き明かしてゆく。面白し。

    読み始めて即引き込まれ、読了する頃には認識を新たにすることが多々あり。陸奥慰霊祭の件に目を通し愕然となる。ここに描かれる陸奥の遺族の姿を通して、靖国神社の意味するところが理解できたように思う。

  • あの潮の流れが入り組んだ瀬戸内海で1000人超の死者が出る大惨事。戦時中の海軍の膝下で起こったこの出来事を海軍がいかにして機密事項にしてゆくのか。
    浜で遺体を焼くシーンが印象的でした。後半筆者の独特の切り口から、ある仮説に至る。

  • 吉村昭にしては珍しく、ドキュメンタリー形式の小説。
    昭和18年に起きた戦艦「陸奥」の爆沈事件を、それを調べる著者という立場から解き明かしていく。
    「陸奥」の話だけでなく、他の戦艦の爆沈事件の歴史を追っている点が興味深い。また、歴史上あった戦艦爆沈事件の原因が、どれも人間が意図してなしたことだという事実に驚く。
    戦艦の爆沈事件をとおして、戦艦という器に入っている1人ひとりの無名の人間にスポットライトをあてている見事な小説である。

  • 内容紹介
    連合軍の反攻つのる昭和18年6月、戦艦「陸奥」は突然の大音響と共に瀬戸内海の海底に沈んだ。死者1121名という大惨事であった。謀略説、自然発火説等が入り乱れる爆沈の謎を探るうち、著者の前には、帝国海軍の栄光のかげにくろぐろと横たわる軍艦事故の系譜が浮びあがった。堅牢な軍艦の内部にうごめく人間たちのドラマを掘り起す、衝撃の書下ろし長編ドキュメンタリイ小説。

  • 2011/11/09完讀

    昨天太早睡,今天早上三點就起來讀這本書了…

    這本書的寫作方式是描寫作者採訪的過程,一步一步地發掘出被掩埋在歷史中的故事。跟著吉村さん的腳步,除了對他驚人和不辭辛勞的採訪及蒐集資料能力感到很佩服,慢慢揭密的文學性效果和餘韻都不錯。當初純粹在圖書館隨便借,沒想到遇到一本好書了。

    吉村氏本人雖然寫了很多戰時的記實小說,但他對戰鬥武器並沒有興趣,只是在透過寫戰爭、寫武器,「自分を含めた人間というものの奇怪さを考えたいからほかならない。」他到柱島(戰時聯合艦隊在日本內地最大的根據地),偶然對陸奥當年為何爆沈的原因感到好奇,決定要以此為主題。

    戰艦陸奥是長門型的二號艦,在大和、武蔵登場之前是最強的戰艦,也是當時極具象徵意義的戰艦。1943年6月8日中午停泊在柱島時,三號砲塔與四號砲塔間發生濃煙旋即爆炸,至於原因至今仍眾說紛紜。吉村氏拜訪了當時的倖存者,了解當時爆沈的狀況。

    陸奥爆沈是當時的機密,因此能入手的資料並不多。官方嚴格封鎖消息,甚至假借演習的名義檢閱信件。海軍相當重視這件事情,立刻由海軍造船精銳組成M查問委員會展開調查。一開始先調查是否為敵方魚雷及轟炸機所為(如果是的話事情就大條了,表示基地防衛整體有問題),排除之後接著懷疑是三式彈爆發,或者是彈藥庫的彈藥自燃。一開始海軍緊急將各艦的三式彈撤離,並招來設計者安井中佐訊問。接著召集倖存者(被隔離起來以封鎖消息)來做實驗,觀察爆發煙霧的顏色,終於確定不是三式彈。但事後調查也不認為是火藥庫自燃。

    海軍同時並且派以福永為首的潛水兵潛入陸奥的殘骸中深入調查,同時查問委員會開始懷疑是人為因素。吉村氏調查了歷來軍艦爆沈的原因,訪問許多人並翻閱了報紙、判決書調查了種種資料,發現人為的因素極大:第一次三笠、磐手、日進、第二次三笠、筑波確定是人為因素;另外兩件:松島(馬公港寄港碇泊中)、河內原因不明,但也可能是人為。(閱讀這一段,是這本書最讓我震撼的部分。一艘艦艇居然在某些人有意或無心的動機下,簡簡單單地就爆炸沈沒了。)陸奥是否因為偷盜成性的Q二等兵曹即將東窗事發的不安,因此鋌而走險?後來並未獲得確切的證據,委員會也以曖昧的語氣作結,但不排除如此可能性。


    吉村氏在あとがき中說:「日本海軍には、たしかに儀式的とも思える軍紀に支えられた秩序があった。軍艦は、兵器であると同時に儀式のおこなわれる城でもあった。城には、さまざまな感情をいだいた多くの人間が住みついていた。それらの人間の中には、海軍という組織に順応できず、個人的な人間臭さをもったまま生きている者たちもいた。軍艦火薬庫爆発事故は、そうした者たちの手になるもので、伝統的な海軍の保持していた秩序も、その瞬間にあえなく崩れ去ったのだ。軍艦という構築物は、威圧感にみちている。それは、海戦による砲弾、爆弾でしか破壊されないような堅牢な印象に満ちている。が、一人のふとした思いつきに似た行為で、もろくも爆発し沈没する物体でもあったのだ。軍艦は、多種多様の人間をつめこんだ容器であるということを、調査を進めるうちに実感として感じとった。組織、兵器(人工物)の根底に、人間がひそんでいることを発見したことが、この作品を書いた私の最大の収穫であったかもしれない。」

    ---

    解說:「氏は現代のメカニズムが、いかに人間をリードし、人間を圧迫し、人間を非人間的なものに変えるかを描いてみせた。しかも、その強力なメカニズムも、あるとき一人の人間の裏切りによって崩壊することを主張することも忘れていない。『陸奥爆沈』はその氏の文学観を示す代表的な作品であると思われる。」
    「吉村氏の作品は、組織が知らず知らずのうちに醸成した歪みが、組織そのものを滅ぼす可能性があることを示している。氏が苦労をして調べた三笠、河内、筑波等爆沈の原因は、帝国海軍の栄光の底にある暗... 続きを読む

  • これぞまさにドキュメンタリー。
    結局、陸奥爆沈の真相は確信に至らないが、それまで明かされてこなかった日本海軍の放火事件にスポットを当てたところに十分意義があると。
    確かに、軍艦自体は巨大な塊でしかないけれど、1000人近い人間が集まるところではそれなりの人間模様があるよなあ。
    軍隊だからと言って、全員が全員右向け右、で命令通りにすべて動くわけではない。
    なにより、陸奥爆沈を秘するために、数少ない生存者を死に至らしめるような事故後の用兵が気の毒で、心に引っかかった。

  •  戦艦陸奥は、何故爆沈してしまったのか。
     上記の切り口で書かれているが、その内容は「人」についてである。過去起こった様々な爆発事故を調査していく中で、其処に関わった人について筆者は言い知れぬ悲哀を覚えている。
     作為的に爆発させられた軍艦たち、それらの事故を究明すべく奔走する人人、艦と共に海中に没した兵士・再び陸上に立つ事の出来た兵士、残されたご遺族。
     それらを丁寧に調べ上げ、この本が出来ているンだなと実感した。

  • 2011.7.8(金)¥157。
    2011.7.18(月)。

  • 昭和18年、戦艦陸奥、爆発事故により沈没。


    精強をもってなるはずの日本海軍において頻発した艦艇の爆沈事故。本書はその原因に迫ったドキュメントです。

  • 吉村節炸裂!すごい本読んだ!導入部から秀逸です!!
    風化の波にさらわれて消えてしまいそうな真実・歴史の暗部を、綿密な取材で掘り起こしていく著者のその真摯な姿勢と執念が見事に結実しています。
    陸奥爆沈を通して描かれる社会・軍隊のひずみと人間の心の歪み。
    著者なりの、陸奥とともに沈んでいった魂への救済であり鎮魂歌であった筈が、それだけではなく、著者の取材とともに意外な真実が明らかになっていく。その様子は上質なミステリーのようだった。
    なんとも言えない読後感にそのままもう一度読んでしまった。
    吉村昭は本当にスゴイ!!

  • 戦艦陸奥爆沈の謎を探る内、浮かび上がった帝国海軍での数多くの軍艦爆発事故、その多くが殆ど内部の人間によるものだったという事実・・・。

  • 組織に存在するということで、末端が歪む。その末端の歪みが全体を破壊する。いくつもおきた軍艦の爆発事故のうちのいくつかが実は人為的な要因であったということは知らなかった。犠牲となった人、あるいはその犠牲者の遺族にしたら、こんなくやしいことはないだろうが、実は戦争に対して最もネガティヴな立場であったと後付けの理由ではあるが思ってしまう。個を押し殺し、全体への奉仕を強制させられた時代に、個の反逆として軍艦を破壊した人間。陸軍ではありえないが、海軍ならではおきえた。
    『陸奥爆沈』は吉村昭にはたまにあるが、著者自身が一人称としてストーリーテラーとして記録文学というよりルポのようなタッチの小説である。残念ながらこのパターンは、彼の小説ではイレギュラーであるためか、できがよくないように思える。一人称として前に出るタッチはなにか題材を練りきれていないときのパターンのように思える。

全26件中 1 - 25件を表示

陸奥爆沈 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

陸奥爆沈 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陸奥爆沈 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする