大本営が震えた日 (新潮文庫)

  • 234人登録
  • 3.77評価
    • (24)
    • (24)
    • (41)
    • (2)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 吉村昭
  • 新潮社 (1981年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117119

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

大本営が震えた日 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 太平洋戦争開戦までの、あまり語られない真実が小説としてまとめられています。開戦に関する重要書類を乗せた飛行機の墜落、開戦直前の郵船の航路についての問題、南方作戦開始のための輸送船団の動向・・・。

    小説ながら緻密な調査に基づいた作品で、「どきどき」しながら読み進められました。ある程度この時期の歴史的背景を知っている方のほうがより興味深く読めるかもしれません。
    「さすがは吉村昭氏!」という一冊。(読了:2006年1月25日)

  • 太平洋戦争開戦に際する、マレー上陸、タイ通過、真珠湾などの奇襲作戦の裏側。様々な要因で何とか発覚しないまま奇襲は成功裏におわると。

  •  太平洋戦争開戦前夜の緊張感が伝わる。真珠湾攻撃に際し敵軍の発見を恐れ北上海路を取り進むのだが、敵軍に発見されれば奇襲攻撃は失敗する。同時に東南アジアに展開している日本軍がタイ国に侵攻、同国に協力を求めるが成立しない。はじめから薄氷を踏む作戦であったことが分かる。真珠湾奇襲作戦は成功するが、この戦争の破綻は目にめいていた。

  • この小説は、1941年12月1日の御前会議から12月8日の米英蘭に対する奇襲作戦を行うに至るまでの話である。秘密裏に準備が進められたこの一週間の間に起こった予期せぬ事態に軍部がどのように動いたかを細い取材の元に綴られた史実なのである。それは、墜落する上海号という双発機に暗号書と開戦指令書を持ち込んだ兵士の命をかけた逃走と人間を虫ケラのように扱う軍部の動きを対象にして描かれていく。吉村昭が描く戦史小説に一貫して通じるテーマがそこにある。小説の結びには、陸海軍人230万人、一般人80万人のおびただしい死者を飲み込んだ恐るべき太平洋戦争は、こんなふうにしてはじまった。しかも、それは、庶民の知らぬうちに密かに企画され、そして、発生したのだ。と締め括られている。

  • 開戦直前の1ヶ月。秘密裡に戦争へ突入した。ほんの一握りの人が決断し、大きなリスクを負って奇襲作戦を進めた。成功しても英雄とは言えない。2015.9.6

  • youtubeで真珠湾攻撃のラジオを聞いたことがあったのがだ、いかに当時情報が隠され、驚いたかがわかった。
    開戦の内容をアメリカに渡すというのが私が見たのとは違う。どっちが本当だろうか。

  • P396
    開戦に向け様々な戦略とスパイ活動等を行った日本の首脳陣の物語。

  • 難解。でも読み応えのある一冊。

    70年も前のことだし、戦争なんて勢いで始まって勢いで終わるものだと思っていた。でも違ったようだ。
    衛星中継もインターネットもない時代でも、人と人との化かし合い、情報戦から戦いは始まっている。それがよく分かる。

    ミッドウェーを境に転落を続け、貧すれば鈍するで精神論が先行して破滅の一途を辿ったことは周知のとおりだが、少なくとも開戦に至るまでの過程は多分に運に依拠する部分もあれど緻密に練り上げた一大作戦が実を結んだ戦史上でも空前の出来事だということは伝わった。

    ついでに、解説で引用されていた一文にも妙に納得。
    「日本の一般市民はそれまで戦争を特に悪いことと考えていなかった。維新以来日清戦争を始めとして絶えず戦っていたし、負けたことがなかったから」と。
    たしかに、戦後に生まれた世代とは置かれた環境が違いすぎる。良い悪いの問題ではなく、価値観の相違も当然なのかもしれない。

  •  12月8日、太平洋戦争開始時の米英への奇襲攻撃までの日本の苦闘。奇襲を記した作戦命令書を乗せた旅客機が中国国内に墜落したことを背景に、マレー作戦、真珠湾攻撃までの道のりを描く。実際の奇襲当日の描写がほとんどないのが、非常に印象的。
     もし、この時、奇襲攻撃が他国に知れていたら、と考えると不思議な感覚を受ける。それにしても、かなり博打的要素で戦争が始まったことがよくわかり、寒くなった。

  • 12月8日のXデーに向けて、上海号の不時着、タイ国政府との交渉、在留外国人を米国へ送る竜田丸、マレー方面への輸送船団の移動、単冠湾での機動部隊受け入れ、ハワイでのスパイ活動など、様々な角度から日本軍を見る。
    あれだけの大きな作戦を秘密裏に進める。今ほど通信機器が発達していない中、ヒヤヒヤでもそれが達成できたのは、軍隊というとてつもなく巨大な組織がなんだかんだ言っても今じゃ考えられないほど統制の取れた組織だったからだろう。
    個人の組織への忠誠心、ツイッターでバイトの内幕を公開してしまうような現代人とは全く違うなあ。

  • 太平洋戦争開戦準備の秘匿と混乱。

  • 昭和16年12月。戦争を決意してから、ハワイ、マレー作戦を秘密裏に進める日本軍。中国に墜落した飛行機の「作戦計画」回収物語。真珠湾に向かう秘密部隊。マレー半島への輸送船。奇襲に全てを賭けた日本の手に汗を握る緊迫の日々。大本営が震える危機の連続だったようです。日本軍部の薄氷を踏む思いでの開戦を迎える様子がよく分かります。実に詳細な調査の成果です。

  • 期待してた程では無かったが歴史の一部が解ったと言う
    事かな。

  • 太平洋戦争直前の上海号事件を中心に開戦秘話をとりあげる。マレー上陸作戦時のタイとのギリギリの平和交渉は読み応えがあった。

  • 太平洋戦争開戦直前の情報秘匿。というかよくバレなかったものだ。

    日本軍の戦記ものは、どうしても負け戦になってグダグダになったものが多いが、これはいわば、ちゃんと動いている日本軍である。
    大したものだという気もするし、空恐ろしい官僚機構でもあるし、暗号書簡で情報伝達して、万一の時はそれの秘匿のために死ねって、戦国時代の隠密じゃないんだしさ・・・ とも思う。

  • 大本営。よく聞くようで、よく知らない言葉。調べると、天皇直属の最高機関のことで、陸軍や海軍もその下部組織になるとのこと。

    昭和16年12月8日、日本はアメリカと開戦を決意する。その始まりの真珠湾奇襲のために、日本大本営は多くの極秘工作をすすめていた。

    まだ戦争をしないことをアピールするために、開戦直前に豪華客船「竜田丸」をアメリカに向けて出発させたり、日本艦隊が未だ日本にあるようなニセ無線を流す。軍隊がタイ国を通過する許可を開戦日前日の23時に交渉する。真珠湾へ向かう艦隊が発見されないような航路の開拓。等々。それらの作戦は綿密で、12月8日に向けて必須な積み上げだ。でも、細部については運任せ、現場任せな部分が多い。しかも、個々の作戦はどれも成功するという前提。深刻な立案のようで、かなり楽観的。さらに、開戦という大目標が極秘なので、これら小作戦の目的や目標を全員にはっきりと示すことができない。現代のビジネス本なら意思統一のできていない最悪の組織だとバッサリ切り捨てるだろう。でも、これが世界戦争を直前に控えた日本大本営なのだ。

    なんとなく、暗闇で般若心経を米粒に書いている職人をイメージする。吹けば飛ぶような米粒に必死の形相で情熱を込めていたニッポン。いかにも緻密な作業好きな日本人らしい。でも、悲しいかな世界戦争は芸術ではなく、物量が焦点なんだよな・・・。

  • 太平洋戦争直前の緊迫したムードが伝わってくる。改めて戦争はいかんなと思わせられるな。

  • 昭和16年12月1日、台北から飛び立った旅客機(上海号)が仙頭上空で通信を絶つ。これには開戦の指示書が持ち込まれており、敵に渡れば今後の戦局に大きく揺るがすものとなる。大本営は必死に捜索するが敵に渡ったかどうか判明しない。同時にハワイ奇襲攻撃の艦隊も千島列島の択捉島、単冠湾に大艦隊が集結。これも秘密裏にハワイ、真珠湾を目指す。またマレー半島を落とすべく陸上舞台はも秘密裏にマレー半島を目指す。いずれも薄氷を履むが如く進んでいく。日本に先に手を出させるべく、アメリカも日本を追い詰めてくる。

  • 本当に真珠湾作戦が連合国側に傍受されていなかったのか?
    本書にもハル長官の「最初に日本から軍事行動を起こさせたい」という発言がある。
    日本〜ハワイの超長距離を大船団が発見されずに辿り着いたというのも奇跡以上のものが。
    事実はどちらか?

  • 佐々木譲の小説とからめながら。

  • 2011.5.10(火)。
    上海号不時着事件 wiki http://goo.gl/flO7p

  • おもしろい!読み応えありました!!
    真珠湾攻撃前夜の物語。
    海軍・陸軍・諜報部その全てが危ない綱渡りをした上での奇跡のような成功だったことがよく分かる。暗号解読が遅れて宣戦布告が間に合わなかったその1点だけが失敗だったんだなと。
    戦争を賛美するわけではなく、日本人が世界相手に凄いことやったのはよくわかる。(つか今の日本も政治家がこんだけ死ぬ気でやればもっとましな国になるんでね?)
    どの章もスリルとサスペンスで全編山場です。
    というかほんと吉村先生凄すぎる!!

  • 410111711x  407p 2006・8・5 45刷

  • 親父から貰った本。
    「太平洋戦争のことって、よく知らないんだよな~。」という思いが、
    手に取った動機です。

    本書にて描かれている時期は、
    奇襲作戦等の機密情報を載せた日本民間機、「上海号」の失踪から、
    マレー半島上陸/真珠湾攻撃に至るまで。
    内容は、情報収集/作戦隠蔽に関わる人々の行動と事実、といったところでしょうか。

    作戦隠蔽に苦心した、大本営の苦慮がヒシヒシと伝わる作品です。

    「上海号」にて見つかった大量の中国政府の偽札。
    「タイ軍人に変装して奇襲する」といった作戦。
    それぞれのエピソードからは、なりふり構わず戦争に勝とうとする、
    日本軍の必死さが伝わってきます。

    敗戦という結末を知っているからでしょうか。
    読んだ後には、虚しさだけが残りました。

  • 第二次世界大戦がわかる!面白い!!

全26件中 1 - 25件を表示

大本営が震えた日 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大本営が震えた日 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大本営が震えた日 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

大本営が震えた日 (新潮文庫)のKindle版

大本営が震えた日 (新潮文庫)の単行本

ツイートする