羆嵐 (新潮文庫)

  • 1727人登録
  • 4.11評価
    • (262)
    • (303)
    • (159)
    • (8)
    • (3)
  • 305レビュー
著者 : 吉村昭
  • 新潮社 (1982年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117133

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

羆嵐 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 目線が定まらず少し読みづらい文章で難航しましたが興味深く一気に読了。ブックオフで108円だったので本棚に積んでいましたが、今年は熊出没が多いので手にしました。

    マンガや再現ドラマを数回見て事件内容を知ってはいたけれど、小説で読むと違った意味のこわさがあって戦慄してしまいました。

    『颶風の王』でも感じたけど北海道の自然の厳しさ、人間の存在そのものを吹き飛ばしてしまいそうなくらいの苛烈な環境。人は闖入者だった…という部分を身にしみて感じました。

    読んでいる間ずっと息をひそめて、茶色いものの正体が羆だと知っているにも関わらず、きちんと「羆」とわかるまで安心できませんでした。

    何もできない群衆が愚かに思えた。自分も群衆の中の一員に思えたりして風刺っぽいような一面もみえた。猟師の銀四郎が羆を仕留めた時はホッとしたけど、銀四郎の発言や対応を見ていると、銀四郎と羆が対話や同化しているかのようで鳥肌が立った。

  • 北海道で実際に起こった熊害事件を基にした小説。事件の内容はWIKIの方が詳しくエグいです。この本は主に、羆に怯え萎縮してゆく村人たちの心理と、熊撃ち猟師の活躍にフォーカスしています。
    この頃の北海道の入植者って、藁小屋みたいなのに住んでいて、そりゃ熊もすっと入って来れるよね…って感じ。動物なので容赦なく、女子供から襲ってる点も怖いです。くま怖い。

  • 事件を端的に知らせるような筆致なのに、序文からすぐに小説の世界へ引き込まれる。
    詩的な、感情的な表現を用いていないため、人々の非力さが却ってくっきりと際立っている。
    哀しい群像劇をじっくりと味わうことができた。

    また、自然の描写が美しく、しかも扱い方が上手い。
    淡々と綴られていながら、雪に閉ざされる北海道の荘厳な風景が目にありありと浮かぶよう。
    凄惨な事件の最中に描かれる、午後の渓流の牧歌的な雰囲気が、事件とのコントラストを強め、また日常の地続きで一連の事件が起きているということに対する恐怖を高める。
    『高熱隧道』でも感じたけれど、合間に差し込まれる過不足ない自然描写が、物語に一層奥行きを与えて、まるで映画を観ているかように思わせる。

    すっかり吉村昭の世界にハマってしまった。
    ただ事件内容を描くだけでなく、その後色々と考えさせてくれるのも良い。
    次も次もと読んでしまう。

  • 大正4年(1915) 北海道苫前村において、ヒグマ1頭によって
    起こされた大惨劇。
    実際に起きた事件を丹念に取材して書き上げられたもの。

    2日の間に、6人もの人間を殺して食べたヒグマ。
    それを斃すために、百数十名の男が、銃や武器を手に集合しても、
    なんの意味もなさない程に、強大な力を示すヒグマという生き物。

    ほんとに恐ろしかった。
    厳しい自然環境のなかで生きるのは、人間もヒグマも同様だ。
    自然のなかでは、人間もヒグマからみたら、ただの食べ物。
    狩りをして手に入れたらなら、全てはヒグマのもの、ということ。
    輝く雪の白さ、冷たさ、厳しさ
    禍々しく滴る血、黒い巨岩のごときヒグマの姿
    抑制され淡々と描かれているが、引き込まれる語り口。

    私は図書館で、文庫ではなく昭和52年発刊の単行本を借りたけど
    この装丁が、文庫本の比でないくらい、おっかない!!
    そこら辺に置いておいたら、その表紙でびっくりしてしまい
    慌てて裏返したら、背表紙もまた同じで、ひゃ~っと叫んで
    本を開いたら、中にもまた同じ画が~~~
    本文を補って余りある、強烈な装丁・・・
    暗がりが怖くなること間違いなし!

  • 羆の恐ろしさ。それと戦う人間の非力さ。北海道という未開の地で暮らす人々。その羆を殺すのは、嫌われ者の村人だった。

  • 実話を元にしたお話だけあってリアル感が漂います。熊の恐ろしさは現代の都会では想像つかないけど、これが昔、実際に起こったと考えるととても恐ろしくなります。銀じいさんがかっこいい。

  •  ヒグマの怖さが伝わる。登別の熊牧場でみる熊の大きさは尋常じゃない、あんなのが目の前に現れたら常人ならまちがいなく思考停止するはずだ。マタギは冷静にその熊を撃ち殺すわけだが、食うか食われるかのストレスを裏返すと病みつきになるのかもしれない。そう思うわたしは常人じゃなく、尋常じゃないのかも(笑

  • 小説にすべきかカテゴリに迷うところ。

    国内でもトップを争う凄惨な熊害事件を描いた作品。
    関係のノンフィクションなどと一緒に読むとすごくいい。苫前町史とかも併せてぜひ。

  • ヒグマの能力の高さと習性にひたすら恐怖。最終的に六線沢の集落は放棄されてしまうわけで、これは自然の側からしたら、一頭のヒグマが体を張って土地を守ったということになるのだろうか。知識がない人間は、自然の中では圧倒的に弱かった。

  • 日本史上、最悪の獣害を描く、迫真の記録小説。
    舞台は大正時代、北海道天塩山麓の小村、六線沢。前に入植した土地を蝗の害で追われた東北からの移民たちは、この土地に住み着けるかどうか、ぎりぎりの貧しい暮らしを送っていた。厳しい冬の始まりのある日、突如、冬眠しそびれた羆(ヒグマ)が村を襲った。

    無残な遺体。恐れ惑う村人達。銃を持って助けに入った近隣の人々も、羆の強大さに恐れをなし、頼りにならない。最終的に、飲んだくれで嫌われ者の羆打ちの老人が迎え入れられる。人は羆を斃すことができるのか。

    「羆」は、愛嬌のある「熊」ではない。情を通わせることなど不可能な、強大で恐ろしいケダモノだ。羆が人を襲う、かなり残虐なシーンも出てくるので、万人におすすめとはいかないが、濃密で読み応え十分である。
    漆黒の闇に蠢く巨大な獣の気配。圧倒的な力に剥き身で晒される恐怖。息を呑む描写は、小説を読む醍醐味を存分に味わわせる。

    緻密に描き込まれた文章の行間には、一部の隙もないようでいて、さらに奥行きを感じさせる。綿密な取材に基づくのであろう重厚さは、読むものの想像力を刺激する。

    巻末の倉本聡の解説も読ませる。北海道の田舎の地名は、奥に行くにつれ、一線、二線と順に数字を付けて名付けていくのだそうだ。被害にあった六線沢はなるほど奥地であったのだろう。倉本自身が地元民から聞き取った「羆嵐」のエピソードも、タイトルを補完して余りある。
    本作と調和しつつさらに理解を深める一助となる優れた解説だと思う。

    北海道入植の苦難を思う。またアイヌの生活はどんなものだったのだろう、とも思う。北海道に限らず、古今東西、知らぬ土地に進んで行った人たちの心許なさ・困難を想像してみる。

    自然の脅威と人間の弱さを描いているようで、だが、簡単にはくじけない、最後にはしぶとくしたたかに生き残る人間を描いているとも読める。


    *若い頃読んだ吉村昭(確か『ポーツマスの旗』)はいまひとつピンと来なかった。久しぶりに読んだらとってもおもしろい。ワタシも大人になったということか・・・? 年取るのも悪くない、と本を読んでいるとときどき思います。

  • 吉村昭が好きだと言ったら、羆嵐は読んだことあるかと問われ、ないなぁ…と思い、その日のうちに購入。
    いつもは戦争の物を読んでいたのだ。

    最初からぐいぐい引き込まれる。
    帯を見ても、表紙を見ても、羆が出てきて人間を襲うことは分かっているのだが、なかなか姿を現さない。
    未来を知らず、そこでいつもと同じ生活を営んでいる村の人たちについはらはらしてしまう。

    そしてついにその時が来る。
    それでもはっきりまだ輪郭が現れないものだから、村人たちと恐怖を共有しながら読んでいく。もうたまらない。
    自然と比べて人間は無力…とは使い古された言葉だけれど、ホント…銃がダメってどういうこと。動作不良は問題外だけれど、熊撃ちの猟師がやってきてからの動作を見ていると、いい銃を持っている警官はだめだめだった…軍隊が来ていたらどうなったのかな。

    人間が入っていってはいけない一線がある。
    そんな見えない線を感じた。

  •  一部の界隈で著名な「日本史上最大の獣害」三毛別の羆襲来事件のドキュメンタリー小説である。

     大正4年12月、北海道の開拓村を襲った体高2.7m、体重383kgの巨大羆は女性二人と子供四人を殺害し、さらに三名の負傷者を出した。15世帯、たかだか数十人の集落にとって6人という犠牲はあまりに大きすぎたし、その羆はまだすぐ近くの山に潜んでいる。恐怖に怯えた村人達は集落を捨て、麓へ脱出する。
     警察から軍隊まで動員し、また荒くれの羆打ちに頭を下げ、大捕り物の末に羆は仕留められ、生き残った村人達は集落へいったん戻りはするが、厳しい自然とまた別の羆との遭遇に、直接的な被害はなくとも一世帯また一世帯と去っていき、集落は無人の地となる。
     出来事だけを追えばこれだけのことではあるが、一連の出来事にまつわる人々の心の動きが克明に描かれている。描写は三人称で、集落のリーダーである区長が中心になる場面は多いものの、決して主人公というわけではない。家族を失った男達はほぼ放心状態で、その内面が描かれることもない。羆を仕留める銀四郎はあくまで外来者であって、これまたその心情が深く描かれることもない。熊を追うマタギの姿を描いた「邂逅の森」とはその構成がだいぶ異なる。

     主観を排し、淡々と出来事を追う、その合間に北海道の厳しくも雄大な自然が姿を見せる。自然と調和して暮らしてきたアイヌと、自然を切り開いて土地に根を下ろそうとする開拓者。ストレートに主張しないがために、この物語は多くのことを語りかける。
     日本人の近代化はまだ中途で、旧来の仕来りがまだ人々の心に強く残っていた、そういう時代のあり様を、本書はまるで記録映画のように描き残している。

  • 前から興味があった獣害事件。

    暗闇に凶暴なヒグマがひそんでいる描写はなんともいえない怖さ。

    大勢で銃を何梃も用意すれば、余裕が出そうだが…

    極限の恐怖心の中でいかに人間が脆いかを痛感させられる。

  • H29.4.27 読了。
    羆が近くにいそうな怖さが伝わってきました。
    ドキドキしながら、一気読みしちゃいました。

  • 2016/09/28読了。
    日本獣害史上最大の惨事『三毛別羆事件』を描いたノンフィクション作品。描写が生々しくてこわい。ヒグマこわい。とにかくこわい。

  • 一気読み出来る本。
    好きなアーティストの方が読まれているとのこと、ホラーはあまり得意ではないけれど覚悟を決めて(?)読んでみた。
    面白い。ストーリーに惹きつけられてぐいぐい読み進む。凄惨な現場も淡々と描かれ、そうだろうなぁ、と納得してしまう場面もあった。解説を読んで更に腑に落ちた。背筋が冷えたのが、これが実際に起きた事件だということ。普段映像で見ているひょうきんで独特の動きをするクマが一瞬別物に見えた。
    別作品だが、荒川弘氏の「百姓貴族」(コミック)で開拓史の場面で大粗このことが出てきたので、知っておいて良かったと心から思う。恐怖を引きずらないで済んだ。

  • 大正4年、北海道天塩山麓の山間地にある入植地で6人が殺害された実際の事件に材をとったノンフィクション。薄い本で、記述も淡々としているにもかかわらず……怖い!
    たとえば最初の犠牲者が出た家に異変に気付かないまま訪れた男が、一見、ほっくりと暖かそうなイモを口に入れ、その歯の根に沁みる冷たさに気がつくところ。その横で居眠りしているかのように座る子どもは、すでにこときれているのだ。
    窓枠に張り付いた女の長い髪の毛。犠牲者の遺体を回収に行った男が一言しぼりだす「おっかあが、少しになっている」という台詞。そして、こともあろうに通夜の夜にふたたび犠牲者の家を荒らしにきた熊を撃ちに行った男たちは、獣がまだ村を立ち去っていないことに気づく。
    前方の闇の中から、まるで野鳥の群れが鳴きしきるような声が聞こえ、そこに長く悲鳴が混じっている。暗闇に包まれた家の中で蠢く気配。「今、中でクマが食っている」。……ひえええ。
    女の肉の味だけを覚えてしまった熊が女の匂いのしみついた石を齧ってたというのも怖すぎる。
    後半では、人の力の及ばない自然の脅威をその目で目撃してしまった村人たちと、まだ文明を過信している助っ人たちとのズレ、さらに、唯一熊と一対一で対峙できる銀四郎の、3つの立場のぶつかり合いとすれ違いが描かれていきます。たとえ熊は仕留めることができても、大地が受け入れない人間は去るしかない。
    今の小説のように言葉を費やすわけではないのに、圧倒的な自然の恐ろしさを知らしめる小説。
    と言ってたら群馬サファリパークで女性従業員が熊に襲われて死亡する事件が…もう熊は可愛く見えません!

  • 大正初期まだ北海道の開墾がこれからという時代の話。人間の微力、自然への畏敬が切実に伝わってくる。2016.4.30

  • 初めましての作家さん。
    日本史上最大規模の獣害事件のドキュメンタリー。
    実話だけあって、その迫力と恐怖は半端なかったです。
    期待させられて、諦めて、また期待させられて
    やっぱりダメなのかと弱気になる。
    開拓者の苦労と苦悩がリアルでした。

  • 大正4年12月に北海道三毛別でおこった
    日本害獣史上最大惨事の取材記事などもとに
    羆を仕留めるまでの人々の姿を描いた作品。

    取材記事は「慟哭の谷」(木村盛武著作)として
    刊行されているので、是非そちらも合わせて
    読まれることをお薦めする。
    惨事の詳細な様子はそちらでたっぷりと
    読んで、羆の恐ろしさに身が震える。

    そして本書のほうは、その羆討伐に立ち上がる
    人々の様々な様子や心の動きなどを
    中心に描かれており、惨事の詳細を描くというより、
    そのような惨事に急対応を迫られながら
    己の命のかわいさなど卑小な自己愛のあらわれを
    冷静に描き出している。

    何不自由ない近代的な都市生活者としての感覚・思考と
    開拓時の過酷な自然環境に抱かれた貧困生活を
    おくった入植者たちの感覚・思考は
    同じだろうか、と感じながら様々に読み込める良書。

    凄惨な場面描写も多いが、是非広く読み継がれる
    ことを望む一作。

  • 3.7。淡々としており殊更飾っていないのに、淡々と畏怖の感覚がザワザワ這ってくる。うまい。

  • 冬眠し損ねたでっかいハラペコヒグマが開拓村の人びとをムシャムシャしたっていう、大正初期の北海道で本当に起こった事件を題材にした記録小説。吉村昭が影響を受けたと言われるヘミングウェイの代表作『老人と海』と比較すると、自然と人間の対決って側面では似ている小説と言える。しかし、『老人と海』では結局人間は自然に負け『羆嵐』は最終的に人間が克つ(勝つにあらず)という部分で、正反対の小説とも言える。読み比べると本当に面白い。あと羆コワイ。骨ボリボリとかシャレにならん。

  • 吉村昭の羆嵐 (新潮文庫)を読みました。
    大正4年12月、北海道西北部にある苫前郡苫前村で起きた、
    日本史上最大規模の獣害事件を扱ったノンフィクション風小説です。
    体重340kg、体長2.7mのエゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、7人の犠牲者を出しました。

    ご存知のように吉村昭という作家は大変緻密な調査をもとに本を書き上げることで知られており、
    この小説もその例にもれない。
    「氷橋(すがはし)」などもその例だろう。
    丸太や小枝などで組んだ橋に、雪を固めておくと、たちまち固まり強固な橋になるという。

    彼の文章は簡潔で、読みやすい。
    でも、そこに作者の感情は入れず、野太い、一見荒々しい文章で淡々と綴っていく。
    それがかえって読み手をおぞましい恐怖の世界へと引き込んでいく。
    『かれらは、寝室からきこえてくる異様な音を耳にして顔色を変えた。
      大きな鞴(ふいご)が荒々しく作動しているような音がきこえてくる。
      それは、巨大な生物の呼吸音にちがいなかった』

    では、この小説はこうした恐怖に立ち向かった人々の姿を描きたかったのか、
    『六線沢(彼等の住居名)は未開の山林中に位置し、そこに村落が形成されたのは、
      自然の秩序の中に人間が強引に闖入(ちんにゅう)してきたことを意味する。』
    大正時代の北海道の開拓村落、いや、それよりもはるか昔から人間が住居を切り開くということは
    その地に住む、鳥獣、虫類などにとっては闖入者であったはずだ。
    私の住むこの団地でさえ、山をブルドーザーなどで切り開いたおかげで住んでいる。
    入居後しばらく、ムカデなどの害虫がよく出没した。
    彼等にとってみれば、この地は元々彼のすみかなのだ。出て、当たり前なのだ。
    大都市にしても、大昔のその地はやはり同じようにこれらの生物が闊歩してはずだ。

    しかし、人間優先のこの世界で、今更そんなことを言ってもはじまらない。
    でも、各人の社会環境、経済事情等々さまざま理由によって、
    こうした未開の地に住まなくてはならなくなった人々が大勢いる。
    作者はこうした思いを下敷きに、この農家の人々の苦悩を冷静に描きたかったのではないだろうか?
    そこには、この農家の人々への深い愛情といつくしみがあるような気がしております。
    この作家の本は、「敵討(かたきうち)」とこの本の2冊しか読んでいませんが、
    いずれも素晴らし作品だと思います。

  • 区長の警察官や他町村の人々を見下すような姿勢は少々不快でした。
    羆の脅威にまったく歯が立たなかったとはいえ仮にも救援に来てくれている人にして
    あの冷ややかな態度はないだろう、と。

    銀四郎が最後に
    「きさまらは、ずるい。ぺこぺこあたまをさげたりおべっかをつかったりするな。
    それですませようとするきさまらのずるさがいやだ」
    と言っていますが、これは区長を始めとする村人たちの現金さを穿っているようにも思えました。

    村の貧しさが、そこの住む人々の心も卑しいものにしているのだとすると
    未開拓の地で生活することの本当の厳しさが見えてくるようでした。

全305件中 1 - 25件を表示

羆嵐 (新潮文庫)に関連するまとめ

羆嵐 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

羆嵐 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

羆嵐 (新潮文庫)の作品紹介

北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆の出現!日本獣害史上最大の惨事は大正4年12月に起った。冬眠の時期を逸した羆が、わずか2日間に6人の男女を殺害したのである。鮮血に染まる雪、羆を潜める闇、人骨を齧る不気味な音…。自然の猛威の前で、なす術のない人間たちと、ただ一人沈着に羆と対決する老練な猟師の姿を浮彫りにする、ドキュメンタリー長編。

羆嵐 (新潮文庫)の単行本

羆嵐 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする