破獄 (新潮文庫)

  • 1085人登録
  • 3.86評価
    • (105)
    • (168)
    • (128)
    • (17)
    • (0)
  • 148レビュー
著者 : 吉村昭
  • 新潮社 (1986年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117218

破獄 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 吉村昭、最高。
    文体は固く、頁数が多く、ストーリーの起伏は少なく、終始淡々と綴られる語り口は一見退屈に思えてしまうが、なんのなんの夢中になってる自分がいる、、、というパターンを繰り返すこと、はや4回目(笑)。

    実話を下敷きにしている・・・しかも、トレースしてるレベルで、という点も大きいのだろう。


    さて、本編の感想。
    脱獄するか、させまいか、との攻防よりも、府中へ移管されてからの部分に特に心引かれた。

    むろん、作中にもあるように「疲れた」という佐久間の感想も大きな要因のひとつではあろうが、府中刑務所長の英断に心打たれた。

    彼は教育者の道を選んだとしても大きな仕事をなし得たのだろうと思った。

    ★4つ、9ポイント。
    20170705

  • 吉村昭作品を読むのはこれが3作目。少ない読書経験ながら通じて思うのは、観察・叙述の人だなと。脱獄モノだからとスリルを期待するのは間違いで、脱獄者と脱獄される側と監獄という機構を通して、太平洋戦争前後の日本の社会と日本人を”記録”している。佐久間と看守たちとの攻防…ではあるのだけど、その合間合間に入ってくる当時の社会機構、監獄を取り巻く組織、収容人数、死者数、食事量、奉仕など勤労活動などの記述のほうが頭に残っている。佐久間はじめ登場人物の心理状態を内側から描かないので、やはり生き物を観察して記録してるみたい。佐久間が4度も逃げ出した理由は「寒さに耐えがたかったから」と私は思っているのだが、そこもとても動物的な動機、動機というより生存本能。それが後半、府中の刑務所に移される頃から、人間の物語に変わっていく。佐久間に最も影響を与えた府中の鈴江所長が印象的だが、札幌からの移送を担い、佐久間の誕生日にリンゴを与えた看守長たちも心に残る。後半の佐久間が心を開き落ち着いていく場面はなんだか寓話のようで、そういえば当時の社会の描写も減っている。戦前・戦中の個人の人間性を否定する閉塞的な社会から、戦後民主主義の人が人として存在できる開放感をあらわしているってことなのかな?吉村作品は、ついノンフィクションとして受け取ってしまう危険性もあり、こういうファンタジックなエピローグを「人を信じることが大事だよ」みたいなメッセージだと受け止めたらいいのか、なんかもやっとしました。

  • テレビで見たことがあった気がする。どんな牢獄であっても、あらゆる知恵を振るい、脱獄に成功する無期刑囚の話だ。味噌汁で鉄を腐食させる所なんかは、有名だ。そうか、これが、その話なんだ。一気に読み進む。

    どんな獄も破ってしまう囚人。時代は戦時から戦後。時折戦争の風景も混ざる。さて、そんな囚人をどのように縛り付けることに成功したのか。

    読んでのお楽しみ。実話に基づく話である。

  • 戦中戦後の脱獄物語です。脱獄というと、アメリカ映画のノリと勢いのイメージが強いけれど、この話は淡々と人の動きに加えて時代背景や刑務所の様子、社会情勢も語られるので、読みやすいし、テンションが高くなくてよかった。囚人たちの方がしっかりご飯を食べられていたために、看守よりも体格がよかったり、そもそも待遇が良くなくて看守が集まらなかったりしたところとか、戦後の混乱で罪もなく殺された人がたくさんいて、元囚人が天寿をまっとうするところとか、いろいろ考えてしまう話でした。よかった。

  • 昭和史の脱獄王佐久間清太郎。戦時の時代風景とともに綴られる刑務所がリアルに語られる。
    刑務所は、何のためにあるのか、懲役とは何なのか考えさせられる。

  • 脱獄王佐久間と刑務所との攻防が臨場感があって面白かった。戦時中の刑務所のことや戦後復興史としても興味深く、戦争の知らなかった一面を知った。一気に読める。

    ゴールデンカムイの白石のモデルだよ!
    小説なのでどこまでが創作なのかは分からないが、これは漫画に出てくるあの話の元ネタかな?と想像しながら読むのもまた楽し。

  • 印象的だったのは、囚人にたっぷり主食を与えて反抗心を失くさせるという方針。
    確かに、食べ物をくれる人には逆らえない。人間も動物と一緒だなー。日常でもよく見かける光景だ。

  • 読了語、唸った。深い息が自然とついて出た。物語の世界に浸った。

    4回も脱獄を繰り返したという、実在した男をモデルとした小説。

    「あとがき」に、「十七年前(註:昭和54年)、元警察関係の要職にあった方から、脱獄をくりかえした一人の男の話をきいた。警察関係者とは作中の桜井均(仮名)であり、一人の男とは私が佐久間清太郎と名付けた人物である」とある。

    資料を基に大きく肉付けしてあるだろうが、ノンフィクションでなく、フィクションに仕上げた作者の筆力は、さすがである。
    会話文もかなり少なく、淡々と男や看守の心理描写が描かれ、緊迫感がある。


    男は、その並々ならぬ監獄の壁を破り、「容易ならざる特定不良囚」と呼ばれる。
    その体力もさることながら、洞察力、判断力、忍耐力が尋常でない。
    ある看守長の言葉のように、まさに「その類稀なる智力と体力を、他のことに向ければ、何事かを成し遂げられた男になった筈・・」である。

    ただ、脱獄を繰り返した男の話だけでなく、脱獄と戦前・戦中・戦後の時代と重なり、当時の時代背景なども知れる。
    (二・二六事件のあった年から「男」の脱獄が始まる)

    戦時中の食糧難と囚人の死亡者数、あるいは、時に一般人よりも栄養に恵まれた食糧を食べることができていたこと、…。

    物語の最後は、少し感情的に流されそうな部分もあるが、人情話で終わるのでなく、淡々と「男の物語」は終わる。それがよい。


    読み応え、充分にあり。

    新潮文庫なので、「ナツイチ」に入れてもいいのではないのかと思う一冊であった。

  • 戦争の時代背景とリンクさせながら、実在した脱獄犯と看守たちを描いている。すべて仮名でフィクションでありながら、実在した人物や時代を描いていてノンフィクションでもある感じがなんとも不思議。脱獄に対する犯人と看守の心理戦が面白い。

  • 戦前から戦後にかけて四度の脱獄を行い、難攻不落とされた網走刑務所からの脱走にも成功した脱獄王:佐久間清太郎と、看守、警察官等との攻防を描いた作品。

    著者の吉村 昭氏は、史実や証言を徹底的に調査、検証し、事実をどこまで追求した作風で知られているが、本作でも勿論その緻密さは健在。

    本書はただの脱獄小説には留まらず、太平洋戦争の戦況を通して、戦中から敗戦〜占領下での刑務所事情、そして社会情勢も詳細に描かれており、一つの戦記小説としても機能している。

    以前に同著者の「漂流」を読んでいるが、吉村氏の徹底した事実追求による、感情や想像を排除した迫真の文体は、ノンフィクションが持つ緊迫感とどっしりとした読後感を与えてくれる。

    吉村氏にかかるとフィクションとノンフィクションの境界線は消滅する。凄いお方です。

全148件中 1 - 10件を表示

吉村昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

破獄 (新潮文庫)に関連するまとめ

破獄 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

破獄 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

破獄 (新潮文庫)の作品紹介

昭和11年青森刑務所脱獄。昭和17年秋田刑務所脱獄。昭和19年網走刑務所脱獄。昭和23年札幌刑務所脱獄。犯罪史上未曽有の4度の脱獄を実行した無期刑囚佐久間清太郎。その緻密な計画と大胆な行動力、超人的ともいえる手口を、戦中・戦後の混乱した時代背景に重ねて入念に追跡し、獄房で厳重な監視を受ける彼と、彼を閉じこめた男たちの息詰る闘いを描破した力編。読売文学賞受賞作。

破獄 (新潮文庫)のKindle版

破獄 (新潮文庫)の単行本

ツイートする