冷い夏、熱い夏 (新潮文庫)

  • 223人登録
  • 3.76評価
    • (17)
    • (37)
    • (32)
    • (3)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : 吉村昭
  • 新潮社 (1990年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117270

冷い夏、熱い夏 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者の弟の癌が見つかってから臨終までの、約1年間のドキュメント。
    この頃はまだ告知をしないケースが多かったようで、癌を疑う本人に、
    何としても隠し通す親族の葛藤と、傷みと闘う弟の詳細な描写に読むのが苦しくなる。
    現在とは時代背景が違うので、しかたのないことだと思うが、癌を隠し通されたことで、
    命が尽きる瞬間まで、誰とも腹を割って本音で語り合えなかった彼は、本当に可哀想だ。

    全編を通じて重苦しく凄まじい内容なので、闘病中の方、
    またはご家族がそうである方にはお勧めしません。

  • 徹底して事実に立脚し、客観的に出来事を記述する一見ノンフィクション風の文章でありながら、
     巧みな構成と深い心理描写をもって、読み手の心の奥深くにくさびを打ち込むような小説。
     深い絆で結ばれた弟が肺癌を発症し、50歳の若さで亡くなるまでの約一年間を綴った作品です。
     末期癌の激しい苦痛や日に日に死に向かって衰弱する弟の様子など、
     身内なら目を背けたくなるような事実も冷徹かつ克明に描きつつ、
     それを看取る側の辛く切ない心情もしっかり書き留めていて、心が揺さぶられます。
     弟に癌の告知をせず徹底的に隠し通すあたりは昭和50年代という時代を感じさせますが。

     なお、吉村さん自身も2006年に亡くなっていますが、その彼の最後の日々を、
     吉村さんの奥様で小説家の津村節子さんが『紅梅』(文芸春秋)という、
     これもまた端正な佇まいの小説にしたためています。
     こちらも併せて読むと、吉村さん自身の人生の幕の引き方が印象深く、
     誰の身にもいずれ訪れる人生の終幕について色々と考えさせられます。

  • 文章をじっくり味わいたいけれど、 あまりにも壮絶で読むのがつらく、将来への漠然とした不安やイヤな想像など始めてしまうので、3日で読んでしまった。
    吉村さんの、ちょっと「特殊」な部分が見えたような気がした。 

  • 作者の弟の癌への闘病生活を描いた小説。
    刻一刻と、病気が進行していく様子、主人公である作者の弟への愛情、癌の非情さがリアルに描かれていて、胸が詰まる作品。

    癌がどういう病気なのかがわかってくる。

  • P258
    毎日文芸賞受賞作品

  •  母を癌で亡くしたわたしとしては、当時を思い出し共感するとともに、いたたまれない気持ちにさせる内容であった。身内の死は必ず訪れるのだが、亡くなったことに整理をつけなければ、残された者たちは不幸である。人生折り返しを過ぎ、自身の死生観をあらためて問われた作品である。

  • 途中で読むのを止められず、一気読みしてしまった。
    最後までガンだと告げられなかった弟さん、それでも末期がんで痛みに苦しみながら、ガンの薬を打ってくれという…

    兄にも弟にもガンを隠し通し、そして周囲に「あなたが私にガンじゃないよと言っても信用しない」とまでいわれる著者のすさまじさ。身の中から食われていく気持ちだったのではないか。
    そして当人も最後はガンになり、自ら管を抜いて死んでいったことを思うと鳥肌が立った。

  • 小説というかノンフィクションにいれてもいいと思われる。
    著者の体験記。ガンを宣告され余命1年の弟にガンということを隠し通し、死に至るまでのお話。
    やはり自分にも弟がいるので、こういうことは可能性はなくはないかと。
    でもその際に助け合えるのが兄弟なんだろうなと感じた。
    重苦しくて悲しい一冊。

  • かなしい兄弟の話。
    緩和医療科にいたころをどうしようもなく
    思い出しました。
    人の死は悲しくも美しく、激しく動揺させるものだと思います。

全35件中 1 - 10件を表示

吉村昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

冷い夏、熱い夏 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冷い夏、熱い夏 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする