ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)

  • 236人登録
  • 3.81評価
    • (20)
    • (34)
    • (26)
    • (2)
    • (2)
  • 26レビュー
著者 : 吉村昭
  • 新潮社 (1993年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (632ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117317

ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シーボルトと言えば、日本に西洋医学を広めたことと、シーボルト事件という歴史の授業習った程度しか知らなかったのだけど、この壮大な歴史ドラマにただただ感動するばかりでした。しかし1400ページの大作に読むのはかなり難儀(笑)。大河ドラマにでもしてほしいくらいだけど。

    シーボルトが日本に来たのは1823年、文政六年。長崎で裕福なこんにゃく屋を営んでいた家の娘・お滝は、雇いの者が店の金に手を付け商売が立ちいかなくなったために、遊女として売られてしまいます。もともと美しかったお滝は、出島でシーボルトの遊女となり、2人の間にお稲が生まれますが、シーボルトは日本地図を国外に持ち出そうとする罪で国外永久追放になってしまいます。

    残されたお滝とその子お稲は、縁あって時治郎に嫁入りするのが、1831年、天保2年(つまり米屋を営んでいた米五が味噌を手掛けるようになった年でもあります)。

    お稲は聡明で寺子屋でも中心的存在になっていましたが、女子にもかかわらず学問をしたいとお滝を困らせます。そのうち、お滝と時治郎の間に男の子が生まれることで、お稲は家を出てシーボルトの弟子であった二宮敬作のところに学問を習いに行くことになります。天保11年、坂本龍馬が5歳のころです。

  • 吉村さんの本で一番好き。
    シーボルトの日本人妻とその娘の物語。

  • あまり知らなかったシーボルトのことについて、細かく緻密に描かれている。
    当時の様子が思い浮かぶように描かれているので、楽しく読め、長崎に行きたくなった。
    少し長い。

  • シーボルトが長崎の遊女に産ませた娘お稲の物語。前半はほぼシーボルトと遊女其扇の話しで、シーボルト事件を軸に来日から追放まで。

  • タイトルに騙された感あり。
    もっとお稲に焦点を当てた話を期待していた。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13131180.html

  • 下巻に記載。

  • シーボルトの娘の話はこれから始まるのであろう。

  • (「BOOK」データベースより)
    幕末の長崎で最新の西洋医学を教えて、神のごとく敬われたシーボルト。しかし彼は軍医として、鎖国のベールに閉ざされた日本の国情を探ることをオランダ政府から命じられていた。シーボルトは丸山遊廓の遊女・其扇を見初め、二人の間にお稲が生まれるが、その直後、日本地図の国外持ち出しなどの策謀が幕府の知るところとなり、厳しい詮議の末、シーボルトは追放されお稲は残される。吉川英治文学賞受賞作。

  • てっきり「フィクション」だと思って不勉強なままで読み始めたんですが、基本はノンフィクション。随所に著書の創作も盛り込まれているんだと思いますが、登場人物はほぼ100%、Wikipediaで検索したら出てきます。幕末の動乱期における歴史を追いつつ、シーボルトの私生児であった「お稲」の人生を辿る、というのが、この作品への正しい接し方なんだと思います。

    上巻は、シーボルトが出島でお稲の母であるお滝(遊女としての名前は其扇)に出会って子を成し、一方で鳴滝塾で蘭学を教えて多くの門下生を育て、その後いわゆるシーボルト事件で彼が国外追放される…といった場面を中心に展開していきます。娘であるお稲の活躍はほとんど見られず、その意味では下巻に向けた壮大な「仕込み」と言えるでしょう。

    こういう小説を高校時代とかに読んでおけば、もう少し日本史の授業が面白いものになったかもしれません。そう考えると出会うのがちょっと遅かったなーという感じ。
    上下巻合わせて1,300ページぐらいに及ぶ大作ですが、歴史ものに対してアレルギーがないなら、面白く読める作品だと思います。

  • シーボルト意外といやな人だったように感じた。

全26件中 1 - 10件を表示

吉村昭の作品

ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)の単行本

ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ふぉん・しいほるとの娘〈上〉 (新潮文庫)の文庫

ツイートする