桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫)

  • 446人登録
  • 3.77評価
    • (32)
    • (52)
    • (43)
    • (9)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 吉村昭
  • 新潮社 (1995年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117331

桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レビューは下巻にて。

  • 面白い!水戸藩が井伊直弼に追い詰められていく様子が克明に描かれており、良い。学校の歴史で習わないんだもんなぁ。安政の大獄って恐ろしい。

  • H28.6.29-H29.5.8

  • それこそ、事件名と井伊直弼その人の名前に関しては、小学生の頃から知っていた割りに、実際の事件のあらましとか背景に関しては殆ど知らず。で、安心ブランドの吉村昭作品ってことで、今回読むことにしました。忘れただけかもしらんけど、実行犯の名前とか全く思い浮かばず、そのせいもあり、ひたすら聞き慣れない名称が出てくる序盤、正直ちょっとしんどさあり。でもある程度人物関係とかが見えてくると、あとはさすがの表現力でもって、どんどん物語に引き込まれていきます。いよいよ安政の大獄がなされて、ここから討伐に向けて動き出す気配で、後半の展開が楽しみです。

  • 2016/09/06完讀

    從尊攘派的角度來寫,這裡的齊昭和大佛次郎那本的角度千差萬別。寫關鐵之介的生涯,但也徹底從水戶一藩的角度來檢視時代,大老是相當徹底的惡役,水戶藩因為不願交出敕令的問題也瀕臨滅藩的危機,群情激憤,會澤正志齋的轉向令人好奇。卷末第二次安政大獄,在京都的工作也相當不順利,高橋終於答應和薩摩方著手進行斬奸計畫(讀了這本之後才知道原本也有模仿忠臣藏的彥根藩邸攻擊計畫)。

  • 本書は、井伊直弼の側ではなく、襲撃した方の水戸藩の方、もう少しいうと、襲撃を取り仕切った、関鉄之介という人物を中心に進む。
    元々、水戸藩と彦根藩は仲が悪く、それが尾を引きづって、最終的には井伊大老の暗殺へと進んでいく。
    水戸藩は尊王攘夷の魁であり、また総本山というものであり、幕末は明治維新を引っ張て行くべき存在であったが、水戸藩の内部のごたごたにより、優秀な人物は捕まり、獄死するなどし、その力は、維新前夜にはほとんどなく、維新回天に直接的に役立ったというわけではない。非常に残念な話である。おそらく、主人公の関は、非常に優秀な人物で、決して、一時の激情に駆られて、井伊を暗殺したわけではなく、主君である水戸斉昭への執拗なまでの嫌がらせ等に対し、我慢できず、また、藩内の決起はやる若者たちを抑えることができず、このような結果になってしまったのであろう。
    著者の本をいくつか読んだが、歴史小説というよりも、伝記のようで、主人公に成り代わって、人物移入して物語が進んでいくような作風ではない。あくまで、淡々と、歴史的事実が述べられながら進んでいく。私としては、多少の作者の思い入れも織り交ぜながら、物語が進むような、司馬や宮城谷のような作風が好きなので、星2つとした。著者は、どちらかというと、塩野七海のような感じの作風かな。
    全2巻

  • 長い

  • PDF
    山口という水戸藩士は母方の親類

  • 水戸、薩摩藩の脱藩浪士が、江戸城桜田門外において大老・井伊掃部頭を暗殺した事件の顛末。

  • もう一つの忠臣蔵。幕末水戸藩と彦根藩の確執。復讐と国家のため討入り、もしくは闇討ちを目論む水戸藩と薩摩藩の志士たち。主人公・関鉄之助を中心に水戸藩士から見たテロ事件の顛末。情熱に圧倒されますが、理想が裏切られ、薩摩藩にも見捨てられ、しかも最後は藩の取りつぶしを恐れる水戸藩の官吏に捕らえられる。幕府の捜索の厳しさ。この6年後に明治維新があるとは考えられない、それだけ世の中の動きの早さ、そして彼らの行動の影響の大きさを覚えます。英雄になった赤穂浪士との違いを意識せざるをえませんでした。

全44件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

桜田門外ノ変〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする