アメリカ彦蔵 (新潮文庫)

  • 152人登録
  • 4.00評価
    • (15)
    • (20)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 吉村昭
  • 新潮社 (2001年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (562ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117416

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アメリカ彦蔵 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 歴史を裏・表・横から見たのではなく、歴史の証人であり、ガラスの向こう側に映る自画像とともにあった彦蔵。その視線は天賦の知性だったのではないだろうか。こういう切り口の吉村昭に脱帽するとともに歴史を照射する視点が討幕、佐幕、列強ではない漂流民という名の日本人がいたことを知った。世の中は今もまだまだ知らないことだらけ。

  • 時代の変化に偶然にも最先端を生きた彦蔵から見た幕末の日本史が面白い。アメリカを良く描きすぎてませんか。

  • 江戸時代末期の実話を基にした小説。
    漂流物けっこう好きかも。漂民宇三郎、おろしや国酔夢譚、ジョン万次郎漂流記などなど。

  • 漂流し、アメリカ船に助けられ、温かさに触れる。日本との交渉に使うというのもあるが、下僕として遇するという選択肢もあった。キリスト教を信心するところから出る行動なのか。彦蔵が年少で可愛かったからか。彦蔵が故郷に戻った際に予想外に貧困で惨めな村の様子を見た時、「村人の存在がわずらわしく、怒声を浴びせて追い払いたかった。」とある。漂流に遭わなければ、彼らの中に交じっているはずなのによくそんな気持ちになれたもんだ。村に寄付ぐらいすれば良かったのに。自分は、多くの人に助けてもらってるのに他人には思いやりに欠ける。2016.7.24

  • 吉村明に「漂流」という作品があるけど、
    こちらも漂流もの。

    江戸時代末期、廻船が難破し、流され、アメリカの船に救助され、アメリカに上陸し・・・、乗組員の彦蔵が数奇な運面をたどる、という内容。

    当時の日本の船は、嵐に弱く、多くの船が遭難したようだ。
    遭難して生き残った人々の記録が多くあるということは、助からなかった人々はそれに数倍したんだろうな。

  • 江戸時代、鎖国政策により外洋航海用の船作りを禁止させた日本の商船は、台風等により膨大な漂流民を生み出した。それまでは餓死していた漂流民も幕末頃になると鯨の油を求めて日本近海に来るようになっていた米国捕鯨船に助けられることが増え、そこから日本漂流民と米国人との様々なドラマが生まれたわけだが、このアメリカ彦蔵がそのドラマの最大のもののような気がする。

    10代で漂流民として米国に行き、クリスチャンとなり、米国に帰化し、清国に渡り、ついに日本に帰り、日本で初の新聞を創刊しつつも、幕末の動乱の中で長州への砲撃をアメリカ船から見つけ、尊皇攘夷の志士達に命をつけねらわれる日々。。とにかく数奇すぎて、こんな日本人がいたのかーとビックリする。そもそも歴代の大統領と三代にわたりホワイトハウスで会見をしたという日本人は、現代においてもなお彦蔵以外でいるんだろうか?しかもそのうちの一人はリンカーンだし。。

    いやあ、たまたま漂流でここまで人生が変ってしまうんだから、本当にすごい。

    この作品には彦蔵以外にも多数の日本人漂流民が登場し、あるものは帰国でき、あるものは鎖国政策によって清や米国に永住せざるを得なかった。いずれも故郷忘れがたく望郷の念を抱えたまま人生を過ごしていく切なさを感じる。いまは、24時間あればどこにでもいけてしまう時代だが、気持ちはよくわかり感じ入ってしまう作品でした。

  • 実在の人物に取材した物語であり、幕末の尊王攘夷から明治維新に至る日本とアメリカの状況が克明に描かれており、当時の日本人やアメリカの価値観の違いのようなものが興味深く感じられた。ただ、時代の流れを詳細に描く余り、登場人物の心理描写が少なく、小説としても面白みにはやや欠けると感じた。

  • リンカーンに会った日本人がいたなんて知らなかった。

  • 13歳の時に乗っていた船が嵐のため漂流し、アメリカ人に助けられ、その後アメリカ人となって帰国を果たし、日本とアメリカの掛け橋となった彦太郎の一生。
    ジョン万次郎よりも若くて、多数のアメリカ高官に会っていた人が居たとは驚きました。帰国を果たした後にも、帰るところがないという寂しい感情が印象に残りました。

  • よくこういう人物を見つけ出したものだ。主人公周辺の膨大な漂流民のサイドストーリーがすごい。よく調べたものだな。

  • 2011.7.8(金)¥315。
    2011.9.3(土)。

  • この時代にアメリカ人になる人生を選んだ彦蔵の心境をいつまでも考えてしまう。
    若かったから?
    日本でのしがらみが少なかったから?
    親切なアメリカ人が多かったから?
    …でもそれだけじゃ、選べないんだろうな。
    そうしなかった人と彦蔵の一番の違いは何だろう。

  • 「仮釈放」以来吉村昭が好きになりました。

    この時代を力強く生きていた人々がいきいきと描かれています。実話。

    文明の発達で人は感動のない生ぬるい人生を送るようになったのではないかと気付きました。
    主人公はどんな環境におかれても、
    苦悩しながらそれを受け入れて世界を広げていった。

    歴史の表人物ではないけど、
    歴史上の有名人物とも多数接触していて
    近代日本を作る重要な鍵を握っていた人。
    当時の日本やアメリカ、その他の国の事情もわかり、とにかくお勧めの一冊!

  • ジョン万次郎だけではなかった。幕末、開国日本とアメリカの架け橋となった人物。
    波乱の時代に、自分の意思でなくアメリカ人となるということは、こういうことなのか・・・。機会があれば墓参りをしたい。

  • 数奇な人生だ…。彦蔵以外の漂流民の行く末も書いていて、広がりがある。人生色々。

全18件中 1 - 18件を表示

アメリカ彦蔵 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アメリカ彦蔵 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アメリカ彦蔵 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アメリカ彦蔵 (新潮文庫)の作品紹介

嘉永三年、十三歳の彦太郎(のちの彦蔵)は船乗りとして初航海で破船漂流する。アメリカ船に救助された彦蔵らは、鎖国政策により帰国を阻まれ、やむなく渡米する。多くの米国人の知己を得た彦蔵は、洗礼を受け米国に帰化。そして遂に通訳として九年ぶりに故国に帰還し、日米外交の前線に立つ-。ひとりの船乗りの数奇な運命から、幕末期の日米二国を照らし出す歴史小説の金字塔。

アメリカ彦蔵 (新潮文庫)の単行本

アメリカ彦蔵 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする