生麦事件〈下〉 (新潮文庫)

  • 165人登録
  • 3.77評価
    • (12)
    • (16)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 吉村昭
  • 新潮社 (2002年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117430

生麦事件〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生麦事件によって引き起こされた事象と影響を描いた小説。僅か「6年間」が生麦事件から明治維新を迎えるまでの時間で、変転の早い現代ですらその短さに驚かされる。国法に抵触した1人の殺害事件をテコに、恫喝と暴力で利権の拡大をはかる英国をはじめとする西欧諸国、対して交渉の引き伸ばしに終始する幕府、そしてこの頃から露骨に独自の意志と行動と持ち始める薩摩と雄藩。ことに薩摩の、武力をもちながらも、同時に分析力、交渉力を併せ持つ様は、幕府の態度に比して頼もしく、薩摩という「国」が日本を先導する運命にあることが明示されているようでもあった。それも英国との戦争を契機とした藩論転換あればこそで、この事からもタイトルを生麦事件と銘打った意義がわかる。最後の方は、記述が史実の羅列になり、ドラマ感はうすれたが、薩英戦争のくだりなどは緊迫感があり、映像化したらかなり面白い物が出来そうな内容。

  • 薩英戦争だけでなく、長州による赤間関を通過する外国艦隊への砲撃なども扱われている。

  • 生麦事件により薩摩藩とイギリスの戦争に発展し、その最中、長州藩とフランスも戦争となる。その後、さらに長州藩と英米仏蘭各国連合軍との戦争が勃発する。そして薩摩と長州は幕府とともに戦後処理に苦慮を重ねた。これだけでは話は終わらない。蛤御門の変、長州征伐、大政奉還、鳥羽伏見の戦いと幕末の一連の出来事が分かりやすく描かれていました。アメリカの南北戦争が、幕末の日本に少なからず関わっていたことを知りました。

  • 幕府崩壊、明治維新への流れを作った一太刀。生麦村で起こった事件が、藩や幕府、国を巻き込む大騒動の発端となり、日本は結果として大きな一歩を踏んだ。つぶさに歴史を読み取ることで、ひとつひとつの大きな流れの発端が見えてくるから面白い。史実としてだけでなく、物語としても魅力的に描き切る吉村昭の力にはただただ驚嘆するしかない。

  • 淡々とした吉村昭の作品の中でも最も淡々とした部類に入るのではなかろうか。
    そんな余分な主観の入らない淡々とした描写の中でも、何も決められず交渉にあたっては回答引き延ばしするだけで右往左往して何もできない徳川幕府と比べた時の、トップダウンでまとまってぱっぱと動く薩摩藩の「賢さ」と、下がわーわー騒いであちらこちらへ暴走する長州藩の「幼さ」が際立つ。

    薩英戦争(そういえば藩と国の戦争なんてありえるのだろうか)、死傷者はイギリスの方が多かったなんて知らなんだ。
    悪天候が味方したとは言え、圧倒的に装備が劣る中、意気盛んに周到に準備して、精一杯戦って、現実を見て無理せず和解を決め、素早く交渉をまとめ、イギリスと仲良くなって、公武合体に見切りをつけて、圧倒的な軍備を蓄えまくって、長州藩と結んで、幕府を倒す薩摩藩。単純な経済力だけではない。現実を正しく見て、判断・決断が早くて、方針に従ってまとまって柔軟に動く。なにがこうまで違ったのだろう。

  • 一つだけ参考になるのは、末期に差し掛かった幕府の無能ぶり…
    これだけ無為に引き伸ばされたら、さすがに当時のイギリス人も腹に据えかねたでしょうが、しつこく交渉する姿勢に、英国の底深さを感じました。

  • 幕末ものはどうして面白いのかな!

  • 2012.6.8(土)¥300。
    2012.7.12(木)。

  • 生麦事件からどんどん話が広がっていき、気づいたら明治が始まっていました。ラストが特に印象的です。

  • 生麦事件から薩英戦争、倒幕へと流れていった。
    とすると、薩長をのさばらせることになったこの事件の意味は大きい。というか腹立たしい。

全18件中 1 - 10件を表示

吉村昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

生麦事件〈下〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

生麦事件〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生麦事件〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする