島抜け (新潮文庫)

  • 115人登録
  • 3.66評価
    • (8)
    • (17)
    • (25)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 吉村昭
  • 新潮社 (2002年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101117447

島抜け (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3篇収録
    3篇とも、史実に基づいた話のよう。

    島抜け:
    瑞龍(講釈師)50歳
    竹蔵44歳
    小重太44歳
    幸吉
    4名が種子島から島抜けをし、中国にわたって漂流民と偽り長崎に送り返された。

    欠けた椀:
    由蔵、かよ19歳 夫婦
    岩吉(息子)死
    凶作で飢饉

    梅の刺青:
    大学東校(東大医学部の前身)
    特志解剖第一号 美幾

  •  講釈師の瑞龍は幕府を批判する講釈を読んだ廉でしょっぴかれ、島送りの沙汰が下った。大坂は開放的な街だったが、ちょうど享保の改革に当たり、見せしめみたいなものだったようだ。船で種子島に送られた。

     島の暮らしは比較的自由で、海辺で貝拾いをしたり魚釣りをしたりした。ある日一緒に預けられている罪人二人とよそ村身体訪ねてきた者と四人で釣りに行った。ちょうど丸木舟がもやってあったのでちょいと拝借し沖釣りをした。浜で釣るより各段によく釣れた。

     ところが途中で一人がこのまま島抜けしようと言い出した。宛てなく漕ぎ出したが、途中時化にも遭い十五日後に着いたところは清国の島であった。

     何とか日本行きの大船に乗せてもらい長崎に着いた。ところが吟味を受けるため牢に入れられた。島抜けがバレたら死罪になる。今度は4人で牢抜けをした。みんな一目散にに逃げたがやがて種子島から島抜けした罪人だということが知れ、各地に手配書が配布された。瑞龍は大きな街を避け農家などに泊まり歩いていたが、あるところで岡っ引きに目を付けられ御用となった。
     お白州では包み隠さす素直に白状したという。そして斬首された。

     吉村昭の作品は、これまでに「漂流」「破船」など、漂流ものを読んでいる。今回の「島抜け」も一種の漂流である。次々に襲ってくる困難はスリルとサスペンスそのものである。読み出すとそのスリルにハマって行き、途中で止めてはいけないような気分になる。まるで推理小説のようだ。

     「島抜け」の他に「欠けた椀」と「梅の刺青」の併せて3作品が収録されている。

     「欠けた椀」は昔の飢饉の時の百姓たちの凄惨な生活ぶりを描いたもので、あまりに暗い物語だ。

     「梅の刺青」は江戸時代末期から明治維新後の掛けて、わが国の医学の発展に欠かせなかった人体解剖の歴史をドキュメンタリー・タッチで描いている。実際に目前に見ているようなリアルさがあって引き込まれる。短編だが一本の映画に出来そうなストーリーだと思った。

  • 【本の内容】
    読んだ講釈が幕府の逆鱗に触れ、種子島に流された大坂の講釈師瑞龍。

    島での余生に絶望した瑞龍は、流人仲間と脱島を決行する。

    丸木舟で大海を漂流すること十五日、瑞龍ら四人が流れついた先は何と中国だった。

    破船した漂流民と身分を偽り、四人は長崎に送り返される。

    苦難の果て、島抜けは見事に成功したかに思えたが…。

    表題中篇をはじめ、「欠けた椀」「梅の刺青」の三篇を収録。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2014.6.10(火)¥260。
    2014.7.15(火)

  • 「島抜け」少し時期がずれていたら遠島という重罪にならなかったのに。人間の運命を感じさせられる。12.11.3

  • ああぁぁぁぁぁ〜〜〜
    短編なのにずっしり重い!

  • 三編収録。講釈の内容が徳川家を軽んじていると種子島に島流しの刑になった講釈師の瑞龍。
    ひょんな事で仲間と島を抜け出してしまう。しかし、漂流の末に行き着いたのは清国。罪人であることを隠し、無事に長崎に送り届けられるが、素性が露見しそうになり脱走。
    しかし、後に囚われてしまった瑞龍は…。

  • 題材としている出来事が渋いのが、吉村昭の小説に惹かれる理由。

  • いやあ。面白かった。
    思えば初めて,江戸以前の歴史ものを読んだかも。

    種子島に流された罪人たちが島抜けを試みる「島抜け」,大飢饉の中で妻を失うまでを書いた「欠けた椀」,日本の解剖学のおこりについて書かれた「梅の刺青」。表題作「島抜け」は中篇程度で,あとの二つは短編です。
    いずれもとても興味深く,面白い物語でした。

    「島抜け」では,日本の懲罰制度について知ることができました。島流しとはよく聞きましたが,主人公瑞龍が島流しに遭った種子島のある村では,比較的自由が許されてただ「穏やかに暮らす」ことが望まれていたというのが意外でした。でも,妻子とも会えず,ただ静かに老いを迎えるというのは,確かに生きているとは言えないのかもしれないな,とも。
    死刑も過酷な懲罰ではありますが,島流しは本当にただ息をして働き食べ物をたべ排泄して寝るという日々を繰り返して死を迎える・・・過酷な懲罰だなと思います。
    しかも瑞龍は,本来ならば罰金や厳重注意のような,軽い罪で済んだはずが,時世のために島流しになったと言う・・・。なんというか時代の流れに巻き込まれて気の毒だなと。

    江戸時代のことはあまり詳しくないのですが,結構取り締まり制度なんかしっかりしていたのだなと感心しました。情報伝達手段が限られており,今のように指名手配のビラを配ることも,警察同士が一瞬で情報を伝えることもできない時代なのに,瑞龍たち破獄者を捕まえてしまうので・・・。
    結構,最初は瑞龍に対して同情的で,気の毒だなあと思いながら読んでいたのですが,最後に掴まって斬首されるときは,十分島抜けして大変な生活を送ったので,もう諦めるしかないと思いました。

    「欠けた椀」は飢饉の話で,飽食の時代に生まれた私としては,俄には信じ難い内容・・・。この当時生きていた人間誰しもが,飢饉の度にこういう苦しみを味わわなければいけないというのが信じられません。
    そんな中で,誰かが無くなれば「口減らし」となり喜んだり,嫁が実家に負い戻されたり,人食が引き起こされたり・・・
    この物語時代はフィクションだそうですが,実際にこういう事があったと思います。
    今だったら,たとえ国内で米が不作だとしても,海外から米を輸入したり,米に変わる食べ物はいくらでもあり死に至るほどではありません。と言うか,ハウスで管理されていたり,品種改良で強いお米が作られていたりするので,まず米をまったく口に出来ないという状況が殆んどないでしょうね。
    餓死・・・・。現代でたまに餓死事件が起こったりすると,現代に餓死が!と驚いてしまいます。しかし大体それは独居老人だったり,なんらかの事情で働けない人だったり,虐待を受けている子どもだったりと,特別な事情の人のことが多いですが。
    この時代は誰しもが餓死する危険性を孕んでいたと思うと・・・うーん,現代は本当に豊かになったなあと。

    最後の「梅の刺青」は,解剖の起源のようなことが書かれています。私がこの中で驚いたのが,遊女は死ぬと投込寺の穴に遺棄されるということ・・・・。
    やっぱり日本人としては,死んだ後,自分の意識はないとはいえ遺体が放置されたり,動物に食い荒らされたりしたくないという気持ちを持ってますよねー。
    こちらは淡々と解剖の歴史が書いてあり,小説というより記録文学といった感じです。誰かが中心となってストーリーを動かすわけではないんですが,吉村昭さんの独特の語り口調で,惹きこまれます。
    吉村さんの初期作品の少女架刑とか透明標本とか思い出しました。

    それにしても吉村さんの小説は綿密な調査をして書かれているので,安心して読めますねー。面白かった。
    江戸以前の歴史ものは興味なかったのですが,これを読んで興味を持ちました。

  • 江戸時代、罪人として種子島に流された講釈師の脱獄生活を描いた小説。仲間と小舟で種子島を脱したものの、たどり着いたのは中国。言葉が通じない国で巧みに話をつけて長崎行きの船に乗せてもらう。

    逃亡生活に講釈師の能力がフルに活かされる。人間の才能は意外なところで発揮できるものなんだな。こんな信じられないような実話を見つけ出す著者の調査に感動。

    「がんばれ、講釈師」と、応援したくなる。

全12件中 1 - 10件を表示

吉村昭の作品

島抜け (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

島抜け (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

島抜け (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

島抜け (新潮文庫)はこんな本です

島抜け (新潮文庫)のKindle版

島抜け (新潮文庫)の単行本

ツイートする